西野亮廣がコロナで緊急事態宣言解除後に初めてキングコング梶原と再会

昨日久しぶりに相方のキングコング梶原さんに会ったようです。
いつもは漫才の出番や毎週キングコングとかで会っているのですが今回のコロナの影響で3ヶ月ぶりぐらいに再開したようです。

2ヵ月ぶりに「梶原」に会いました-西野亮廣

2ヵ月ぶりに「梶原」に会いました-西野亮廣

個人的には3ヶ月ぶりという感覚もなくお互いはオンラインで活動をしていたのでけっこう忙しかったようですね。

毎週キングコングで久しぶりにキングコング梶原さんに会った感想はというと久しぶりという感覚はあまりなくでも面白くなっていたようです。

西野亮廣さんがキングコング梶原さんに出会った頃の感覚に似ている感じの面白さを感じたようです。

キングコング梶原さんはもともと団体よりも個人で動いた方が相性が良くて面白くてそれでYouTubeが成功したというのも一つにはあると思うけどもう個体そのものが面白くなっていたようです。

スポンサーリンク



最近のっているし結果も出ているから声の張りもいいしなんかいい影響を貰ったようです。

西野亮廣さんはライバルと呼べる競争相手がいないけどもキングコング梶原さんには
そういう存在であってほしいとも語ってました。

キングコング梶原さんは結果を出しているから面白いという話をしましたがカジサックとしてYouTubeで成功したのは面白いから成功したのか成功して面白くなったか結果を出すためには面白くないといけないですが鶏が先か卵が先かみたいな話になってきますが結論から言うと結果が先です。

パフォーマンスを発揮するには根拠が必要でその正体が自信でそれは結果がもたらしてくれる。

その結果というのはそのジャンルでの結果でなくてもいい。
例えば会社の業績とその会社の社長のトークはあんまり関係ないように思われますが会社がうまくいってる時の社長のトークってためらいがないから面白くなります。

お笑いに限った話じゃなく一番手っ取り早い方法はどのジャンルでもいいので結果を出してグラフの一つを伸ばしてあげることです。

それが自信になります。
競争が少ない場所だと結果も出しやすいからまずはそこから攻めていくといいかもしれない。

勝てる場所で一度勝ってから自信をもって本業に挑む方が面白くなる。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました