説得力のある人の特徴や話し方や言葉とは

説得するだけ無駄な人の見抜き方というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがユーチューブに動画をアップしてました。

何回説得したら態度を変えないのか?

なぜ説得出来ないのか?

説得出来る人に時間を作っていく。

4回説得してのやりとりして意見を変えなければ
意見を変える可能性は0のようです。

4回やって態度を軟化してきたら可能性はある。

スポンサーリンク



説得させやすい具体的な話し方

即答で相手の意見を切り返せば相手が意見を変えやすいから説得しやすい。

大勢で説得した方が意見を変えやすい。

相手が使う言葉と違う言葉遣いをした方が意見を変えやすく説得しやすい

穏やかな言葉を使った方が説得しやすい。

例え話を増やせば増やすほど相手の意見を変えやすく説得しやすい

断言せずにこういう事もあるよねと柔らかく言うと説得しやすい
断言されるとそうでないこともあるのではないかと思ってしまう。

トーンも弱くなって受け入れやすくなる。

相手を言い負かすのは論破で説得ではない。

極端な言葉を言うと説得しずらい。

最悪とか最高とか間違いないとか圧倒的にとか言う人は
ボキャブラリーが少ないと思われる。

スポンサーリンク



4回説得して納得しない人は相手にしない。

説得のテクニックはこちらの動画でも紹介してますと誘導してました。
もちろんこの記事も書いてまとめてます。
交渉術の本でおすすめをメンタリストDaiGoが!

余談だけどDaiGoさんが高く評価してる再生リストに
レイチェルクックの動画があったw

どんだけ好きやねんw
DaiGoさんの妄想彼女でした。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)