房広治がEXコインとネパールと日本のパートナー関係に

ネパールでテレビのゲストに房広治さんが呼ばれて
インタビューに答えてました。

ネパールでは一番有名なテレビ局のようです。
Prime Timesという番組でEXコインについて答えていました。

英語なのでなんとなく翻訳してみました。
これらの日本人はネパールに数十億ドルを投資することをいとわない

ネパールは新しい可能性を探る必要性があると
友達に言われてネパールに来たようです。

友達にどれだけネパールが美しいか言われました。
ネパールは自然もたくさんある。

スポンサーリンク



今回ネパールに来たのはネパールの友人に頼まれたようです。
ネパールの政府職員と会う為にきたようです。

房広治さんの開発した中央デジタルを政府に説明するために
呼ばれたようです。

中央銀行のデジタル通貨システムIMFが持っている非常に
新しいアイデアです。

昨年11月に報告書を発行しました。

全ての資産をデジタル化を提唱している。
全ての支払いシステムに使用出来る。

音楽も健康管理もデジタル化されてきているから
次はデジタル化資産の動きをしています。

資産がなかったエストニアやネパールには非常に役に立つ。

ネパールは最も先進的な政府国です。

日本は銀行のATMとかの管理で莫大な年間コストがいる。

ネパールも銀行システムがあるけどこれは間違っている。
多くの人は銀行口座すら持っていない。

デジタル通貨は非常に簡単な形式です。
重要なのは個人データです。

GAFAはここの管理が甘くて批判されています。

2016年のアメリカの大統領選でもフェイスブックのデータが
使われてそれをロシアが利用してトランプが勝利した。

だからデータは保護されるべきである。

スポンサーリンク



世界的には25%がクレジットカードを持っている。
今のクレジットカードでは間違った人に使われる可能性がある。

このEXコインのデジタル通貨システムを利用すると問題ない。
基本的にプラットフォームだからです。

グローバルなので参加するのに費用が掛からない。
既存のシステムと比較してもいい。

アマゾンのモデルも同じでどこでも適用出来る。

ネパールの政府はこの新しい波を知っているので
勉強を始めている。

EXコイン高速で安全なシステムを使用出来る。

日本からは電化製品やシステムをネパールに輸出して
ネパールからは若い人材を日本の農家とかで働いて貰う事が出来る。

日本の問題は農家が老化している。

日本とネパールは良い関係になれる。

おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)