感情操作と不安対策におすすめの本

感情操作の説得術〜メンタリストが早口な理由を種明かしというタイトルで
ニコニコで放送してました。

相手の態度を変えさせようとするなら早口の方が良い

既にみんなが知ってる共通認識の物はゆっくり言う

一回説得した相手にはゆっくり話すと良い。

ゆっくり話すと聞き取り側にゆとりが生まれて余計なことを考えてしまう。

DaiGoさんが早口なのはそういう意味もあるようです。

ババ抜きとかでも相手の考えを奪う作業が必要だから
カットされてるけども話しまくって相手の思考力を奪うようです。

1分200語と100語の言葉で話すと200語の方が説得力が増した。

早口は自信を感じさせて客観的に考えてるようにも見えて
知性があるようにも見えたようです。

スポンサーリンク



メンタル心理学におすすめの本

3分で心の余裕を作る方法

緊張した時に落ち着いたメンタルを持つ方法について

人間のメンタルの不安や落ち着きはどのようにしておきるのか?

不安感が強いと言いたいけど言えなくなりとさらに不安になる
ネガティブスパイラルになる。

このループを止めるにはどうしたら良いのかについての放送です。

心の余裕を作るにはどうすればいいか?

一番重要なのは感謝のトレーニングです。

マーティン・セリグマンの幸福に関する研究で面白いことが分かってるようです。
おすすめの本
ポジティブ心理学の挑戦 “幸福”から“持続的幸福”へ


幸福度が上がることで不安や緊張がなくなってくる事が分かってるようです。

他人への感謝が幸福度を上げるのではないかという研究のようです。

ただ感謝するだけでなく効果があるのは日記やツイッターとかで
つぶやくだけでいいようです。

スポンサーリンク



感謝の日記は週に1回だけ3つとかかくだけで効果はあるようです。

これは自然でも動物でも人への感謝でも良いしなんでもいい。

それだけで心に余裕が生まれるようです。

緊張した時こそ誰のおかげでそういう場所に立てるのかとか
そういう感謝を思い浮かべるだけで緊張もほぐすことが出来る。

感謝を続けたことで前向きに成り生活習慣も良くなり
運動したりしてダイエットにも効果があったようです。

感謝で将来に目がいくことにより貯金の額も増えるようです。

感謝は相手につてなくても全然良い。
何に感謝してるか書くだけで良い。

逆境を乗り越えるのにも役に立つ。

今回紹介したおすすめの本を読んで本に感謝とかもでもいいようです。

人間関係が激変する1.3倍好かれるほめ方

相手にちしてどんな褒め言葉を使えば最も効果的なのか?

実験では自己プロフィールを書いて貰ってどんな言葉で褒められると
一番嬉しく感じるのかという調査をしたようです。

ちょっとひねった褒め方をすると喜ぶようです。

これは占い師とかがよく使う手法のようです。

スポンサーリンク



見た目で分からないようなことを褒められるとそれが嘘でも
そういえばそうなのかなぁと褒められたことに対しては肯定しやすいようです。

見た目の一歩先を褒めることが凄く効果があるようです。

あの人はちゃんと見てくれている人と思われやすいようです。

趣味が読書とかだと集中力がありそうですねとかインテリっぽそうとか
読書するなんて時間の使い方が上手なんでしょうねとか一歩先を褒める。

野球をやっていたとかならチームワークを大事にしそうですねといった
推論をいれた褒め方をすると好かれやすいようです。

普通に褒めるよりも1.3倍効果があるようです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)