オアアシスタウンキセラ川西に湯ざくらがオープン

オアシスタウン湯ざくらがオープンしましたね。

湯ざくら有料ですがオアシスタウンキセラ川西
無料で入れますよ。

スポンサーリンク



オアシスタウンキセラ川西にはどんな店舗があるの?

オアシスタウンキセラ川西というだけあって阪急オアシス
メインで1階にあります。

オアシスタウンなのですがオアシス棟ロイヤル棟に別れています。
オアシス棟に阪急オアシスがあります。

ロイヤル棟にはロイヤルホームセンターキセラ川西店があります。

ロイヤルホームセンターキセラ川西店は一足先に2019年7月27日に
グランドオープンしています。

オアシスタウン阪急オアシスは2019年8月2日にオープンです。

オアシス棟ですが1階にはユニクロABCマートがあります。
その他にも無印良品があります。

ガーデンテラスに併設された「ガーデンカフェ」もあります。
またガーデンテラスではバーベキューセットの貸し出しもしてます。

このバーベキューセットは誰でも使えるのですが食材の持ち込みは禁止です。

あくまでも阪急オアシスで購入して貰って利用するというスタイルですね。

オアシスタウンキセラ川西2階にもいろんなお店があります。

エディオンダイソー洋服の青木もあります。
また子供写真でお馴染みのスタジオアリスもあります。

その他には薬局やクリニック系の施設が多いですね。

もちろんメインは湯ざくらスーパー銭湯です。

阪急オアシスは2019年8月2日にオープンですが
湯ざくらスーパー銭湯は8月8日にオープンです。

湯ざくらスーパー銭湯ですが実はクラウドファンディング
651人のサポーターが支援していて806万もの支援があったようです。

この湯ざくらを川西の新名所にするべくキングコング西野亮廣さんの
絵本「チックタック~約束の時計台」の光る絵本展示場にするための
クラウドファンディングがあったんです。

それで見事に目標700万に対して806万もの支援が集まりました。

そのクラウドファンディングでは川西市を盛り上げよう会の代表で
楠本拓也さんがいろんな人に声を掛けて成功させました。

絵本「チックタック~約束の時計台」の光る絵本展示場は1階の
ロイヤルホームセンターキセラ川西店側にあるオアシス棟の
1階入り口に設置しています。

絵本「チックタック~約束の時計台」の光る絵本展示場は誰でも無料で見れますよ。
扉が閉まっている外からでも透明の自動ドアだから見れます。

スポンサーリンク



オアシスタウンキセラ川西や湯ざくらの営業時間や場所は?

オアシスタウン湯ざくらの営業時間は朝の9時から夜の24時までです。

料金は大人中学生以上が950円です。

子供は450円です。
ただ3歳以下は無料で入れます。
シャンプーとかは備え付けがあります。

岩盤浴は大人のみで平日が950円で土日は1000円です。

ただこれは湯ざくらは24時まで営業しているけど他の店舗は
そんな遅くまでは営業していません。

オアシスタウンキセラ川西の営業時間は朝の10時から夜の21時です。
ただガーデンカフェは9時にオープンします。

最寄りの駅は能勢電鉄の絹延橋駅から5分ほどです。
駐車場は約827台止められるので安心ですね。

もし満車になっても隣にはロイヤルホームセンターキセラ川西店があるし他にも歩ける距離に大きなドラッグストアーとかもあるので
駐車場の心配はなさそうです。

オアシスタウンキセラ川西は、阪急阪神グループが運営しているようです。

だから1階に阪急オアシスがあるんですね。
近くに阪急オアシスの工場もありますからね。

オアシスタウンキセラ川西の広さは2080㎡あるようです。

それにしてもこういう場所でバーベキューが出来るって
今までなかったですよね。

大型商業施設はあってもバーベキューとかそういう施設があるのは
新しい試みで面白そうですね。

スポンサーリンク



西野亮廣が川西市を盛り上げる

また川西には西野亮廣さんも凄く力を入れていて
絵本「チックタック~約束の時計台」の中には川西の
新猪名川大橋の絵も登場します。

おすすめの絵本
チックタック~約束の時計台

西野亮廣さん絵本は英語も書いているので大人が読むのにもおすすめです。

メンタリストDaiGoさんと仲が良いパレオな男さんも英語の絵本をたくさん読んで
英語を覚えたようですからね。

西野亮廣さんは川西市の出身なので川西には熱い想いがあります。

実は西野亮廣さんは壮大な計画があって川西に美術館を作ったり
クラウドファンディングで町おこしをしようとしています。

能勢電鉄の滝山駅の近くに美術館が出来ます。

えんとつ町のプペル美術館という名前でクラウドファンディングしました。

そして6256万円の支援を受けて目標の5000万を達成しました。

すでに土地は購入していて2年後ぐらいにえんとつ町のプペル美術館が出来る予定です。

その他にも川西市を盛り上げようといろんなイベントを作っています。

今もクラウドファンディングで開催しているのでは木の時計台を作りたいという事で
300万を目標にしていましたが1日で達成して2019年9月15日までやっているのでさらなる支援が集まると思います。

木の時計台は川西ではなく池田市ですがお隣でほぼ川西よりですね。

これは西畠清順さんという西野亮廣さんの同級生でプラントハンターが池田市で木のモニュメントを作りたいと話があり
クラウドファンディングを立ち上げたようです。

川西市では他にも西野亮廣さんのイベントはあり最近では満願寺で
『チックタック ~光る絵本展と光る満願寺展』が開催されました。

実はこれに僕はボランティアスタッフとして参加しました。

満願寺は場所的にもバスが30分に1本ある程度のあまり人が多い場所でもなかったのですが
イベントは2週間ほど有り終りに近づくほど人が増えていきました。

イベント期間中はゴルフ場とかの駐車場を借りていたのでかなり駐車場スペースには余裕があったのですが
それでもどんどん人が来て駐車場に埋まらなくなり下まで駐車場に並ぶ列が出来てしまい公道を大渋滞させてしまい
近隣の住民とかに迷惑を掛けてしまうぐらいでした。

今流行のインスタとかで拡散されたんでしょうね。

こういったイベントもクラウドファンディングで1200万を目標に支援を求めたら5860万集まりました。

他にも川西を盛り上げるために多田神社でプペルの絵本展とかを開催したりしています。

川西には西野亮廣さんと関係がある建物やイベントがどんどん出来てきて西野亮廣さんのファンからしたらたまらない場所になってます。
まだまだこれから川西市は変わっていくと思うのでファンでなくても全然楽しめる街になっていくと思います。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)