西野亮廣がお金のキャッシュポイントの設計を!

キャッシュポイント」を正しく設計しようというタイトルで西野亮廣さんが
話していました。

「キャッシュポイント」を正しく設計しよう-西野亮廣

「キャッシュポイント」を正しく設計しよう-西野亮廣

お金の話ですね.
西野亮廣さんは基本仕事のオファーはあまり受けていない。
イベントに出てよとか番組に出てよと声をかけられた時にたまに出ていた。

でも今はコロナでそういう話もないからアトリエにこもって作品を作っている。

作品制作にだけ集中するようにチームのみんなにも言われている。
他のことは全てチームに任せている。

仕事は凄くはかどっていて朝から晩まで作品制作に集中できている、

そんな中、最近はまってるの仕事の休憩時間にやるYouTubeの生配信です。
スマホ等事前のお知らせも何もなくいきなりスタートしてただただ視聴者さんと喋ってるだけなんです。

スポンサーリンク



これ何が楽しいかってYouTubeのコメント欄は世間の声に凄く近いんです。

テレビから干されたくせにちゃんと食えてるんですかって心配されたりするんです。
この世間の感覚とズレてしまうとだめなので世間の声に耳を傾けてYouTubeの生配信をさせてもらっっている。

西野亮廣さんはオンラインサロンでしか稼いでいないくせにというコメントを貰った。
オンラインサロンだけでしか稼いでいないくせにッてどういう事なんだろうと思った。

その時はビジネス本の権利収入とかグッズとかいろいろ知的財産権を持っている。
具体的な金額は知らないけどあるんだけどなと思っていたのでそうお答えしました。

でもなんかしっくりしていない感じだったのでどこがしっくり来てないのかなと
考えた結果恐らく西野亮廣さんはいろいろ仕事をしている風に見えるけども
結局、西野亮廣さんの収入のほとんどはオンラインサロンだろっていう不満が
言いたかったのではないかなと感じました。

何でこの人はこういう不満を持たれたのか?

考えた結果この人は収益を最大化するためにキャッシュポイントをデザインするっていう発想がそもそもないのではないかというとこに着地しました。

この人の発想はユーチューブをやるならユーチューブで稼いでいてほしい。
ブログをやるならブログで稼いでいてほしい。

ブログをやるならブログだけやっていてもらいたいという考えですね。

複業家の人なら普通にわかってくれると思うけど
西野亮廣さんはYouTubeで稼ぐつもりは全然ない。

あったら生配信のアーカイブも残しておく。
それに毎日ブログを書いているけどもそのブログにも広告をつけていない。

スポンサーリンク



実は西野亮廣さんはLINEブログの広告で自分が気にくわない商品が
自分のブログに掲載されているのが嫌でLINEブログを辞めたんです。

それで今はabemaブログだけなのですがそのabemaブログをやる条件が
広告を外してくれたらいいよだったんです。

365日毎日ブログを更新していますが1円も入ってない。

何で1円にもならないのに続けているのかというとオンラインサロンに興味を持ってもらうためですね。

YouTubeで稼ごうと思ったら再生回数だけど再生回数が多くてもどっきりとかそういう動画がいくらばずったとしてもそこからはオンラインサロンの入会のきっかけには
あまりならない。

だからオンラインサロンに関係する内容の話をして興味を持ってもらって
そこに誘導している。

オンラインサロンに興味を持ってもらうための1円にもならない仕事で
興味を持ってもらって入ってもらえるように頑張っている。

例えば個展とか利益のことは考えていなくてむしろ大赤字だけども
そこからオンラインサロンに興味を持ってもらってという考え方ですね。

そういった事でどこにキャッシュポイントを置けば収益が最大化するかを
設計したうえでやっている。

スポンサーリンク



ちなみにビジネス系YouTuberと言われている人でYouTubeの収益を
当てにしている人は一人もいないと思います。

その中に何か商品があると思います。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました