西野亮廣が松本人志と山里亮太の負け顔力を称賛する理由

勝ち組になりたければ○○を持てというテーマで西野亮廣さんが話していました。
最近ではSNSやYouTubeの場でも個で発信する人が増えてきましたね。

勝ち組になりたければ○○を持て-西野亮廣

誰だってYouTubeチャンネル持っていたりする時代だから
なかなかこの発信が難しくなりました。

これからは集落の時代になってきている。

オンラインサロンはまさにそれで西野亮廣さんも仕事を外注するときにサロンメンバーさん以外に頼む事ってほとんどないそうです。

先日キングコングのpvを撮影しました。
えんとつ町のプペルカバー曲です。

これもサロンメンバーさんに投げて予算内で作ってとお願いしたようです。

テレビで流れてるキャリオクのCMもサロンメンバーさんにお願いしました。

キャリオクのCMの撮影したスタッフはみんなサロンメンバーさんです。
サロンメンバーが現場に来てメイクもしてくれてケータリングもサロンメンバーさんのお店から持ってきてもらったようです。

肌が合うかどうかわからないサロンメンバー以外の人にわざわざ仕事を発注する意味が
1ミリもない。

よくわかんない人に仕事を発注しても肌が合わない全然ダメでしたみたいなそんな博打をする理由はひとつもない。

どうせ仕事を頼むんだったら同じ方向向いてる人に頼んだ 方が合理的です。

中田敦彦さんのYouTube大学もサロンメンバーが編集とかやってますね。

オンラインサロン内でお金が回っている状態ですね。
オンラインサロン内の方が当然仕事はスムーズに行きますよね。

同じ集落同じコミュニティ内でぐるぐるぐるぐる回すんで当然そうなってくるとコミュニティー内での立ち振舞いのコミュニケーション能力っていうのがリアルに結構決めてなってくると思います。

ここで持っておいた方がいいスキルは負け顔です。
やっぱり相手から話しかけられる量が全然違うんです。

論破されムキになって返してくる人と恥ずかしそうに負けてくれる人では
相手にとってどちらが気持ちよくさせてくれるか?
この場を盛り上げようと思っていじってその瞬間負けてくれる人

また別の機会にどっちの意見を聞くかって聞かれたら恐らく気持ちよくさせてくれた人の
意見を聞くと思う。

芸人とかでも追い込まれてぐうの音も出ない表情で落とせよっていうのがあるようです。

ここはこういう表情で落とせよっていうのが凄い得意な芸人の例でいうと
山里亮太さんです。

山里亮太さんは口が達者で彼のポテンシャルだといくらでも言い返せるのに時々ちゃんと追い込まれてくれる。

ここは技を食らった方が盛り上がるんだからという選択をしてくれるとそういう人は視野が広く対局で見てるからです。

状況によって負け顔を出してくれる山里亮太が発するここはこうした方がいいかもねという言葉にはパンチ力がある。

多分その人は全体の事を考えてその意見を出してくれるからそういう人のところに人が集まる。

昔ガキの使いのトークコーナーでダウンタウンの松本人志さんがとにかくね口からでまかせを言ってそれに浜田雅功さんが振り回されながら突っ込んでいくんですけれども時々、松本人志さんが浜田さんに追い込まれる瞬間があって嘘が思いつかなくて浜田さんの質問に対して何がですかっていう時間稼ぎをする瞬間があったんですけどもあの瞬間にあの負け顔がまっちゃんの負け顔が見れた瞬間に僕ら世代はみんな松本人志さんに恋した。

負けた感じになっているけども実はあの瞬間の松本人志さんには凄く点が入っている。
しかも結構大量得点が入っている。

例えば朝まで生テレビとかに出てる人たちの意見って全然入ってこないですよね。
言い負かすことが目的になっちゃっている。

でももし誰か一人がさっきああいったけど確かにそうですねという人が
次に発するただやっぱりこれだけはこうだと思うんですけどという危険は絶対に
耳に入ってくると思う。

みんなその人の意見をテレビの前の人は信じると思う。

だから負け顔コミニケーションとる時に最も重要なスキルだと思います。

2ちゃんねるのひろゆきさんとかも論破するのが大好きな人ですが
一度ニシノコンサルで一緒になった時にたまになるほど確かにという言葉を発することがあってその後に出すでもこれこうかもしれないという話は凄く入ってくる。

これは非常に重要だと思います

コミュニケーションスキルではメンタリストDaiGoさんの本もおすすめですよ。

おすすめの本
メンタリストDaiGo
コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました