夜更かしや昼に眠くなる人の特徴

寝ても寝ても昼に眠くなる意外な理由というタイトルでメンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

昼間に眠くなる人は意外と多いようです。

日中に眠気に襲われる人は7割ほどいるようです。

しっかり寝たところで昼間に眠くなったりする。

油っこい高脂肪食を摂っていると昼間に眠くなりやすいようです。

オーストラリアで高脂肪食を摂っている人とそうでない人を調べた結果
75%くらい昼間に眠くなりやすかったようです。

痩せ型の人でも高脂肪食を摂ると眠くなりやすいようです。

スポンサーリンク



原因は分かってないけどホルモンバランスが崩れるからではないかと言われているようです。

高脂肪食は元々自然界になかったから人間の体が対応出来るようになってないようです。

オルキシンの分泌がおかしくなりホルモンバランスが崩れるようです。

さらに眠いときはなぜか高脂肪食を食べたくなる。

だからダイエットが上手くいかない人の中には高脂肪食を無限ループで
食べたくなり痩せれない人もいるようです。

偏りすぎは何でも良くないので自分なりのバランスの良い食事を心掛けましょう。

それでも朝にスッキリ起きれないとかちゃんと起きれない人のために
最高の眠り方ではなくて最高の置き方についてニコニコで解説してるので
ということで動画は終わってました。

もちろんこちらの記事もまとめてます。
アラームのスヌーズ設定を絶対にしてはいけない理由


夜ふかし中にやると頭が悪くなることが判明というタイトルでメンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

どうしても立場上で夜更かしをしないといけない人はいますよね。

クリスマスケーキとかも賞味期限があるから1日で一気に作らないといけないので
どうしても夜遅くまでの作業になるようです。

徹夜とかすると当然脳の判断能力とかは落ちるようです。
これを最低限抑えるにはどうすればいいのか?

夜更かし中に夜食をしなければ脳へのダメージは少ないようです。
だから夜更かしする人は夜食を控えた方が良いようです。

睡眠不足があるグループの中で午後10時以降は水しか食べないグループが
脳の機能を計るテストで判断能力はそれほどダメージがなかったようです。

体内時間の崩壊によってダメージを受けるようです。

睡眠時間を固定出来ないならせめて食べる時間は固定した方が良い。

スポンサーリンク



体内時計のリセットには朝日を30分以上浴びる。
そして朝ご飯から肉と米を食べる。

朝食は抜いても良いけど体内時計をリセットするには食べて
活動する時間だと分からせるのに良いようです。

断食中は頭がクリアーになるので集中力を保つのにも良い。

起き方も大事なので睡眠不足のリセットと起き方はこちらの動画を参考にして下さいとニコニコを紹介してました。

もちろんこちらの記事もまとめてます。
アラームのスヌーズ設定を絶対にしてはいけない理由

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)