睡眠の診断で質を上げる方法

最も集中できる時間がわかる!4つの睡眠型診断をやってみる
というタイトルでメンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

朝型と夜型の根拠はあるようです。
実際は4つのタイプがあるようです。

ドクターミシェルブレイスバーミリオンさんの研究で分かっているようです。

基本的には遺伝子で決まっているようです。

朝型が良いとか夜型が良いとかはないようです。

ちなみにDaiGoさんも朝型が良いと言った事があるけど
今はそんなことはないというスタンスのようです。

科学的根拠は覆ったりするので考えも変わったりしますからね。

スポンサーリンク



動物でいうとクマ型とライオン型とオオカミ型とイルカ型があります

ライオン型睡眠タイプ
全体の15%~20%くらいで楽天的なタイプ
昼に能力が全開になるようです。

必要な睡眠時間は7時間くらい。

クマ型睡眠タイプ
全体の50%のようです。
オープンな性格で親切で開放的なようです。

知らない場所や知らない人は少し緊張する。

能力が全開になるのは朝から昼にかけてのようです。
昼を過ぎると能力が下がり眠くなるようです。

7時間以上寝ないと頭がスッキリしない。

オオカミ型睡眠タイプ
全体の15%~20%くらい

創造性が高い
感情によって行動しやすい

夜の方が集中力が高まりやすい。

睡眠時間は7時間で十分

イルカ型睡眠タイプ
全体の10%
頭を使う仕事が向いている。

職人気質で内向的

完璧主義な人が多くてあまり行動出来ないタイプが多い

夜の方が行動力が上がる。

睡眠時間は6時間くらい

まずは自分がどのタイプかを考えてみる。

スポンサーリンク



ライオン型は夜10時に寝て朝5時半くらいに起きるのがベスト。
朝型に集中して夕方に運動すると良い。

難しい仕事をするなら朝の8時から昼までにする。

クマ型は夜の11時くらいに寝て朝の7時くらいに起きる。
クマ型は午前中に運動した方が良い。

集中する仕事は午前10時から午後の14時くらいがベスト

オオカミ型
寝る時間は午前0時で起きるのは7時半くらい

夕方に運動して集中した仕事は17時から24時くらいがベスト

イルカ型
午後11時半くらいに寝て午前6時半くらいに起きる

午前中に運動した方がパフォーマンスは向上する。

みんなが仕事してるときはぼんやりしている。
集中する仕事は15時から21時くらいがベスト

自分の体内時計に合った生活スタイルをやると良い

家だと集中出来ないという人は仕事場でも集中出来ない。
だから在宅ワークの方が企業は効率が上がる。

睡眠の質を上げるにはこちらもとニコニコへ誘導して終わってました。
もちろんこちらの記事もまとめています。

睡眠の質を上げるおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)