Google創業者ラリー・ペイジの生い立ち

【偉人伝】Google創業者ラリー・ペイジ前編!スティーブ・ジョブズやジェフ・ベゾスを超える天才!?謎に包まれたITの申し子を知れば未来が分かる!

グーグルの創業者ラリー・ペイジについて生い立ちを動画で解説してました。

グーグルはみんな知ってるけどラリー・ペイジについては
意外と知られてないですよね。

なぜラリー・ペイジがあまり知られてないのかも
解説してました。

おすすめの本
ラリー・ペイジ


ラリー・ペイジのは人工知能の教授ではプログラミングの先生だったようです。

だから凄いサラブレットですね。

5歳からパソコンを触り初めて6歳から絵本を読みながら
パソコンに打ち込んでいたようです。

小学生になると宿題をパソコンで打ち込んでプリンターで
出力して提出したようです。

当時はプリンターも珍しい時代だったからかなり驚かれたようです。

スポンサーリンク



まだ当時は先生も活字で書き込んでいる時代なのに
子供の頃から最先端だったようですね。

12歳の頃に泣いた本があるようです。
その本がニコラ・テスラの伝記で泣いたようです。

おすすめの本
新書765知られざる天才 ニコラ・テスラ (平凡社新書)


エジソンよりも凄い人と言われているようです。
エジソンは発明家と言うよりも商売上手で本当の
発明家はニコラ・テスラと言われていたようです。

アイデアだけでは意味がない。
ビジネスとして世界中に届いて意味があると悟ったようです。

それが12歳の子供の時ですからね。

大学はスタンフォード大学でセルゲイ・ブリンと出会い
グーグルの創業するようです。

グーグルの語源はgoogolで10の100乗という膨大な数の単位があるようです。

これは膨大なデータに誰でもアクセス出来る時代という
意味がグーグルの名前の由来になっているようです。

当時は検索エンジンもキーワードが多ければ多いほど
上位表示されていたようです。

それをリンク数が多いのを上位表示するように検索革命を
起こしたようです。

信用度が高いサイトを上位表示するシステムですね。
良い仕組みは作ったけどどうすれば売れるだろうと考えたようです。

それでどうすれば売れるだろうと考えアフィリエイトという
システムを作ったようです。

これをやったことで検索と言えばグーグルという定着されていったようです。

ここからは後編です。

スポンサーリンク



【偉人伝】Google創業者ラリー・ペイジ後編!リアルパーフェクトヒューマンが見据える未来とは?

ラリー・ペイジ生い立ちの後半部分を動画で解説していました。

ラリー・ペイジは27歳の時にグーグルが世界最大の検索エンジンに
なったようです。

グーグル創業から2年で検索エンジンのトップって凄いですよね。

でも28歳でCEOを退くようです。

この退く理由が当時検索エンジンのトップになったけど
まだ儲けていなくて25億円の資金調達に成功はしたけど
その条件がCEOが若すぎてエリックシュミットという人を
CEOにしたようです。

画像検索や予想キーワードサジェスト機能も付けて
そこから怒濤のようにサービスを扱うようになる。

Gmailもその一つでこのGmailは登録者には1GBプレゼントという
衝撃があったようです。

さらにグーグルマップやグーグルアースにアンドロイドも
買収して大きくなったようです。

さらに33歳の時にユーチューブを買収します。

38歳でCEOに復帰して42歳でグーグルの親会社のアルファベットのCEOにもなる。

ラリー・ペイジが小競り合いがないのはプライベートな部分を
隠すからのようです。

今はカリブ海に島をもってそこにいるという噂があるぐらいで
出てこないようです。

出資してる会社には空飛ぶ車や宇宙鉱物とかかなり先のことに
出資しているようです。

検索システムを作った人なのにその作ったラリー・ペイジ本人の
情報はあまり知られていないようです。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)