自己開示と信頼出来る人の見分け方におすすめの本

裏切られない人間関係を作る、正しい「自己開示」の作法というタイトルで
メンタリトDaiGoがニコニコで放送してました。

自己開示は相手の情報を引き出すために使う物だけど
自慢になったり勘違いしている人が多い

動画でも30分ほど自己開示について解説してます

相手の引き出したい情報を得るために自分の自己開示をする。

スポンサーリンク



SNSが自己開示させ親密になる最強のツールな理由とは

直接会うグループとLINEとかのテキストだけで会話のグループと
電話とかの音声での会話のグループで検証したら
LINEとかのテキストベースの会話が一番信頼関係を築けたようです。

DaiGoさんもよく企業をコンサルしますが上司が部下の
話そうとしてることを潰そうとしてることが多いようです。

つまりなんなのと直接だと重要な部分を聞き出せなかったりする

SNSのテキストベースだと自分の言いたいことが整理してちゃんと言える。

直接会うと安心感はあるけどテキストベースの方が良い。

テキストベースの方がお互いに自己開示の量が増える。

対面だと相手の反応を見てしゃべるので自己開示が出来なくなる。

つまり自分を偽ってしまう。

そうなると不安になる。
そして他人も自分を偽ってるのではないかと不安になる。

占い師はお互い利害関係がないから何でもしゃべってしまう。
つまり自己開示しまくる。

久しぶりに連絡取った相手にお願いしても信頼関係ないから
何だよ急に連絡取ってきたと思ったらいきなりお願いしてきて断られる。

テキストの方が時間をおいて送れるので正しい情報を送れる。

スポンサーリンク



信頼出来る人の見分け方
縁を切るべき人、信頼できる人の見分けかたというタイトルで
メンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

人間は手に入れる事より失うことの方が怖い。

身体的な特徴をからかう人は切った方が良い。

友人やパートナーに太ってると指摘するとかえって太るという研究が出ている。

太ってる人が最近太ったねと言われると半年後に2.5キロ
最近痩せたねと言われると半年後に0.5キロ痩せたという研究結果も出ています。

誰と付き合うかで体型も変わる。

良いことを言う人だけと付き合うのではなくてネタにしてからかう人は
縁を切った方が良い。

自分で変わろうと気付かせてくれる人は大事。

太るとやる気までなくなる。

良い人間関係を作るにはたくさんの人間と繋がる必要がある。
そしてそこから友達関係を切っていく必要がある。

信頼できる相手か見極めるのにおすすめの本をDaiGoさんが以前紹介してました。

おすすめの本
ルシファー・エフェクト ふつうの人が悪魔に変わるとき

めちゃくちゃ分厚い本です。
人がどういう風に豹変するかを書いた本。

おすすめの本
心の中のブラインド・スポット: 善良な人々に潜む非意識のバイアス


これを読めば人間関係がうまくいくのではないかという本

おすすめの本
信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実
デイヴィット・デスティノ

いい意味でヤバイ人と悪い意味でヤバイやつのたった1つの違いとは

成功するヤバイ奴と失敗するヤバイ奴の違いは何なのか?

役に立つサイコパスと役に立たないサイコパスの違いのようです。

良い意味では消防士やライフセーバーとか外科医に多いようです。

外科医なんかは痛みを感じるタイプなら手術を出来ないですよね。
良い意味で感情に鈍感である必要があります。

良いサイコパスと悪いサイコパスの違いは社交性のようです。

スポンサーリンク



社交性を身につけたサイコパスは最強のようです。

自己中心的で仕事のコントロールを出来ないサイコパスは駄目。

良い意味で成功するサイコパスは自分の感情にも鈍感になれるから
嫌いな奴でも仕事が上手くいくならと仲良くするフリが出来る。

同僚からみて面倒くさい奴と思われたら駄目。

社交スキルがあるサイコパスが良いと言うことですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)