先延ばしで失敗する人の特徴とメンタリストDaiGoおすすめの本

先延ばし失敗した経験とかないですか?
今回はメンタリストDaiGoさんが先延ばし
する人の特徴おすすめの本
紹介したいと思います。

虚偽期待症候群

明日からやろう簡単に変えられると
思っている人は変えられない。

小さな進歩を積み重ねることが重要です。

極度に期待しないで失敗を計算に入れる。

成功者の体験を聞くより
経験者の失敗パターンを知る方が大事。

自分の失敗パターンを知る

親や会社の人など周りの人から
自分の失敗パターンを知る。

なかなか自分の失敗パターンは分からないけど
周りの親しい人は分かっている。

タバコを辞める

タバコを辞めたお金で何を買うとかの方が良い。

夜型と朝方では夜型の方が意志が弱い。

頭を使う作業を朝にして単純作業を夜にする。

短期的なご褒美と長期的なご褒美

先延ばしについては他の記事でも書いてます。
メンタリストDaiGoが先延ばしの心理学におすすめの本を!

スポンサーリンク



プレコミットメント

やらざるをえない状況を作っておく。

誘惑に近づいてから避けるのは無理

お金を使い過ぎちゃう人はクレジットカードを家に置いていく

財布に1万以上入れないとか

遊びスケジュールを最初に入れておく。
日々の退屈さが和らぐ。

毎週1回ジムに行けば会費が無料になるジムがある。
結局いけなくて払わないといけなくなる。

甘い物を我慢する
味とか香りを意識すると食べたくなる。
記号化する(シンボル化)
ドーナツだとクッションを思い浮かべる。

スマホを使ってしまう場合は見えない場所に置く
逆に習慣化したい物は目に付く場所に置いておく。

仕事をやる時はデスク
食事はリビング
寝室はベッド

分けておくことが重要。

衝動買いを防ぐ方法として
銀行を分けてこれを買うときはこの銀行口座とか
分けることで衝動買いをしなくなる。

メンタリストDaiGoおすすめの本

まずは先延ばしと言えばこの本というのが
この人の本だそうです。

おすすめの本

先延ばし研究を何十年もやっている人なので説得力がある。
前半の半分で挫折する人がいる。

DaiGOさんのおすすめの読み方は
最初は6章くらいまでは政治の話とかもある。

すぐ実践したい人は7章から読み始めるといい。

7章から読んで最後に1章から6章でも良いかも
しれない。
というメンタリストDaiGoさんの感想です。

大きなゴールは達成が難しいので
小さなゴールを作る。

おすすめの本

クレパスから落ちて置いて行かれたけど
20分の目標を作りその連続で
無事帰ることが出来た。

量で決めるか時間で決める。
ヘミングウェイは量又は時間のどちらかを
達成するといいと決めた。

メンタリストDAIGOさんはこのヘミングウェイを
天才と言ってましたね。

ピーターゴルウィツァーは独り言がおすすめ
プラスの事を独り言で言う。

2倍達成しやすいという結果が出ている。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)