勉強法で効率の良いおすすめ10選

科学的に証明されている効率のいい勉強法10選というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

今日は一人ハロウィンやってました。
いつもよりぬこ様がDaiGoさんを気にしてました。

ちなみに今日の着ぐるみアイテムです

2872 着ぐるみ 大人用 フリース アニマル【 三毛ネコ 】

今回は前編と後編に分かれてますが一緒に記事にします。
前編のチラ見せ動画です。

一番効果的な勉強法は何なのか?

誰でも使えるけど是非社会人にも使ってほしいようです。

勉強法は使わないと意味がない。

参考書だけ出来ても仕方がない。

スポンサーリンク



効率の良い勉強法10選の前編

1.思い出す想起テクニック
人間は忘れかけた時に思い出そうとして記憶が深まる。

テキストは1ページ毎に閉じてどんなことが書いてあったかを思い出してみる。
読むたびにテストする。

思い出す回数が多いほど記憶に残りやすい。

マーカーを引くなら思い出せなかったとこにひく

DaiGoさんは最近は音声認識でノートをとっているようです。
思い出すし、自分の声で音読すると記憶が残りやすいようです。

覚えたいとこだけ音読するのは良い。

英語も発音できない単語は覚えられない。

2.常に自分をテストする
午前中は新しいことを勉強して午後はテストの時間にする。

見たことをテストするのはそんなに苦ではない。

新しいことをどんどん覚えるのは大変。
だから1日で覚える時間とそれをテストする時間を作るといい。

DaiGoさんの場合はマインドマップにしてクリックすると
答えが出てくるようになってるようです。

ノートの3分の1に問題書いて右に答え書いて閉じて開く感じでもいい。

3.チャンク化(意味のある塊)
チャンクは自分で思いつくしかない。

この運動とこの食事がチャンク化してダイエットとか
自分で思いつくしかない。

DaiGoさんは1時間ぐらいの講演なら1つの質問から
いろんなチャンク化されたワードを引き出してすることが出来るようです。

チャンク化できるまで復讐する。

チャンク化が出来ると応用問題が出来る。

4.間隔反復練習
脳も覚える量は限られているから間隔をあけてあげた方がいい。

筋トレと一緒で一回では一気に無理。
時間を空けて何回もするから筋肉がついてくる。

脳も同じ。

講演でも特に資料なくて出来るようです。

5.複数のメソッドを使う

同じものばっかり復讐しても仕方がない。

常に別の解き方が必要なものを混ぜて覚える。

知識を混ぜて覚えるのがいい。

算数だと掛け算ばっかりより掛け算や割り算やいろいろ混ぜた方がいい。

勉強に仕方を変えて飽きないようにする。

勉強するアプリもできるようです。
サーバー機能も実装してみんなが共有して勉強出来るようです。

スポンサーリンク



ここからは後編です。
後編のチラ見せ動画です。

今回は勉強の時間に関する話とかを具体的に話や
質問コーナーもあるようです。

効率の良い勉強法10選の後編

6.比喩と明確な解説
難しい知識について分かりやすく学べるテクニックのようです。

10歳児に解説する明確な解説のようなイメージ

考えすぎて分からない。

10歳の子供に話しかけるつもりで考える。

子供に説明するときに細かくは説明できないけど分かりやすく説明するなら
どういう風に説明するかなと言う理解の仕方。

パット思いつくことを記憶に残りやすいけど分かったら
それを子供に説明するとしたらどんな風に説明するかを考える。

そうすると記憶に定着しやすい。

勉強とかも昔やった数学とかの難しい問題も思い出そうとしても
なかなか思い出せなかったりするけどこの子供に説明しようとして
覚えると記憶に定着しやすい。

DaiGoさんも取材とかされたら知識の無い記者とかがたくさんくるから
その人に説明すればどうすればいいかと考えて説明できるように成り
記憶に定着しやすくなったようです。

この放送もニコニコのチャンネル登録者に分かりやすいように解説してるから
自分の記憶にも定着しやすいようです。

説得力を強くするし相手から見たときに有能さを高める。

相手の好きなジャンルに例えて解説してあげると知識も増えるし
記憶の定着にもなる。

7.適度に休憩する

勉強の合間にリラックス
いきなり超時間の勉強をしても無理。
集中してないのに超時間勉強しても無理。

一回休憩しても疲れが回復しない。

疲れる前に休憩をするのが大事。

勉強の合間に6分間ぼんやりリラックスするだけで
記憶に定着しやすい。

ぼんやりすると外からの情報を遮断してそれまでの情報を
記憶に入れようとしてくれる。

それを疲れる前に休憩を挟んで勉強すると良い。

8.休憩の取り方
DaiGoさんは90分くらい集中してそれから休憩しているようです。

午前中は集中力を長めにして午後は短めにしてアイデアを作る時間とかに
時間を取るようにしているようです。

午前中は90分集中できて20分集中できないウルトラディアンリズム
という状態になるようですがまずは90分でなくても最初は自分が
集中できる時間を頑張っていきましょう。

昼を過ぎて眠くなると15分から60分昼寝するのがオススメのようです。

疲労回復なら15分で充分だけど記憶に残したいなら60分くらいが
記憶定着にオススメのようです。

午後からは52分集中して17分休憩ぐらいのペースが良いようです。

凄く集中力が落ちてきたら25分集中して5分休憩ぐらいのペースにする。

DaiGoさんは集中できたらご褒美でキンドルとかで本を欲しいものリストから
購入するようにしているようです。

集中するとコーヒーを飲んでも良いとかなんでもいいので
簡単なご褒美を設定してあげると良い。

9.手強い課題から取り組む
DaiGoさんの本も第一章で意外なことを言って第二章で手強い課題の
一番伝えたいことをいってるようです。

興味を引かせることで第二章を一番読んで貰えるようにしている。
そうすることで第三章からはすっと読める内容にしているようです。

10.心理対比
現在の状況と将来の状況を対比する。

最悪の状況を想定すると現実が見えるようになる。

達成した後にどんな良いことがあるのか。

今勉強する面倒くささと達成した後に得られるメリットを考えると
頑張れるモチベーションになる。

過去を悔やむ欲求を使う。

過去に戻ったらこれやっとけばと思うことがあると思いますが
このおテクニックを逆に使ってあげる。

過去には戻れないけど未来は変えれる。
もらいはいくら困っても大丈夫。

脳内バックトゥーザヒューチャーですね。

今回も神回でした。
やはり勉強法の放送は毎回アンケートも良いですね。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)