満足度を上げる心理学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

同じ人生をより楽しむための心理学というタイトルで
メンタリストDaiGoがニコ生で放送してました。

生まれて初めてお笑いライブに行ってきたようです。
TKOのお笑いライブに行ってきたようです。

お笑いはまだ科学でもよく分かってないようです。
なんで人が笑うのかがまだよく分かってないようです。

って普通そんな事に疑問を抱かないけどね。

そもそもお笑いライブが初めてなので比較対象はないけど
面白かったそうです。

歌で登場して客席のDaiGoさんは凄く絡まれたようです。
ありがたいなといってました。

ホリエモンと一緒に肉を研いてきたそうです。

脂肪を取って精肉にするヒレ肉ですね。
写真は磨いた後の仕上がり画像です。

今日は人生を楽しむための心理学ですね。

スポンサーリンク



満足度を上げるための目標設定

金銭的野心が大きすぎるのも良くなくて現実とのギャップから
不満が生まれてから、かえって自己実現できなくなる。

まずは現状把握が大事です。
ベースラインを取ってから目標を立てるようにする。

本とかも普通に読んだらどれくらい読めるのかの現状把握ですね。
そこから10%目標を上げるとかそんな感じですね。

一番良いのは、目標達成が出来るのと出来ない確率が50%くらいがいい。

つまり失敗と成功が半々のとき最もやる気が出るそうです。

大きく勝利すると思考が凝り固まってしまうビッグウィン仮説
パチンコとかで大当たりするとその後も続けてしまう。

ギャンブルの実験で大当たりした人は72回続けてそうでない人は
58回で切り上げたようです。

株も短期のトレードで儲かった人はレバレッジをかけすぎて
残念な事になりやすいそうです。

なんかDaiGoさんがニコ生で別の新チャンネルを作るそうです。
重大発表ですね。

DaiGoさんともう一人でやるそうです。

恐らくお互いにニコニコチャンネルをやってて
そこから相互でチャンネル登録者が増えると仮定してやるのかな?

スポンサーリンク



休憩による学習効果上昇の心理学

休憩による学習効果の上昇する。

4時間ぶっ続け勉強で55%、4時間の合間に30分の休憩で64%
記憶の保持率があったようです。

4時間やって4時間休むと85%の記憶の保持力があったようです。
つまり勉強と休憩の時間を合間に半々にすることですね。

だから休んだ方がいいようですね。

勉強の合間に散歩や運動とかが一番いろいろと効果的のようです。

勉強できる人は短時間やって短時間休憩するって事ですね。

単純作業の場合はもしかするとぶっ続けでやった方がいいかもしれません。
記憶に定着させるためには休んだ方が良いです。

成功は努力の結果だと思う人の方が、運任せの人よりも
真面目にしっかり最後まで取り組むようです。

期待と現実にズレがあると満足度は15%低下する。
つまり期待しすぎは良くないようです。

運任せの人は途中でやめる人もいたそうです。
だから神社とかで神頼みも微妙ですね。

うまくいくカップルはいいところだけを見ている。
つまり悪いところは目をつむってるんでしょうね。

446組の夫婦の結婚がうまくいくか調べた研究で
神経質かどうかで予測できるようです。

神経質だと上手く行かないようです。

最近DaaiGoさんは石積みにハマっているようです。

おすすめの本
Gravity―Arts of Rock Balancing(グラビティ ― アーツ・オブ・ロックバランシング)

今は瞑想が流行ってるけど今度はロックバランシングだと
DaIGoさんはいってました。

こないだも海外で石積みしてましたね。

テレビを見るほど不満を感じやすくなる、自分への満足度が26%も低下する。

社会的比較による劣等感ですね。

なるべく必要な番組だけど見るようにすると良いかもしれませんね。
どうしても見たければ録画してCM飛ばすとかがオススメですね。

78%が恋に落ちれば幸せになり宝くじ当選10.8%が幸せになり
名声を得ると8%で、肉体的快楽は3.3%の幸せになるようです。

恋をしている時が幸せではない。
恋に落ちた瞬間が幸せなんです。

宝くじで当たった人は不幸になります。

宝くじで当たった金額以上の幸せを得ることが出来ないので
そこがピークになるようです。

今まで自分のお金で楽しめてたことが楽しめなくなる。

自分で稼いだことがないから使い方を分かっていない。

上方比較して惨めになるのではなく、下方比較して安心する。
DaiGoさんはオススメしてないけど上と比較するより下と比較した方が良い。

小さな幸せを喜べる人ほど満足度は22%も高い。
つまり大きな成功を手にするまでの小さな幸せをたくさん積み重ねる事ですね。

山登りも上に登った事だけを幸せにするのではなくてそこまでに
いろんな仲間との会話であったりとか風景とかそういった楽しみですね。

楽しい映画を観たときは人生に楽観的にする。
悲しい映画を観たときは人生を悲観的に感じる。

これはムードの一貫性原理というらしいです。

つまり機嫌のいい人と常に付き合うと運気が上がります。

悲観的は悪いわけではなくて自分を現実的に見ることが出来る。

バランスも大事ですね。

自分に話しかけるのが上手い子供ほど学力が伸びるようです。
だから松岡修造のように自分で自分を褒めようって事ですね。

おすすめの本
モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

DaiGoさんのように認知度がある人ではなくて成功するにはという
ノマドワーカーが書いた本でおすすめのようです。

これを読んだからすぐなれるとかではないけど
凄く参考になるようです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)