脳を操る腸科学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

メンタリストのDaiGoさんが腸科学に関する
放送をニコ生でしてました。

腸の進化した形が脳ではないかと言われてる。
腸と脳の両方が物を考えていると言われてる。

腸の方が第一の脳とも言われてる。

マイクロバイオータ:腸内細菌群
マイクロバイオーム:人の遺伝子を補う腸内細菌の遺伝子群

アレルギーは免疫の調整がうまくいってない。

花粉症とかも途中からなった人は腸内細菌の調整で
治ったりする。

マイクロバイオータはヒト遺伝子の100倍

オリゴ糖とか植物繊維などのMACをどれだけ摂取するか。

スポンサーリンク



母乳に含まれるヒトミルクオリゴ糖
粉ミルクでは出来ない。

毎食別に母乳で無くても良いが夜だけとか
たまに母乳は飲ませた方が良い。

おすすめの本

おすすめの本

おすすめの本

おすすめの本

こういったマイナーそうな本を紹介する辺り
DaiGoさんらしいですね。

おすすめの本

抗生物質の投与でマイクロバイオータは壊滅し耐性菌が出現する。

腸内細菌が多いと弱い悪玉菌が繁殖できない。

自己糞便移植といって海外では健康な時のマイクロバイオータを
病気になったら移植するようです。

シクロホスファミド:腸内細菌による免疫系の刺激でがんも治る

マイクロバイオータを若く保つ食事

短鎖脂肪酸の増加により抗炎症作用を働かせてくれる。
脳腸軸:脳と腸をつなぐホルモンによる神経伝達

食事・運動・社会ネットワークによる細胞の交換

マイクロバイオームによる遺伝子の調整

帝王切開で生まれても母親由来のマイクロバイオータは移植できる

抗生物質では無くプロバイオティクスで予防

ガーデニングやペットを飼うことで微生物が補われる

いつもより30%多めの植物繊維、低カロリー、果物と穀物

健康についての放送意外と少ないんだけど
ファイトケミカルについての放送もおすすめですよ。
ファイトケミカルにおすすめの本をメンタリストDaiGが!

スポンサーリンク



トリメチルアミン・N・オキシド対策:赤身肉はほどほどにする。
心臓疾患のリスクを高める。
鶏肉は大丈夫、羊も赤身肉が少ないので大丈夫。

悪玉菌の餌、動物性飽和脂肪酸を減らす

発酵茶、コンブチャ

食物繊維は男性38gで女性26g

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)