片付けの心理法則3原則におすすめの本をメンタリストDaiGOが!

片付けに関する放送をメンタリストのDaiGoさんが
ニコ生でやってました。

30分の放送だったけど内容がかなり濃かったです。
アンケートも95%超えの神回でした。

片付けの目的は1つしかない
迷う時間をなくし管理コストを無くすことで
人生を最大化する。

頭の中で考えたことをいかに実現化するか
片間の回転する時間を増やすことで
人生を最大化する。

1つ目の法則は3択の原則
2つ目は初速最大化の原則
3つ目はロー管理コストの原則

スポンサーリンク



片付け3択の原則

片付けで人生の迷いがなくなる。
1択がもちろん一番良いが最初は3択にする。

即断即決が出来るようにする。

何をするか迷わない。

選択肢を3つにすることで即断即決することが出来る

なぜ3択にしないと人生に迷うのか?

選択回避損失回避所有効果が現状維持を作ってしまう。

スティーブジョブズとかは毎日同じ洋服ですから
1択ですよね。

所有してしまうと価値を高く感じてしまう。
自分を持ってる物を失うことはそれに対する恐怖心が高くなる。

買い物とかもいつも通りの物を選んでしまう。

なぜ現状維持を選んでしまうかというと
損失回避や所有効果がそうさせてしまうんですね。

片付けに関しては掃除に関する詳しい片付け記事はこちら
片付け掃除の心理学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



片付けの初速最大化の原則

取りかかるまでの時間を最短にする

毎日使うスポーツジムの洋服とか
わざわざ奥の方に仕舞わないですよね。

やるべきことへのとりかかるまでの時間を管理するのが
片付けです。

なかなか勉強に取りかかれないとかいう人は
それまでのステップが多いのが原因なのかもしれません。

どうすれば最速で取りかかれるかを考える。

行動するまでの時間が早くなる
いかに迷わずに最速で作業に取りかかれるかを考える。

ハーバード大学の人でショーン・エイカーという人が
20秒ルールという効果を発表してますね。

アフォーダンスをデザインする。

長方形のリモコンだと赤いボタンが
電源だとなんとなく分かりますよね。

物の配置や構成を決める。

その場所でどんな行動をするか決める。

行動に関係ない物は処分してしまう。

物事を習慣化するためにここではこうすると
付箋などで貼っておくと効果的ですね。

片付ける前にすることとかカバンの片付け術とか
詳しく書いた記事はこちら
片付け方法の心理学とDAIGOおすすめの本

スポンサーリンク



片付けを減らすロー管理コストの原則

ローコスト管理で時間があふれ出します。
管理コストの高いの物を減らす。

管理に時間が掛かっている物を減らすべき。

ホリエモンもホテル暮らしで
家で暮らすといろいろと管理コストが掛かるから
ホテル暮らしなんでしょうね。

管理コストを減らすと片付けや捜し物に使っている
時間や労力がなくなる。

服を貸すサービスとかも最近出来ましたね。

ROIを考える。
金と感動を生まない物は捨てて買わない。

固定費の削減をする。
時間をお金で買う感覚を身につける。

例えば洋服とかの洗濯を代行とかのサービスで
使うことで洗濯して折りたたんで返してくれますよね。

捜し物の時間を無くす

悪い習慣を片付ける方法の記事も参考になると思います。
詳細についてはこちら
悪い習慣を変える方法にオススメの本をメンタリストDaiGoが!

おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)