部屋の片付けのコツ断捨離の方法ズバリ!

メンタリストDaiGoさんが部屋の片付けに関して
ニコ生で放送してました。

スポンサーリンク



意志力を最大化するのクローゼットのルールとは

マークザッカーバーグやスティーブジョブズが有名ですよね。
毎日同じ服だから選択肢がなくなりますからね。

そこまでする必要は無いけど
ハンガーを限定すると良い。

まず残す数を制限する。
セットアップでハンガーに掛けておく。

週末とかに自分が着る服を決めて
セットしておく。

毎日同じ服だと痛みやすいので結局服買わないといけないから
3着から5着は有った方が良い。

高級な服と着やすい服に限定する。

1週間分のワードローブで充分です。

最大でも1週間分の用意で充分。

クローゼットも半分は秋冬で半分は春夏とかに
セットしておくと良い。

1イン2アウトの法則が良くて
1つ購入すると2つ捨てる感覚が持てるようになると
余分な物を購入しなくなる。

衣替えにかかるコストをなくす。
ここからは有料放送ですがDaiGoさんのオススメアイテムだけ紹介しておきますね。

日用品の統一でいろいろな物を買うより少量のいいもので統一する。

TRANPATRAN今治産ライフタオルバスタオルを
DaiGoさんは使っているようです。


ちなみに枕としても最適ですよ。
枕はタオルが高級一番なんです。

洗濯もしやすいですからね。

種類が減れば管理が楽になります。
統一感がもたらす綺麗さがいいですね。

部屋を片付けれない人は断捨離も苦手だと思いますが動画でも紹介してました。

捨てれないものあっさり捨てる心理テクというタイトルで
メンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

物を捨てることで決断をするトレーニングをする。

なんとなく捨てれず家にある物って誰でもありますよね。

スポンサーリンク



入らない物を寄付してねと言ったグループと入らない物を写真に撮ってから
寄付してねといったグループでは明らかに撮影することで手放す確率が上がったようです。

つまり思い出は捨てれないけど写真とかに撮ることで証拠を残せるから
アルバムと同じで記憶を保存出来れば良い。

そうすれば捨てることが出来る。
つまり断捨離が出来ると言うことですね。

賞状とかは成果を出したという自尊心がそこに込められている。
物の記憶さえ残せる状態にしておけば断捨離が出来る。

本当に大事な親の形見とかは捨てなくても良いと思うけど
そこまで記憶だけで十分かなぁと言うものはありますよね。

物を捨てることで決断力も高められる。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)