話し方のコツとおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

すべらない人になるための話し方というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコ生で放送してました。

一番退屈なのは同じ話を聞かされることで、自己中に見えてしまうそうです。
話に対してもバリエーションが大事。

スポンサーリンク



話し方の上手なコツ

決めつけや断定発言で魅力は損なわれます。
選択肢や可能性を提示するように話すようにする。

相手に選択を与えながら話してあげると良い。
おすすめは2択か3択のようです。

専門家とか自分が上の立場の場合は断定的が良い場合もある。

断定が相手の権利を奪ってしまってたら駄目。

カウンセラーの実験で分かったこと

あなたが笑えば相手もつられて笑う
誰かにつられて笑うことが多い。

テレビとかでもわざと笑い声を編集で入れてるのはそういう事です。

叱ったり文句を言うのは月曜の朝より金曜の夜の方が良い。
なぜかというと自分が気分が良いときに怒られると素直に受け入れられやすい。

どうにもならない反論ではなくて未来を変える提案をする。
否定するのは簡単だけどどうするのか言えないと文句を言う権利がない。

スポンサーリンク



話す相手で使い分ける話し方のコツ

人間関係は茶目っ気のあるいじりバンテリングで深まる
大阪の人が馬鹿と言われるとむかつくけどアホといわれると受け入れられる。

ポジティブな人は褒められた時に72%が相手を好ましく、
ネガティブな人は否定的な発言を受けた時に78%が相手を好ましく感じる。

なので褒めながら意見を言うかだめ出しをしながら意見を言ってみるとか
話し方を使い分けてみるのが大事ですね。

大きい声を出して笑う人は口元だけの人より仲間から受け入れられやすく
リーダーシップ力も高いようです。

自分には正直に、他人にはちょっと嘘をついて伝える。

相手の瞬きの数を数えると、手を見ているよりも愛情を感じる。
目を見るので興味を感じてるように思われる。

努力はしてないですが仕事はうまく行った、という人は逆に廻りから嫌われる。

勉強とかもそうですよね。
努力してないけどいい点数取れたって人は嫌われやすいですよね。

努力を人に見せなくて良いけど努力を否定しない方が良い。

ギャグをするんだったら自虐ネタが一番良い。

憎めない人は上手に自虐ネタを使う。

今度ホリエモンと人狼について対談放送するらしい。

DaiGoさんが入ると人狼ゲームでなくなるらしくて
なかなか公式の場には呼ばれないらしい。

ちなみにDaiGoさんはバイ説というのをwikiにのってるけど
人類みな基本的にはバイと言ったのが元になったようです。

平均思考は捨てなさいという本を最後に紹介してました。

おすすめの本
平均思考は捨てなさい

平均思考が人間の可能性をなくしているという
ハーバード大の心理学者ですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)