西野亮廣エンタメ研究所オンラインサロン会員6万人突破でこれからリーダーに求められるもの

今日は西野亮廣エンタメ研究所オンラインサロン会員が6万人を突破というテーマで話していました。

キンコン西野のオンラインサロン会員が「6万人」突破!!-西野亮廣

キンコン西野のオンラインサロン会員が「6万人」突破!!-西野亮廣

西野亮廣さんがやっているオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所のメンバーは昨日で6万人を突破しました。

そこで今日はチームをまとめるリーダーは何をしなければならないのかという話です。

本題に入る前にまず現在の西野亮廣エンタメ研究所の状況をお伝えすると月額1000円の会員で中学生から80代のおばあちゃんまで幅広く入会されています。

一番多い層は20代30代40代の男子です。
男女比は男性が65%女性が35%といったところです。

起業家さんとかが多めではありますが絵本とかも書いているので主婦の方も多いようです。

オンラインサロンのメインコンテンツは 基本はメルマガです。
毎日朝2000文字から3000文字ほどのメルマガです。

スポンサーリンク



ROM専と呼ばれるだけの読みものとしてサロンを楽しんでいる人と西野亮廣さんは国内外で個展やイベントもやっているのでその時にスタッフを募集することもあればPVで映像をお金を払ってお願いすることもある。

特別な体験でいえばエッフェル塔の個展スタッフはお金を払ってスタッフをして頂く場合もある。

世間的に理解がされないのは最後のお金を取って働いてもらうですね。
お客さん側からするとお金を払って働くって凄いブラックな労働環境ですね。

分かりやすい例でいうとお金を払って火をつけて肉を焼いてるバーベキューをなんかはお金払って働いてる事になるともいますがそれのもっと面白いやつです。

東京タワーで個展をした時も夜中の東京タワーの中で作業するって人生で一度しか経験できないことですからね。

凄く思い出に残る経験なんです。
だからこういうのを募集するお仕事は仕事の取り合いになるんです。

これからの時代は国民総発信時代になってくるので面白いことをしているってのは何事にも代えがたいことになってくるのでお金を払ってそういうことをするっていうのは2~3年後には当たり前の時代になってくると思います。

最高のブランディングになりますからね。

西野亮廣さんは仕事を発注するときはもうサロン内にしか発注しないようになりました。
毎朝2000文字から3000文字の記事を共有している間柄なので仕事を外注するときに世界観のすり合わせや意見のすり合わせみたいなのがいらない。

西野亮廣さんの会社のインターン生を募集する時もサロン内で募集かけて決めました。

えんとつ町のプペルのカバーPVだとか今テレビでも流れているキャリオクのCMとかサロン内のお仕事なんです。

最近は広告代理店みたいな仕事の依頼も増えてきて企業さんと組んで行うこの広告を仕掛けをどうするかとかもサロンメンバーと共有している。

オンラインサロンの売上からみんなの胸が踊る挑戦や支援をさせてもらっていて例えばホリエモンロケットの支援とかブロードウェイミュージカルには毎月50万ベーシックインカムで支援している。

この人の場合は毎月1000円を払って毎月50万円支援してもらっているって形ですね。
でもこれは多くのサロンメンバーの胸を躍らせてもらっているので毎日のメルマガの厚みを増すための必要経費として捉えています。

最近暑いのは鍵垢で実名登録のツイッターですがこの辺は説明が難し野でこの辺にしておきます。

というわけで西野亮廣エンタメ研究所のサロンメンバーが6万人を突破したのですがではこの中で西野亮廣は何をしているのかというと一番努力している。

シンプルに労働時間が一番多い。
毎日平均19時間労働している。

ただリーダーなんだから当たり前という感覚で頑張っている。
これまで必要なのは腕力だと思っていたけども腕力でいけるのはせいぜい2万ぐらいです。

言い方を変えると腕力で魅力を感じるのは2万人が限界です。
そこから今の自分に何が足りてないんだろうと自問自答する日が始まって今に至るわけですが最近になってようやく見えてきた万人規模のチームをまとめるために必要な力が何かって言うと一人一人の人生を創造する力です。

サロンメンバーの数は6万いますがそこには一人一人の人生が6万通りあるいうことですね。

そう考えると夜中の3時であろうと4時であろうと宮城県で震度4の地震がありましたっていう情報が入ったらもう秒速で安否確認を取る。

宮城県のサロンメンバーにも守らなければいけない家族がいるし食料がないのかとか何が足りないかとかを聞いてその上で自分が出来る限りのことを全てやる。

スポンサーリンク



よくオンラインサロンは不労所得のように言われますが全くそんなことはなくて普通の人なら1日持たないと思います。

期待されながら人の人生を負うことはそれなりに重労働です。

最近はコロナでみんなちゃんと食えているのかとか心配なんです。

ただ6万人にもなると1人でチームをまとめることができないです。
6万人でまとめなきゃいけないからその時まず西野亮廣さんが6万人に対してその姿勢を見せないといけない。

大きなチームのリーダーに必要なのは一人一人の人生を徹底的になんならもう寝てる時も創造し続けるっていう結構泥臭い作業だと思います。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました