記憶定着に効率的なインターリービング睡眠勉強法とおすすめの本

記憶をガッツリ定着させる勉強後にすべきことまとめ
というタイトルでメンタリストDaiGoがニコニコで放送してました。

記憶を定着させることと定着した記憶をどう使える知識にするかが大事

学んだ知識を活かせる人と活かせない人の差が激しすぎる。

記憶を定着させて応用してひらめきまで発展させるのが大事。

上手に運動や休憩で脳を使わない状態にすると
記憶が定着しやすいです。

ご褒美付きの昼寝をすることで学習効果がアップするようです。

スポンサーリンク



神経衰弱の記憶テストで
記憶した後に90分の休憩と90分の昼寝と
休憩とその後に景品と昼寝の後に景品と分けてテストしたようです。

これをした後に3ヶ月後に再度抜き打ちテストをしたようです。
そうするとご褒美付きの昼寝が一番効果が高かったようです。

勉強もせっかく一生懸命覚えたのに忘れてるとつらいですよね。
これを昼寝とご褒美で効果が上がるなら絶対にやった方が良いですよね。

ご褒美はクッキー1枚とかなんでもいいですよ。

インターリービング睡眠
このインターりービング睡眠はものすごい効果があったようです。

インターリービング学習は集中して勉強するのではなくて
分散学習ですね。

今回のインターリービング睡眠は簡単に言うと夕方に始まり朝に終わる勉強法ですね。

勉強の仕方もランダムに行うと良い。

例えば数学20分ではなくて数学・社会・英語を20分でランダムに勉強
というような感じですね。

細かい時間に分けて脳を飽きさせないようにしていく学習法ですね。

これに睡眠を掛け合わせたものがインターリービング睡眠です。

2016年のリオン大学というフランスの大学での研究で
アフリカとかで使われてるスワヒリ語を勉強してもらったようです。

恐らくフランスの人だから誰も知らない言語ですね。

この大学で朝と夜に2回に分けて勉強してもらったグループと
夜に学習したら一度睡眠をとって朝に残りの単語を勉強してもたっらグループです。

これで分かったことは夜勉強して間に睡眠を挟んだグループが
圧倒的に成績が良かったようです。

50%も成績がアップしたようです。
さらに短時間でも効果が高かったようです。

だから夕方から初めて朝に勉強するスタイルが一番効果があるようです。

だからこのインターリービング睡眠は圧倒的に効果的な学習法ですね。

スポンサーリンク



インターリービング睡眠で脳に定着しやすくして朝に勉強することで
分かった状態で応用問題とかも解けるようになるようです。

クロノタイプは関係なくて間に睡眠を挟めば効果があるようです。

DaiGoさんも実践していていたようです。

インターリービング睡眠復習する時間も減る学習法のようです

ポモドーロテクニック
短時間で休憩をとるテクニック
15分本を読んで3分休憩するとかです。

DaiGoさんの場合は森の中を本を読んで歩きアラームが鳴ると
本をしまい自然を見ながら何も考えず歩くようです。

集中とリラックスを繰り返すのが良いようですね。

これは自分なりのやりやすい時間でいいようです。

5:1ぐらいの割合がよさそうですね。

ちなみに森は一般の人が入れない森のようです。
超効率的!勉強時間を最小化するライトナー法とは?というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

今回は勉強本という事でおすすめの本も紹介してました。

おすすめの本


竹内 龍人 の 進化する勉強法: 漢字学習から算数、英語、プログラミング

単語帳の効率的な使用方法についての解説をしてました。

同じ単語帳を何回もやっても覚えてるのと覚えてないのが出てきて
既に覚えてるのは何度もする必要が無い。

これはライトナー法と言ってライトナーさんが推奨している
単語の覚え方です。

まずは3つのクリアファイルを用意して最初はAのクリアファイルに全て入れる。

スポンサーリンク



Aの単語帳で正解したらBのクリアファイルに入れる。

さらにBに入ってる単語帳を見て正解したらCのクリアファイルに入れる。
逆にBで間違えるとAに戻してあげる。

ファイルを分けて上げる事で勉強する期間を分けてあげる。
Aのファイルは毎日勉強する。

Bのファイルは3日経ってから勉強する。

Cのファイルは1週間おきに勉強をしてあげる。

こうすることで効率的に勉強出来ます。
覚えてる単語を何度も勉強する手間が省けますね。

ちなみに分散学習帳というアプリもDaiGoさんの弟が作って
効率的に復習するべきタイミングで問題が出てくるような物を作ったようです。

今後DaiGoさんの有料会員限定の効率的な勉強出来る昨日も付けるようです。

実は非効率なやってはいけない勉強法5選というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

学校で勧めてる間違った勉強法もあるようですね。

1.本や参考書にアンダーラインは意味がない。
脳に情報を定着させるには効率が悪い勉強法のようです。

もっと自分の中で整理してフラッシュカードみたいに作ってあげた方が良い。

単語帳はDaiGoさんの弟がアプリを作ってますよね。

記憶を定着させるのに効果的なアプリで分散学習帳で問題カードを作り
一番良いタイミングで復習出来るように設定されている。

2.音楽も悪影響しかもたらさない。
気分が良くなる音楽も集中したやりきったと脳が勘違いをする。

勉強の効率は下げているだけ。

スポンサーリンク



3.スマホは通知も切っておく。
スマホは集中力が落ちる原因になる。

スマホが目の前にあるだけでも気になったりするので駄目。
自分の視界から消す。

4.徹夜も良くない。
たった1日徹夜するだけでも4日間悪影響があるようです。

だからテストの最終日に1日だけ徹夜ならまだましだけど辞めた方がい。

5.座って勉強するのも良くない。

子供を対象にした研究でもスタンディングデスクで勉強して貰った方が
12%勉強効率が上がったようです。

やる気は座ってるよりも立ってる方が出る。

勉強の効果を最大化する5つのチェックリストというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

いろんな勉強法は有るけど効果が出やすくする方法を解説してました。

1.勉強は1回のセッションで30分までに絞る
覚えた脳を記憶にするには少し時間をおいた方が良い。

大量の情報はまとめられない。

30分集中して勉強して何もインプットしない時間を少し入れてあげると
記憶に定着しやすい。

2.セッション毎に明確なゴールを決める
テーマを決めてあげないと人間の脳はうまく働かない。

細かいゴールを沢山作ることで達成感も上がってくる。
常に成長を感じる30分にする。

3.サンクチュアリを作る
聖域ですね。

誰にも邪魔されない環境ですね。

自分の視界に余計なものが入らないようにする。

決まった時間に決まった場所でやることで脳も働きやすい。

スポンサーリンク



4.教えるつもりの勉強法

他人に教えるつもりで勉強する。
教える側に立った方が情報を整理しやすくて記憶に定着しやすい。

これを上手に使った活用法としては片方がAとBを覚えて
もう片方がCとDを覚えてお互いに教え合うと両方効率よく覚えることが出来る。

教えることで記憶に定着するからDaiGoさんもニコニコやユーチューブに
動画をアップしてますしね。

5.テスト
人間はアウトプットするときに記憶に定着する。

テストに効率が良いのがDaiGoさんの弟が作ったアプリで分散学習帳ですね。

問題と解答をセットすることで効率よく忘れかけた頃に問題を出してくれます。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)