自分への甘さを断ち切る為にメンタリストのDaiGoおすすめの本

自分に甘いと思っている人はどれくらいいると思いますか?

これは40年の調査で全体人口の95%以上
自分に甘いと解答してます。

メンタリストDaiGoさんのニコ生での
アンケートでも高かったですね。

動画でも少し紹介されてます。

全人類の20%は決められない性格だと言われている。
今すぐやろうと思っても50%の確率で先延ばしにしてしまいます。

でもこれはみんな一緒なんです。

女性の方が意思決定能力が高いと言われています。
なので女性の直感に頼ると言うことは意外と大事です。

明日から本気出すという人はドーパミン中毒です。

人間は自分に甘くなるものです。

どうすれば先延ばしせず出来るのか?

それは自分への甘さを認識していてどう克服していくかです。

まず2週間自分の行動を記録してください。
睡眠時間も記録してください。

この記録する期間は自分に甘くしてください。

これを記録するのにおすすめのノートは

これはノートがお品書や巻物のように
ノートが開けるようになってます。

そうすると自分に甘くなる時間帯が分かります。

誘惑に負ける対象がお菓子とか甘いものなのか?
それとも仕事をサボってしまうのか?

ダイエットにもいいですね

例えばお菓子に負ける時間が昼の場合は少し伸ばします。
誘惑を先延ばしにします。

それが出来るようになったら今度は量を減らします。
ただ完全に0にすると反発で1.5倍とか2倍求めます。

なので誘惑をコントロールすることが大事です。
誘惑に負ける周期が分かっていたら対策できるんです。

誘惑に負けやすい時間に予定を入れてやるのも方法です。

延期すればするほど量が減ります。

脳を操る腸科学も面白いですよ。
脳を操る腸科学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!
スポンサーリンク



先延ばしで満足度アップ

デザートを食べる量を減らす方法
デザートを食べるとこを想像してもらったグループと
デザートを食べないと誓ってもらったグループ
デザートを食べても良いけど先延ばししたグループ

この3つのグループで実験してみました。
そうすると面白い実験結果が出ました。

デザートに対して我慢する辛さを数値化する調査をしました。

もちろん食べちゃいけないと決めたチームはつらくなります。

そして食べることを想像してもらったチームは
目の前のことに集中できなくなります。

後で食べても良いと決めたチームは目の前のことに
集中できるという調査結果が出てます。

誘惑を延期するだけで意思力が鍛えられ
満足度や幸福度が増すことが分かってます。

人生を楽しむことは楽しみを延期することなんです。

例えばジムで今日は8キロ走ろうと決めたとします。

でも5キロくらいでつらくなって辞めて明日は今日の分も頑張ろう
と思う人は要注意です。

サイコロジストといってまさに5月病になる人です。

これは自分が悪いのではないのです。
目標が悪いのです。

コツコツと出来る事からやっていくのが大事なんです。

投資家のウォーレンバフェットがなぜ人はつまづくのか?
それは階段を飛ばしていこうとするからつまづくのだ。

1歩1歩歩いて行けばつまづくことはないといってます。

誘惑に負けそうになったら
なぜそれをするべきなのか?

答えを3つ書いてください。

未来から自分を見つめることが大事です。

自制心が高まる事が分かってます。

スポンサーリンク



他人の力を使う方法

例えばタバコを辞めたい場合は
1ヶ月後にタバコを吸っていたら
預けてた1万円あげる。

そんな感じで信頼できる相手に
お金やものを預けましょう。
DaiGoさんがおすすめしてました。

そうすることで達成度も上がるし
お金を返してもらっても気持ちは
持続しやすいのでおすすめです。

ここで最後にメンタリストDaiGoさんの
自分への甘さを断ち切る為の
心理学におすすめの本です。

おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)