SNS依存の心理とSNS中毒のチェックとシェアされやすい5つのポイント

あなたは大丈夫?SNS中毒テスト~ベルゲン大学のSNSで仕事や恋愛をダメにする人そうでない人を見分けるテストというタイトルでメンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

ユーチューブの動画でも紹介してます。

どうやってSNS中毒を解消するか?

ただ距離を置きたい人には一緒にいるときに積極的にSNSを使うと
嫌いになって貰って勝手に離れてくれる。

カップルの良くないとこは時間が経過するとあまり報告しなくなるから
自分の知らないことをSNSに投稿したりしてそれを見て嫉妬して
別れたりする確率が上がるようです。

若い人はSNSをやっても幸せにならない。

学生とかなら親に自分の行動を見られてしまう。

ビジネス的には使えたりする。

40代以降で60代以降になるとすごく幸せになるようです。

リコネクティングの機能とかで昔の友達とかに会えたりする。

スポンサーリンク



SNS中毒かどうかのチェック

全くない、たまにある、ある、よくある、とてもよくある
この5段階でチェック

1.SNSについて考える時間が多い?

2.個人的な問題を忘れるためにSNSを使うか?
ゲームも友達と一緒にログインするやつはSNSとカウント

3.SNSを使いたい衝動が最近増しているか?

4.SNSの利用を急に2~3日止められたら落ち着かなくなるか?

5.SNSの利用は仕事や勉強に悪影響を及ぼしてると思うか?

6.SNSの利用を減らそうとしてうまくいったことがないか?

これについてよくあるかとてもよくあるにチェックしたのが
4つ以上あればSNS中毒状態です。

SNS中毒の怖いことが中毒になっても気付かないことです。

SNSを上手に使えば幸せになれる。

ツイッターの裏アカウントを使う人はビジネスで使う人以外はかなりヤバイ

注意力が分散して鬱になる確率が3倍以上になるようです。

目の前の人と話しててもSNSが気になってしまう状態になるようです。

Hootsuiteというアプリが同時に複数のSNSアプリを管理出来て
DaiGoさんも使っているようです。

無料でも出来て内課金とかでもいろいろ機能が増えたり出来るようですね。

Hootsuite

Hootsuite

Hootsuite Media Inc.無料posted withアプリーチ

けっこう古いサービスのようだけど無料のアプリでおすすめのようです。

SNSを使うときに自分と他人を比較する人は鬱になる確率が2倍になる。

他人が持ってない物を見つけるのが大事なのに
他人と比べても良いことが何もない。

昨日の自分を超えていくことが大事。

スポンサーリンク



SNSたくさんシェアされやすい5つのポイント

1.価値や行動の変化を促すもの
3秒で果物の皮がむけるよとかのハウツーでもいい。

2.アイデンティティーを確認出来るもの
自分はこういう人間ですよというのが確認出来る。
IQテストのシェアとかでのアピールとか。

3.対人関係を促進するもの
ついついコメントしたくなるもの申せるツイートとか
日本のサッカーのポーランド戦で時間稼ぎはどうなのかとかのツイートとか

ホリエモンとかはこういうのに狙って炎上させたりしている。

4.自分の価値を認識させるツイートとか
話題のゲームをやってみた結果とか
社会に価値を与えられるようなツイート

5.科学的なニュースとか難しいものを分かりやすく伝える
これもDaiGoさんが得意分野ですね。

ネガティブな方がポジティブなツイートより7倍見られる。
でも拡散されない。

ネガティブな人間と見られたくないから拡散されない。

なのでネガティブからポジティブにひっくり返るツイートがベスト

ビリギャルが慶應に入るからビジネスになる。
普通の人が慶應に入っても話題にならない。

ツイッターは20%がインフォーマーで80%は自分の事をつぶやく
ミーフォーマー。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)