西野亮廣とキングコング梶原がカジサックの部屋で失踪や解散の理由を!

西野亮廣カジサックことキングコング梶原さんが
初めてカジサックの部屋チャンネルで対談してました。

チャンネル登録者90万人記念のようです。

急上昇にも載ってましたね。
二人の馴れ初めについてまずは話してました。

スポンサーリンク



意外なことに元々は別々のコンビだったようです。

西野亮廣さんはグリーングリーンというコンビで
別の相方とやっていたようです。

キングコング梶原さんはNINNIN丸というコンビで
別の相方と組んでいたようです。

当時は二人ともボケを担当していたようです。

そしてグリーングリーンのネタを見ていたキングコング梶原さんが
もともとずっとNINNIN丸で行くつもりは無くて相方を探していたようです。

そのネタを見て西野亮廣さんに声を掛けたようです。

当時は西野亮廣さんもコンビを解散するつもりはなくて
一緒に公園で遊ぶくらいはしていたようですがその時に
公園の遊具でどっちが面白くこの遊具を乗りこなすかという対決で
キングコング梶原さんが凄く面白くて一緒にコンビを組んだようです。

スポンサーリンク



漫才コンビを組んで1年目でM-1の決勝に行ったり
いきなりはねるのトびらのメインに抜擢されたようです。

はねるのトびらの始まって1年目は二人は凄く仲が悪かったようです。

笑っていいともにもレギュラーで出演して最初はタモリさんは
キングコング梶原さんを気に入っていたようですが3週目には飽きられていたようです。

タモリさんは西野亮廣さんの才能に気付き気に入ったようです。

当時はねるのトびらの時にキングコング梶原さんが失踪した時期が
あったようです。

もの凄く忙しくて休みは1日もなく1日の平均睡眠時間が2時間以下
それが何年も続いて失踪したようです。

当時は失踪だけど体調不良という事でいろんな番組が終わったようです。

失踪していた時に何をしていたかというとバイクの中型免許取得や
ボーリングに行っていたりしたようです。

25歳ぐらいの時にはねるのトびらも視聴率が20%ぐらいになって
盛り上がっていたけど突き抜けている感じもなくてこのまま
終わっていくなと感じたようです。

そこから西野亮廣さんは絵本を作る準備に入ったようです。

スポンサーリンク



スマホが登場してユーチューブとかもスマホで見るようになり
このスマホの画面でエンタメを見るようになり登場人物が多い番組は
スマホのが画面には合ってないなと気づいたようです。

ひな壇芸人も他の人と比べてそこまで得意でもなかったので
ひな壇芸人止めますって発言したようです。

カジサックの前にキングコングでユーチューブをやっていたけど
西野亮廣さんがやろうといってきたからやっていただけで
自分の意志ではなかったようです。

そんな中カジサックは初めて自分の足でやっていこうと
思って成長も感じているようです。

やっているようです。

西野亮廣さんがキングコングを解散しなかった理由については
ぜひユーチューブっで確認してみてください。

解散しなかった理由には2つあります。
なかなか記事では難しかったので実際にみてくださいね。

動画の28分ぐらいからです。

ちなみに西野さんの最新の絵本はチックタック約束の時計台で僕が30冊購入した記事も書いてるので
良ければそちらもどうぞ。
西野亮廣の絵本チックタック約束の時計台を30冊購入してみた

おすすめの本
チックタック約束の時計台

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)