西野亮廣が医療機関に支援しろという声にド正論

お金を使うということの意味というテーマでお話です。

「お金を使う」ということの意味-西野亮廣

「お金を使う」ということの意味-西野亮廣

ちょっとセンシティブな話かもしれないし重要な話だと思うのでちょっと言葉を選んで話さなきゃいけないなと思ってます。

お金の話は幼稚園から教えてくれないといけないけどそうじゃないのが現状です。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けてダウンタウン松本さんが貸付表明で最大100万円を芸人さんに貸すことを表明しましたね。

それとか雨上がり決死隊の宮迫さんが串カツ田中のネーミングを買って串カツ宮迫にしたり
西野亮廣さんならホリエモンロケットのネーミング権利を購入したりしました。

その支援した自分のお金に対してそれに対して使うのなら医療機関に支援しろよという
人達が一定数います。

医療機関に支援しろってね本人は正しいこと言っているアンチ活動しているわけでは決してなくて自分は正しいこと言っているって思っているので余計にたちが悪い。

お金を使うという事は命をつなぐということですね 。

スポンサーリンク



松本人志さんの場合だと芸人やその家族ですね。
宮迫さんの場合だと串カツ田中の従業員さん及びそのご家族ですね。

西野亮廣さんの場合だとホリエモンロケットに関わっている人たちとその家族です。

先日東京都内のとんかつ屋さんの店主が新型コロナウイルスで経営が悪化して油をかぶって
自殺するというニュースがありました。

人が命を落とす理由ってコロナだけじゃなくて経済で亡くなる人もいる。

例えばキャバクラやホストクラブに入ってなかったとしても劇場に入ってなかったとしても演劇を見に行ってなかったとしてもそういったサービスをあなたが利用していなかったとしたらその先にいる人は仕事があって守らなきゃいけない会社があってお店があって従業員さんがいて守らなきゃいけない奥さんとお子さんがいらっしゃる。

そんな中でそのお金を医療寄付しろっていうのは言い換えるとあいつらの命なんかどうだっていいからっていうことになるんです。

人の命の重みを天秤にかけてるわけじゃないですか。
人間が踏み入れてはいけない領域ですよね。

可能であれば全員救いたいです。
今コロナで苦しんでいる全ての人を救えるのであればまずその方法を選びますよ 。

だけどそんな力を持ってる人間なんて地球上に一人もいない。
みんな助けることができなかった人の悲しいニュースに胸を痛めながら自分の非力さ無力さを恨みながらその中である人はカレー屋さん教えてある人は病室を支援してある人は病院に運ばれてきた患者さんを懸命に治療しある人は労働力を投下してある人は貯金を崩してお金を溶かして待っそうやって自分が助けられる範囲で頑張ってるんです。

こういう時には必ずそんなことにお金を使ってという人が一定数現れるんですけれどもそれ正義感のつもりかもしれないけどそれはほぼ殺人未遂なんてです。

自分がどれだけ恐ろしいと思い知った方がいい。

そんなことにお金を使うなっていう言葉を使うことが許されてるものがあってそれが税金の使い道です。

これに関しては皆でこうしましょうよっていう風になって今回のコロナで税金の使い道に関して議論されることが多かったですよね。

そんなことに使うなその政府の対応に対してみんな思うところがあったと思いますがそれは正しい姿だと思う税金の使い道をどうするかに関しては言っていいと思います。

ただこれをやりすぎて個人のお金の使い道にも口を挟んじゃったんだと思います。

このラインは絶対に超えちゃダメだと思います。

少しだけ冷静になって個人のお金と税金をきちんと分けて考えて議論した方がいいと思います。

スポンサーリンク



今大変な時期だから冷静でいられなくなる気持ちもすごくわかるし多分みんなももうちょっとだけニュースと距離とった方がいいと思います。
よっぽど軸がしっかりしていないと感情が振り回されて精神がどんどん削られて誤った判断をしてしまいます。

正義感で言ってしまってそれによって苦しんでしまう人を作ってしまう可能性もあるのでTwitterのタイムラインとかと距離を取った方がいいのかなという事で
お金を使うということの意味についての話でした。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました