小学生からの投資の授業

西野亮廣さんのオンラインサロンはよくあるオンラインサロンとは違って稼げるという事は全然うたっていなくて世界を獲るエンタメの裏側を見せますよというのをコンセプトにしています。

小学生と学ぶ「投資」 by キンコン西野

小学生と学ぶ「投資」 by キンコン西野

リアルタイムのメイキング映像ですね。
メイキングの一部として広告とお金の話はあります。

経済学者さんが俯瞰で見たお金の話とは違い現場の話なので 凄く生々しい話をしています。

マクロではなくミクロの話ですね。

スポンサーリンク



予算の事とか映画の前売り券の事とか今日トルコで版権が売れましたとか生々しいことをリアルた意味で語っています。

昨日のオンラインサロンの記事では絵本の印税をサロンメンバーに少しだけ分配する理由というタイトルの記事を書きました。

この話は本当でなぜお客さんに印税を渡した方がいいのかという話とかもていねいにかいています。

オンラインサロンでは予算をどうやって作るかという話と予算をどうやって使うかという話もしています。

お金の使い方ってあんまり議論されないですよね。

ネットを見たらこうしたら稼げます儲けさせますみたいな事はいろいろ掛かれていますがお金の使い方に関してはあまり書かれていない。

ネットであろうがテレビであろうがメディアもこうやって稼げたという話はいろいろあるがお金の使い方はなかななない。

例えばお金を増やし1億とか稼いでも使い方を間違えると2億円の借金とかもしてしまう。

お金を増やす上手な方法はお金を上手に使う事なんです。
お金って使い方を学ばないといけないんです。

多くの大人は無駄遣いするなと言いますがじゃあ無駄遣いって何って聞くと教えてくれない。

なぜなら知らないからです。
学んでこなかったからです。

金の使い方って学校で教えてもらえない。
運転免許を持っていない人に運転させるようなものです。

だから事故ってしまう。
そこで小学生と学ぶ「投資」というのが今回のテーマになります。

ちなみに貯金ではないです。
投資です。

投資というのは将来の利益のために金銭を投入することです。

といっても株価とかいきなりそういう難しいとこにお金を突っ込むと
苦手意識が出てくる。
そうなるとお金をなるべく使わずに銀行に置いておこうとなります。

投資を小学生に教えるなら200円があったとして使い道としては例えば
カッターナイフとかです。

紙にキッチリ折り目を入れて破るのかカッターナイフで簡単に切るのか。
カッターナイフがないとめちゃくちゃ時間がかかりますよね。

カッターナイフがあるかないかで生産量も変わります。

スポンサーリンク



生産力が上がると時間が生まれますね。
その時間を有効活用すれば利益も生まれやすくなりますね。

そこでカッターナイフを買わずに我慢するか200円の投資をするかで今後の作業時間が変わり将来の利益も変わってきます。

これは普段使っているもので説明してあげるといいですね。
その方がすんなり入っていきやすいと思います。

カッターナイフを使っている瞬間に便利だなって思うだけじゃなくてこれを使うことによって時間が生まれ利益を得た感覚が学べると将来的にも自然にできるようになる。

そういうお金を使うかという局面に出くわした時に節約がとんでもない無駄遣いというのが見えてくる。
ここを小学生に教えてあげるといいし大人も一緒に学んであげると将来自然とお金の上手な使い方が出来るようになる。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました