男性が低めの声で女性にモテる理由

コンプレックス解消の心理学〜フツーの見た目で美男美女を打倒する戦略というタイトルで
メンタリストDaiGoがニコニコで放送してました。

男性女性向けに良く見せるための放送のようです。

美人な人ほど男性の低い声に惹かれるようです。

自分のルックスに自信がある女性ほど低めの声の男性に惹かれ
自分のルックスに自信がない女性は高い声の男性に惹かれるようです。

女性はアクセサリーを付けている方が17%も話に応じてくれる確率が上がったようです。

スポンサーリンク



女性の場合はただでさえ声を掛けると応じてくれやすいのにアクセサリーをすると
ほぼほぼ応じてくれるという結果になったようです。

男性でも女性でも気になる異性に対しては声のトーンが低くなったようです。

だから第三者があの二人出来てるなぁと分かったりするのは声のトーンで
そういうのが分かったりするようです。

男性は声のトーンを下げると魅力を感じて見えて女性はゆっくりしゃべると
魅力を感じやすくなってるようです。

女性の魅力は外向性と親切さと素直なコミュニケーションが取れる事のようです。

だから紹介とかして貰うときは見た目ではなくて外向性とか親切さとか
そういう評判を周りから言われて紹介されると確率も上がるようです。

動画を見て貰ってお酒を飲んで会話してる女性と水を飲んで会話して貰ってる女性を
見て貰った研究では明らかにお酒を飲んでる女性の方が話しかけやすそうとか
モテやすかったようです。

スポンサーリンク



男性はお酒を飲むと左右対称に見えてくるようです。
だから女性も魅力的に見えやすくなるようです。

女性は会話の反応が高い方が性的魅力があるように見えるようです。
逆に男性は反応が高いと頼りがいがなさそうに見えるので反応は低い方が良いようです。

反応性は相手の言葉にポジティブになるべく早く反応する。

女性の場合は素早くポジティブに反応でいいけど男性はポジティブに反応で
素早くはいらないようです。

男性は素早く反応すると必死になってるように見えてしまうから
能力が低いと思われてしまう。

神経症ともモテと関わってるようです。
病的な男性や女性がなぜかモテたりするのも関係しているようです。。

強迫症の傾向が強い人の方が長続きするパートナーと出会う確率が上がったようです。

神経症な女性も長続きして子供を産む確率も上がったようです。

そして収入も高かったようです。

一般的に強迫症や神経症な人は職人気質があって何か一つの事を熱心にやすく
結果的にスキルアップし周りからも出来るように見えて収入アップにも繋がってるようです。

常に優しい人と常に優しくない人と冷たそうなのに優しい人と優しそうに見えるけど冷たい人
この4つのパターンの男性と女性が話して貰った研究では冷たそうなのに優しい人を
一番選んだようです。

だからギャップが一番モテるようです。
常に優しい人が一番モテるはずなのにギャップの方が良いようです。

最初に優しいとそれが普通に見えてしまう。
最初は冷たい方が落差でキュンとしやすいようです。

別れたばかりの女性に彼氏への思いを振り切るのにどれくらい時間が掛かったか
調査をしたようです。

スポンサーリンク



2週間以内か半年から一年とか2年以上とか選択肢で調査をしたところ
2年以上かかった女性の大半は忘れられないくらい良かった男性だったようです。

その忘れられない男性の特徴を分析するとある特徴があったようです。
その特徴はユーモアのセンスがあったようです。

ユーモアさが忘れられない特徴の一番だったようです。

芸人的なユーモアではなくて二人で笑い合えるパートナー限定ユーモアが大切なようです。

本当に大事な物は目には見えない。

相手の話に感情を示してそれをまとめてあげて相手の感情を言い換えてあげる。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)