通勤時間やスマホが幸福度や不安を与える理由

通勤通学時間が長いと起きる5つのヤバいことというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

お金はある一定を超えると幸福度は高まらない。
人間関係に使った方が良いようです。

通勤も実は深く関わってるけど意外と知らない人が多い。

通勤時間も幸福度と関係している。

通勤時間が往復で45分を超えると離婚率が40%も上がったようです。

単純に夫婦間のコミュニケーションが減るからなのか
具体的な理由は分かってないようです。

日常生活の満足度が減ってしまうのかもしれないですね。

自転車とかならまだ分かるけど満員電車とかだと満足度に関係するかもしれにですね。

日本の通勤時間は平均で1時間17分往復で掛かっているようです。
それにより睡眠時間や運動時間も年間で73時間ぐらいなくなってるようです。

スポンサーリンク



通勤の辛さは年収が40%アップしないと割に合わないデメリットがあるようです。

通勤時間が長いと離婚しやすい
通勤時間が長いと不安症になりやすい
通勤時間が長いと肥満になりやすい
通勤時間が長いと運動しない
通勤時間が長いと睡眠時間が減る。

この5つのデメリットがある。

電車の中で寝ても夜の睡眠の質も悪くなるからあまりよくない。

時間に関する放送はニコニコでも放送しているのでと終わってました。
もちろんこちらの記事も書いてます。
メンタリストDaiGoが超時間術の本を解説

漠然とある不安や焦りの正体とはというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

不安には原因が分かってる不安と正体が分からない不安がある。

漠然とした不安はなかなか対策の仕方が難しい。

漠然とした不安はマルチタスクで一点に集中出来なくて
メール見たりSNSやゲームやテレビとかいろんな事を考えてしまい
その原因があるようです。

ネット断食すると解放されたりするがネットを使う時間とかを
制限した方が良い。

このマルチタスクはワーキングメモリーがダメージを受けて
刺激を求めやすくなり誘惑にも弱くなる。

瞑想とかしてもスマホとかにハマると効果は半減してしまう。

ゲームにハマってる人ほど社会的に不安を感じやすくて鬱になりやすかったようです。
さらに攻撃性も高まったようです。

ゲームは何も残らないのではなくていろいろ奪われていく。

インスタグラムとかはいいような生活ぶりを見せてるので
それを見ることによってみんな良い生活しているなと嫉妬が増していく。

スポンサーリンク



SNSやゲームは無駄なことだと分かっているのにやってしまうので
それによる不安も増幅されていく。

家に帰ってからもスマホをいじってると仕事のストレスが回復しない。

一つの作業に集中する時間が必要。

お金を払って見る価値がないものは無駄な物。
お金を払う価値のある物に時間を作る方が良い。

マルチタスクをやめてシングルタスクを出来るための放送も
ニコニコでやってるのでと終わってました。

もちろんこちらの記事も書いてます。
集中力を最大化し、人間関係までよくなるシングルタスク入門

メンタルを操る自撮りテクニックというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

自撮りはメンタルを操ることが出来るようです。

自分が笑ってるとこの自撮りやハッピーな気分になれそうな物を写真に撮ったり
誰かが喜んでくれそうな物を写真で撮って送ってもらった場合に全て幸福度は上がったようです。

自撮りは自信がアップして日常生活が少し快適になったようです。

自分が幸せになれる写真は感謝の気持ちがアップしたようです。

他人が幸せになれる写真はストレスが減少する効果があったようです。

でも自撮りをSNSにアップしまくっている人はサイコパスやナルシストが多いようです。

スポンサーリンク



サイコパスやナルシストの自撮りの特徴は他人の評価を求める自撮りをするようです。

メンタルを鍛えるためにはやはり瞑想なのでこの瞑想については
ニコニコでもやってるのでと終わってました。

もちろんこちらの記事も書いてます。
瞑想の科学#1 脳を鍛える瞑想の基本とその効果 

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)