説得力のある人の特徴と今すぐ使えるテクニック

3分でできる説得力の上げ方というタイトルでメンタリストDaiGoさんが
ニコニコで放送してました。

説得力自信満々にしゃべればなんとかなる。

やろうと思えば誰でも出来るのにやらない。

言いたいことを3回繰り返す。
繰り返すときの言い方を3回変えて言ってみる。

同じ事を一人から3回言われるのと違う人から3回言われるのでは
3人バラバラで言われた方が多少説得力はあったけど
3人に比べても1人では90%くらいの説得力があったようです。

だから説得したければ同じ事を3回繰り返せば良い。

広告も3回以上その広告に触れないと興味を示さない。

ただ何回も同じ広告を見るとうざい。

相手を説得したければ3回繰り返してバリエーションを加えてあげると良い。

例えば新しいiPhoneを説得するのには画質が綺麗になりましたよとか
画面が大きくなりましたよとか充電の持ちが長くなりましたよと
3つの点から褒めてあげれば良い。

飛行機事故は3回以上いろんなバリエーションで起きてるのをみんな知ってるけど
交通事故に比べるとはるかに少ない。

でも飛行機事故が怖いから乗れない人がいる。

ここからはニコニコの内容です。
ニコンコは緊張しない準備〜人前で緊張せずに話せるようになる方法
というタイトルでした。

どうすれば緊張しないしゃべり方が出来るのか?

スポンサーリンク



他人への説得力を高めるスピーチの5つのテクニック

1.落ち着こうとしない
リラックスする努力をすればするほどスピーチの説得力が無くなる。

説得力が無くなることで自信がなくなり全然伝わってないとパニックになる。

緊張してても緊張感が伝わらない人はいる。
緊張は消えないけど緊張したことによって説得力が落ちないようにする。

緊張は悪くないけど緊張で説得力を落とさないようにすることが大事。

緊張してるのでは無くてやる気に満ちているだけど感じることが大事。

2.一人で練習しない
目の前で人がいる状況で慣れておかないと緊張する。

必ず人前で練習する。

少数で良いから人前でしゃべる練習が凄く重要。

3.部屋を暗くする
部屋が暗くなると興奮が収まる。

部屋即落するとオーディエンスも自分もリラックスする。

スピーチをするときによく暗くするのはスピーチに注目させるための効果と
壇上の人をリラックスするために使われているようです。

4.観客を調べる
どんな人が来るのか?

調べた情報は言う必要は無くて前もって知っておくと
しゃべるときに話し手の説得力が上がるようです。

知らない人に話すから緊張する。

知ってる人を何人か知っておくだけで堂々としゃべれる。

5.クイズ・質問・物語を作る
相手に疑問を持たせて答えを出させる物語を作る。

そうすると相手の記憶に残りやすくする。

世界で最も簡単な説得力を高めるテクニック
しかも小学生でも出来るテクニックがあるとしたら何だと思いますか?

みなさん思いつきましたか?
実は同じ事をたった3回言うだけで良いんですよ。

さらに意外な情報も効果的でしかも3回とも表現を変えてあげるとさらに効果があります。

こんな感じでクイズとかを入れてあげるとより記憶に残りやすいし
説得力に繋がる。

クイズや質問を使うと聞いて貰え安くなり聞き手の注意力も上がる

上から目線でこれ知ってると偉そうに言わない方が良い。

聞いたことあると聞いてみて相手が知ってたら凄いねやっぱり知ってるんだと
共通の話題になる。

知らなかったら実は僕も最近知ったんだけどと知識を出す。

たまたま聞いたというていで話す。
じゃあ今度一緒に行ってみないと小技にも使える。

物語は基本はパクる。
オーディオブックで自分の好きなストーリーとかを聞く。

物語を入れるのに名言とかは使える。
文字からは情報は入りにくく耳から聞いたことは頭に残りやすいので
オーディオブックで本を聞くことはおすすめです。

名言については以前この本がおすすめとメンタリストDaiGoさんがオススメしてました。

110個の名言があるみたいです。
この本もアマゾンがオーディブルで出してることに驚きました。

最近オーディブルが斬新されてかなりの数がオーディオブックで聞けるようになったようです。
アマゾンのオーディブルについては記事を書いてますので良ければ見てください。
オーディブルのアプリで返品回数やウィッシュリストの使い方

面白い実験があって
10分だけ僕の自転車を見ておいて貰って良いですかと聞いてみた。
かなり無茶なお願いですよね。

見ず知らずの人に10分間自分の自転車を見てくれと頼む実験です。
どうせ断られるからいいやというときに使えるテクニック

スポンサーリンク



4つの説得力テクニック

4つのパターンで検証したようです。
1.ドアインザフェーステクニック
1時間見て貰えませんか?
では10分だけお願いします。

2,フットインザドアテクニック
道が分からなくなってここの場所教えて貰って良いですかと聞く。
ありがとうございます。
ちなみに10分間自転車見ておいて貰えませんかと頼む。

3.プラシボインフォメーション(全然理由になってない情報を言う)
すいませんちょっと忙しいんで10分間この自転車見てて貰えませんかと頼む。

4.why not戦略
相手にまず断られる。

10分間自転車を見ていて貰えませんか?
断られたらちなみにどうしてダメなんですかと聞く。

いやぁそれはーとなった時に本当にお願いなんですけど
見ておいて貰えませんかと2回目お願いする。

ドアインザフェースは36%の成功率
フットインザドアテクニックは26%の成功率(時間をおいて使う物)
プラシボインフォメーションは13%の成功率
why notは50%の成功率

他人にお願い事をするときはwhy not戦略が一番効果があったようです。

本当はたいした理由がないのに断ってると自覚するので
断りにくくなる。

DaiGoさんは講演で1時間や2時間前とかひどいときは前日に来て下さいと
言われるようです。

いやーみなさんに前日にお願いしてるんですよーと聞かれたら何でですか?
ちなみに新幹線でこの時間に行けるし僕は準備が入らないし他の共演者と
僕は違いますが何でですかと聞く。

そしたら確かにDaiGoさんは大丈夫かもしれないですね。
ですよねーじゃー早くて30分前で通常だと15分前に入ります。

僕は控え室入らなくて直接会場に入りますといって通るようです。

なんでですかと聞くのは優しく聞くのがポイント

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)