西野亮廣の自宅とシナジーマップが直撃シンソウ坂上でテレビ初公開

西野亮廣直撃シンソウ坂上自宅シナジーマップを公開していました。

まぁお金のマインドマップみたいなものですね。

どの仕事で集客をしてどの仕事でお金を生むのかという事と
そのお金をどこに使っていくのかという事ですね。

西野亮廣が自宅でシナジーマップを公開

今回の直撃シンソウ坂上西野亮廣さんの自宅を公開していましたが
オンラインサロンメンバーにとって一番の収穫はやはりシナジーマップではないでしょうか?

まず坂上忍さんが西野亮廣さんの自宅の前でインターホンを押す場面から始まりました。

そこで気づいたのが西野亮廣さんの自宅はマンションだという事です。

そこで何階かはわかりませんが、7階建てのマンションという事ですね。
そしてスナックCandyからも恐らく近いはずなので東京の五反田近郊
マンションではないでしょうか?

なんか西野亮廣さんも緊張していたのかお願いしますお願いしますとか
2回続けて同じことを発言することが多かったですね。

目上の人に話すときの癖なのかもしれないですね。

スポンサーリンク



自宅はかなり改装しているみたいでオシャレでした。

マンションは改装費とかも含めて1億円ぐらいのようです。
つまり億ションですね。

10年ぐらい前に購入したマンションんですがとてもマンションの中とは
感じられないぐらいいろいろ改装している感じでしたね。

エンターテイメントラブラトリーと恐らく西野亮廣エンタメ研究所
部屋とかもありましたね。

下見に行ったディレクターさんにもいちいちオシャレなんですよと
突っ込まれていましたね。

まぁ西野亮廣さんのこだわりなんでしょうね。
世界観を大事にしますからね。

アンティーク感が満載の玄関でしたよね。

リビングはあまり生活感がなかったですね。
きれい好きなんですかね。

アンティーク感があるものをいろいろ配置したりしていて
いちいちオシャレといいたい気持ちもわからなくはないですけどね。

まぁセンスがいいという事ですね。

アトリエも凄くオシャレで世界観を大切にしている感じでしたね。
ここで絵本のキャラクターを書いたりやっているようですね。

1枚の絵を描くのに3週間ぐらいかかるようです。
西野亮廣さんのことを知らない人は絵本にかける時間を聞いたら
びっくりしますよね。

だって0.03ミリのボールペンでかなり細かく描いていますからね。
そんな細かく描く絵本作家いませんよね。

スポンサーリンク



というか絵本だけで生活している人はそんな細かく書いたら
時間がどれだけあっても足りないし無理ですからね。

もちろん絵本だけで終わらしたら成り立たないから
そこはエンターテイメントとしてVRにつなげることを見越して
絵本を書いていますからね。

えんとつ町のプペルも高さがある方がVRでやりやすいから
そういう設定にしたようです。

2次利用3次利用を考えていると言ったら坂上忍さんが
そんな金のにおいプンプンさせていたんだと言われさすがに
に西野亮廣さんがそこはエンタメのにおいと言ってほしいと突っ込んでいましたね。

西野亮廣さん自宅で一番驚いたのがこのアトリエの部屋で
その壁にシナジーマップが書いてありましたね。

シナジーマップ凄いですよね。

オンラインサロンを中心にその周りにはアメブロニシノコンサル
美術館とか絵本とかスナックCandyとか会議室サーカスプペルホテル
しるし書店レターポット天才万博とかエンタメMAPがどんな流れになっているのか
凄いシナジーマップですね。

絵本も1冊作るのに2000万ぐらいかかるようです。
それも分業制でやっているから印税では回収できない。

だからオンラインサロンからお金をもってきているとか
シナジーマップに書いていました。

絵本美術館を作るために作っていると言ったら
坂上忍さんが驚いていましたね。

美術館を建てる予定地は兵庫県の川西の
能勢電鉄滝山駅から徒歩2分も掛からないですかね。

スポンサーリンク



まぁ土地は購入してまだ建設はしていませんけどね。

このシナジーマップであまり矢印が繋がっていないのは
あまりよくなくてそういう仕事はどんどん切っていくという流れのようです。

ここでオンラインサロンがシナジーマップの中心に来ているという事で
西野亮廣さんの年収の話になりオンラインサロンだけで5万人を超えていて
講演会や印税とかで7億円はあるよねというはなしになっていました。

まぁ講演会はクラウドファンディングのリターンとかだから
収入といよりも全部出ていくお金なんですけどね。

キングコング西野と梶原がコンビ結成の思い出の地

ちなみにこの後キングコング結成の地えんとつ町のプペル
挿入歌を西野亮廣さんと梶原雄太さんが歌うという撮影風景の
ロケにも坂上忍さんがきていたんですね。

この場所はキングコング結成の地で夜景を見ながら
コンビを結成しようと梶原雄太さんが西野亮廣さんに告白したようです。

ちなみにこの場所は兵庫県の宝塚市で明月記という大阪市内が一望できる和食店とかが
ある場所ですね。

キングコング結成の思い出の地ですね。

兵庫県宝塚市雲雀丘山手2-10-11です。
最寄りの駅はJR川西池田駅ですがそこからは歩くと少し遠いですね。
車で5分ぐらいのとこです。

年中無休で開いていますよ。

この撮影もオンラインサロンのスタッフが撮影したようです。
オンラインサロン内に外注をしているので外に外注するよりも話が
スムーズなのでいいようですね。

スナックCandyも映っていましたね。
全国にあるけどスナックCandy五反田にはホリエモンとかもくるようですね。

ここでオンラインサロンで入ってきた収入の使い道を坂上忍さんに聞かれ
ブロードウェイミュージカルえんとつ町のプペルをやっているサロンメンバーに
お金を出して支援したりしてる。

中にはラオス小学校を建設したりしていますからね。

パリエッフェル塔で個展も開催しましたね。

土地を購入した話になり美術館を作る話はしていたのですが
そこを拠点にえんとつ町を作るということで西野亮廣さんが書いた
美術館とそのまわりのイメージを書いていましたね。

美術館のイメージ図とテレビでは説明されていましたが
スナックCandyえんとつ町店とその周辺の土地もえんとつ町にしていこうとする
図のような感じもしますね。

2018年12月に書いたという事で土地を購入した時に書いたんですかね。

スポンサーリンク



株式会社NISHISNOに入った瀬戸ちゃんと小田っちが映っていましたね。
イベントが中止になって無観客でオンラインイベントをやった時に映像ですね。

西野亮廣がテレビを離れた理由

西野亮廣さんと梶原雄太さんは20歳の時にすでにはねるのトびらという番組に出て
その番組も25歳でゴールデンに進出したようです。

視聴率20%もあった番組で認知タレントにはなったのは自覚していたけど
全然上には上がいてタモリさんとかさんまさんやたけしさんをみて
全然追い抜ける気配もないしこれだけ絶好調できていてもこれなんだと
感じたようです。

ゴールデンに進出した25歳が大きな挫折をしたようです。

そこでテレビと距離を置く発言をしたようです。
そして25歳の時に絵を描き始めたようです。

絵本を書き始めるきっかけはタモリさんです。
タモリさんに飲みに連れていかれてそこで西野亮廣さんに絵を書けと言われたようです。

その時にタモリさんが西野亮廣さんが絵がうまいとかそういうのは
どこまでわかっていたかはわかりませんがその言葉を信じて西野亮廣さんは
絵本を書くことになったようです。

タモリさんは笑っていいともとかでいろんな人を見てきたから
コイツは絵を描くとかやらせたら向いてるんじゃないかなとかそういうのがわかるんですかね。

初めての絵本がDr.インクの星空のキネマという作品です。


それが28歳の時ですが絵本を書き始めたのが25歳ですから3年かけて
絵本を書いているんですね。

絵本作家で絵本1冊に3年かける人は一人もいませんからね。

梶原雄太さんはカジサックの部屋を始めたのが2018年10月です。
かなり西野亮廣さんが絵本で成功しているのを見て焦っていたようですね。

梶原雄太さんはYouTubeを始めてから1日も休んでいないようです。

宮迫博之さんがYouTubeを始めるときにも相談を受けたようです。

劇場での漫才もまだ続けていますがネタ合わせとかは基本やらなくて
西野亮廣さんの気分で決まるようです。

西野亮廣さんの第一声でどのネタになるか決まるようです。

キングコングとしてのを梶原雄太さんが聞かれたらもう一度
二人で冠番組をやりたいようです。

西野亮廣さんも梶原雄太さんとだったらいいよと答えていました。

直撃シンソウ坂上おもしろかったですね。
もし見逃した人はFODで見逃し配信もしています。

フジテレビだから昔のはねるのトびらとかも見れますね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました