就活の実践力と面接官におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

メンタリストのDaiGoさんが就活実践力
面接官側におすすめの本を紹介してました。

スポンサーリンク



就活の実践力でのポイント

面接ではほとんど好感度で決まる。
就活の面接では信頼感を一番見てます。

好感度を上げるにはテンポ良く大きい声で話す。

速い口調とゆっくりな口調を使い分ける。

早口からゆっくりになるのが説得にはベストです。

まず詳しいから早口だと思わせて
そこから分かりやすくゆっくりと話す。

フェイシャルトレーニングで表情筋を鍛える。
表情が豊かな方が良い。

自信満々なポーズを2分キープすると
前頭葉が刺激されポジティブになる。

胸を張ってる方が前屈みの人より
頼りなりそうですよね。

グループディスカッションはまとめ役になると良い
批判すると印象が悪くなる。

目を合わすと知能が高く見える。
面接官が目をそらしたら勝ったと思ってください。

逆に全然目をそらさない人は支配欲が高いかもしれません。
相手の口が軽く開いてる時はもっと聞きたいと思ってる

相手の口が閉じてると話題を変えた方が良い

見た目もやはり面接に影響があるようです。
女性は10/7/10の比率がベストなようです。

男性は肩幅10:ウエスト6がベストです。

スーツのネクタイは赤が良い。

就活と面接についてはこちらの記事でも紹介してます。
就活と面接におすすめの本をDaiGoが!

スポンサーリンク



面接で気をつけた方がいいポイント

腕を組む行為や身体をそらす行為や目をそらしたり
手を触る行為は良くない。

これが同時に出てたら間違いなく嘘を付いてる。

緊張や不安を消したい時は
一度全部不安を書き出す。

そうする事でワーキングメモリーを上手に使える。

ストレスがない人の方が愚痴が多い。

ストレスは大事な物に脅かされた証です。
ストレスと向き合う事が大事です。

ストレスが人を成長させます。
ストレスがない人は成長しません。

瞑想も効果がありますね。

運が良いと思ってる人は洞察力も高い。
つまりチャンスに気付く

会社の話ではなく個人的な話を引き出すのが
質問としては良い。

就活に関してはこちらも参考になりますよ。
面接の質問や自己PRにおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

逆に面接で人を募集する時におすすめの本
やはりささる文章がいいのでこの本がおすすめです
おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)