西野亮廣が情報過多でストレスを貯める時代にやってはいけないことを!

「幸せにするシェア」と「不幸にするシェア」ていうテーマで西野亮廣さんが話してました。

「幸せにするシェア」と「不幸にするシェア」-西野亮廣

「幸せにするシェア」と「不幸にするシェア」-西野亮廣

もう10年ぐらい前から情報がこうすごい溢れていますよね。
じゃあこの情報過多の理由原因って何なんだろう?

やはりやっぱインターネットが普及したって言うのが一番ですよね。
さらに踏み込んだ答えが昔は情報を発信しようと思ったら紙に印刷して発信しないといけなかった。

だから紙に印刷した所にコストがかかっているのでそれに見合った回収をしないといけない。

紙を印刷したりその印刷物を配達したりかなりコストがかかっていた。
そのコストを解消しなきゃいけないからから回収に見合うだけのそれなりの情報を出さなきゃいけなかったんです。

発信コストっていうのは情報の質を担保してくれていた。

でも今は誰でも発信できる時代になった。
簡単につぶやける時代になった。

だからどうでもいい情報が出回るようになった
つまり情報過多になっている。

スポンサーリンク



情報ってこれまでいろんな情報が入ってきていいこととされてきましたが、最近ではテレビで芸能人の不倫のニュースとかやったりしていますが、あなたはそのニュースを見て苛立ったり時にはコメントしたりする。これが原因でストレスにもつながる。

でもそこにさいちゃった感情とか時間って例えば一か月後なんかあなたの役に立ってますか?あなたの活動を後押ししてくれる何かになってますか?

なってないですよね。
つまりあなたは感情と時間をドブに捨ててしまったっていうことです。

タイムイズマネーというのがまさにそれですね。
あなたがせっせとドブに捨てている間にその裏で使うべき適切な場所に感情と時間を上手く使っている人がいる。その人はどんどんどんどん前に進んでいく。

適切な場所に時間を使っていないあなたはどんどん貧しくなる。

こんなこと誰も言わないから分からないかもしれませんが、芸能人の不倫を書く記者とか芸能コメンテーターみたいにそれを生業としてるような特別な人を除けば確実に貧乏になる。
そしてストレスを貯めるだけ。

お財布からその瞬間お金が出ているわけじゃないからあまり実感がないかもしれませんが
その瞬間に少しずつ貧乏になってるしストレスを貯めている。

その瞬間あなたの夢やあなたの家族を守る力が落ちている。

結論ですが芸能人の色恋沙汰に口を挟む時間なんてあなたの人生において1秒も必要ない。

そのことが頭でわかっててもついつい感情が動かされたり口を挟んだりしますよね。

この情報過多をなくす方法は一つしかなくて週刊誌を買わないということとワイドショーを見なければいい。

ただそれだけでは駄目であなたがツイッターとかでフォローしている人のリツイートとかそういったところからそういう情報が廻ってくる。

ちなみにあらゆる情報の中で最もパズル のは怒りです。

リツイートとかで回ってきた人を怒らせる情報に時間を取られている。

元々リツイートは違う価値観に触れられるという事でインターネットっぽいメリットがありましたが今はそのメリットよりも必要でない情報が圧倒的に多い。

デメリットの方が勝っちゃっているんです。
何の意味もないところで怒ったりして時間を奪われています。

西野亮廣さんはオンラインサロン内で実験的にやっているサロン限定のサロン垢があってこれはツイッターで全員鍵垢なんです。

しかも実名登録だからまず荒らす人がいない。
全員鍵垢なんでリツイートでリツイート機能がないんです。

リツイートがない居心地の良さ。
マイナスの感情を生むようなニュースが回ってこない。

しかもフォロワーが凄く増えやすい。
自分に必要のない情報がタイムラインを埋めるようなことをしないこと分かっているからフォローするハードルが低いのです。

だから本垢ではフォロワーが100人なのにサロン垢では1000人フォロワーがいるとかの逆転現象がおきています。

スポンサーリンク



先日もサロン垢は西野亮廣さんの2020年上半期の最大のヒットだってお話をさせていただきましたがそこからどんどんメリットが見えてきています。

こういう嘘をついても仕方がないので最悪ですが西野亮廣さんのサロン記事なんか読まなくていいから一度このサロン垢は体験してみてください。

かなり面白い方向に人生が動き始めると思います。

今回は以前メンタリストDaiGoさんがおすすめしていた本を紹介しておきます。

おすすめの本


社会心理学 (New Liberal Arts Selection)
池田謙一、唐沢穣、工藤恵理子、村本由紀子

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました