目標設定の仕方とモチベーション低下を防ぐ方法

目標ない方が人生うまくいく理由というタイトルでメンタリストDaiGoさんが
動画をアップしてました。

目標設定についての放送ですね。
今日はサンデージャポンに出演してましたね。

ワインで1400万使ったと発言したら1本で1400万のワインを買ったと
ネットニュースになったようです。

ヤフーニュースやネットニュースって適当だなぁーと言ってました。

スポンサーリンク



従来から言われている具体的な目標設定について実は間違っているのではないかと
目標の立て方について話してました。

目標は希望になってはいけない。

曖昧な目標の方がいいのではないかと言うことで放送してましたからね。
具体的な目標設定の仕方は実は間違っていた

目標を立てるときは視野が狭くなってないか?
ゴールを絞り込むと会社の中にずっといる事が前提になってたりする。

目標設定でモチベーションが下がる。
大きな目標はモチベーションが下がる。

普通は大きな目標は最初はモチベーションはあるけど徐々に
目標から遠ざかりモチベーションが低下していく。

いろんな物に手を付けてどれが向いてるかを見極めて
その先の目標を立てていく。

目標設定をすると長期的な利益が損なわれる
他にいい道があっても目標を固めたせいでその道に進めなかったりする。

目標設定をすると失敗しやすくなる。

目標に近づけば近づくほど非人道的な行動に出たりする。
特にネットワークビジネスとかの人はそういう行動に出やすい。

周りの友達とかそういったのも巻き込んだりして結果目標を達成しても
失うものが大きくなる。

目標を設定すると学ばなくなる。
小さな経験から学ぶ気持ちが消えていく。

スキルアップにいも繋がらない。

目標設定には副作用がある。
デメリットも頭に入れて目標設定する必要がある。

スポンサーリンク



目標の立て方が凄く重要です。
目標に向かっていってももっといい道が出てくればそこに向かえばいい。

だからかえって曖昧な目標の方が良かったりするようです。

パンケーキ食べたいを心理学的に救いたいというタイトルでメンタリストDaiGoさんが
動画をアップしてました。

おもしろ荘でパンケーキ食べたいのネタがやってたから
思わず動画をアップしたようです。

今回は一発屋についての放送のようです。
どうして一発屋で終わってしまうかですね。

人間はどんどん新しいことをやっていく事が重要。

でも一発屋は同じネタでばかり呼ばれて忙しすぎて
他のネタを考える暇も無くて一発屋で終わってしまう。

芸人も忙しくて新しいアイデアが出なくなって一発屋で終わる。
一発屋はどんどん新しいネタを当て続けないといけない。

アイデアを生むボーっとした時間が凄く重要です。
だから暇な時間も重要ということですね。

スポンサーリンク



今はスマホとかで暇な時間も奪われているから危険のようです。

自分が上手く言ってるときこそ次のことを考えないといけない。
昔流行ったユダヤ教の教えとかの本でも書いているようです。

DaiGoさんも昔フォークとかのパフォーマンスでテレビに出てたけど
パフォーマンスをやってても意味がないなと変わっていきましたよね。

どう変わって成果を上げていったのかについてはニコニコで放送しているのを
まとめているのでよければどうぞ。

メンタリストDaiGoが相手の心をつか方法を!

夢を現実化する4つの心理テクというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

夢を叶えるにはどうすればいいのか?

ブライトスポットを探す。
人間はネガティブな面に反応しやすい。

どこが問題なのかを考えるのではなくてうまくいくポイントの
ブライトスポットを探してあげれば良い。

問題を探すよりも良いところを伸ばして上げる事を考えた方が良い。

上手くいく条件を探してあげる。

目標は1つに絞る。
多くの人は目標が定まってない。

お金を稼ぐという目標ではなくて全ての目標を1つの目標に絞っていく。

お金を稼ぐや自由に生きるや旅行に行きたいとかそういったいろんな目標を
一つに絞っていくことが大事。

例えば世界各地を紹介して廻るユーチューバーになれればこの目標は達成出来ますね。
そのためにどうすればいかというまずは難しいですが一つの目標を作ることですね。

目標を立てたら次は何を習慣化するかを考えてあげる。

行動の引きがねになるものを作ってあげる。
if-thenルールですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)