メンタル改善と内向性から外向性になる方法におすすめの本10選

性格改造の科学〜20の介入行動であなたの性格を変える方法というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

今回は性格の面で外向性内向性メンタルの強さを改善する方法です。

15週間ある行動をして貰うと望んだ方向に性格が変化していったようです。

漠然と性格を変えたいと思っていてもどうすれば変われるのかは分かっていない。

次の項目から今は出来てなくて変えてみたいと思っている箇所を
4つ程なるべく毎日試してみると性格が変わっていくのが分かると思います。

スポンサーリンク



内向性から外向性の改善に効果がある方法

1.寝る前に自分の今日の行動で社交的だった行動を思い出す。
その行動のどこが好きだったのかを考える。

寝る前にすることで記憶の定着にもなる。

2.いつも寄るお店とかの店員に何か話しかける
普段話してる人はもう少し踏み込んでみる。

普段の自分より頑張っている進歩が分かる。
いつもより外向的になった自分に気付ける。

3.返答リストを作る。
何をされてるんですかと聞かれたときに簡単な答えではなくて
もう少し詳しくエピソードなどを付けて返せるように返答リストを作る。

外向的な人はノリで返せるけど内向的な人はリストを作っておいて
返せるようにする。

これを極めるとメンタリストDaiGoさんみたいに独り言で放送出来る。

10の介入行動でメンタルの弱さを改善する「性格改造の科学」+人が信じられない回避型の愛着スタイルを克服するにはというタイトルで後編の放送をメンタリストDaiGoがニコニコでしてました

感情のコントロールが下手な人や神経症なメンタルが弱い人のための放送です。
行動でしか性格は変われない。

メンタルの改善に効果的な方法

1.朝目が覚めた時に今日は楽しい行動をするように心がける。
自分で楽しい行動を選択する。

飲み会でも取り合えずビールの人ーと言われたときに
みんなに合わせてついついビールを選択したりするのではなくて自分の選択で決める。

2.辛いことがあった時に深呼吸をする。
辛いときに2~3分の深呼吸をするだけでストレスが半減する。

意外と効果があるのは分かってても出来ていない。

深呼吸は吸うところからではなくて吐くところから始める。

吸う息と吐く息では吐く方を長くする。

気合いを入れたいときとかは数時間を長くする。

行動を変えるときとかにも使える。
最後におすすめの本を紹介してました。

おすすめの本

もう少しライトな方が良ければと紹介してました。
おすすめの本
感情類語辞典

簡単に性格変える方法
最速で性格を変える方法というタイトルで
メンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

性格にはいろんな性格がある。

性格は割と簡単に変えることが出来る。

恥ずかしがりとか勇気がないとか新しい事への挑戦に妨げとなる性格について

新しいことをすることへの恐怖感が挑戦出来なくしている。

周りの人に合わせる合理的な人間は社会に合わせる。

人と違う生き方をしたいと思ってる人は多い。

スポンサーリンク



誰も食べたことがない物を食べて死んだりして世の中は進化してきた。

だから新しい事への挑戦は基本的に怖い。

コミュニケーションに自虐ネタを取り入れることで
新しい提案を言いやすくなるようです。

失敗に対するハードルが落ちるようです。

お笑い芸人も自虐ネタから入って成功している人が多い。

過去半年で恥ずかしい思い出を思い出して貰ったグループは
新しいアイデアが思い浮かびやすくなったようです。

自分は失敗することもあるだろうと失敗への恐怖心がなくなる。

会議もみんなで考えあるより個人で考えた方が良いアイデアが出ることが分かっている。

自分の恥ずかしいことを言える人間になると面白いことを出来るようになる。
柔軟性が高まり行動も変えることが出来る。

DaiGoさんが最近あった恥ずかしいことは夏は薄着と決めていて
パンツも薄い方が良いという研究が出ていてズボンも薄めのズボンをはいていたら
スタッフからアレが透けゆうてカタチが見えてます的な指摘を受けたようです。

ちなみにそのスタッフには女子もいたようです。
サラッとする話でもないようなw

メンタル、コミュ力、頭の良さを全部まとめてアップする行動がこちらというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

結論から言うと読書でメンタルもコミュ力も頭も良くなるようです。

読書をすると子供の学習能力が上がり問題行動も減り人生の質も上がり
問題解決能力も向上したようです。

子供に本を読み聞かせた家庭は家族の状態も良くなりストレスも減って
鬱状態も減ったようです。

スポンサーリンク



また文化とか家庭環境に関係なく本を読む子は収入も上がったという
研究結果も出ているようです。

ゲーム機とかで遊ばせるよりも本とか昔ながらのパズルとかそういった遊びを
させた方が言語能力は高くなったようです。

だからアナログな物の方が言語能力は上げるようですね。

スマホでナゾトレすればどうなのって言われるとなんとも言えないですけっどね。

いつになっても自信が持てないなら…

自信がありすぎても問題ある。
でも程々の自信は必要。

自信が無い不満や鬱の人を対象にした実験をしたようです。

自分だけのセルフイメージゴールで自分を変えたいことに頑張って貰ったグループと他人への貢献を求めたゴールのセルフコンパッションゴールを目標に頑張って貰ったグループで
実験をしたようです。

そうするとセルフイメージゴールを設定したグループは人間関係でトラブルを
起こす確率が上がって鬱や不安も悪化したようです。

自分を変えようとすると症状は悪化する。

逆にセルフコンパッションゴールを設定したグループは鬱や不安の症状も減少して
人間関係のトラブルも減少したようです。

スポンサーリンク



だから自己目標ではなくて他人に向けた目標の方がメンタルも改善するし
人間関係も良くなるようです。

メンタル病みやすい人の子供時代の特徴がこちらというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

メンタルが病みやすい人は子供時代の交友関係に問題がある場合が多いようです。

十年来の親友がいる人はメンタル的にも強い傾向にあったようです。
親友と長く付き合うほどメンタルの状態も良くなる。

人に好かれやすくて沢山の友達がいた生徒は10年後でもメンタルの向上が見られなかったようです。

だから少なくても良いから親友がいるだけでメンタルには良いと言うことですね。

ただ今の時代はネットで繋がる時代になってるので同窓会やフェイスブックとかで繋がり
そこから仲良くなり親友になるケースも増えているようです。

スポンサーリンク



意外と久しぶりに連絡が来ると嫌と思われるのではないかとか思いがちですが
相手はよほど変な誘いで無い限り嬉しいようですね。

料理のつっしーさんとは13年ほどの付合いのようです。
大学時代からの付合いですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

メンタル改善と内向性から外向性になる方法におすすめの本10選 への2件のコメント

  1. ななし

    いつも分かりやすくまとめていただいてありがとうございます。動画を見る前に要点をチェックできて助かっています。

    細かい部分なのですが、「コントノール」ではなくて「コントロール」ではないでしょうか。
    初めはただのミスタイピングだと思っていたのですが、どの記事でもコントノールと書かれていたので気になってしまいました。
    これからも頑張ってください。応援しています。

    返信

    1. glay

      ほんとですね。
      なんか少し引っかかるなと思いながらも気にせず書いてましたがけっこう同じ間違いしてるかもですw
      ご指摘ありがとうございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)