休憩と勉強の効率的な時間の使い方

集中力記憶を2倍にする「スキマ時間」の使い方というタイトルで
メンタリストDaiGoがニコニコで放送してました。

どうやったら世の中が良くなるのかを考えてから
自分のやってることが役に立つのかを考えてやるといい。

休憩勉強効率的な時間の使い方
休憩時間に何をすれば集中力を増やしたり記憶力を高められるのか。

どの時間に勉強するかを決めているだけで効率が良くなる。
体内時計にあった勉強の仕方がある。

新しいことを学ぶ前に知ってることを書き出す。
知らないことばかりだと嫌になってしまう。

大人は知ってる情報と結び付けて覚えていく。

一通り画像を全部覚えて貰うグループと
途中で休憩を入れて途中で思い出して貰って残りの画像を覚えて貰うグループでは
当然途中で休憩を入れた方が記憶に残りやすい。

だから休憩中や休憩前に今まで学んだことを頭の中でまとめるだけで
記憶に残り方は全然違う。

学校の授業でも授業が終わったら普通は次の授業だけど
覚えたことを休憩時間にまとめる癖を付けると学生は成績も伸びそうですね。

勉強する前に自分の興味があることに触れる。

スポンサーリンク



脳を好奇心に満たされた状態にするだけで脳に入りやすい状況を作り出すようです。

好奇心をかき立てることが凄く大事。
好奇心が記憶を左右している。

勉強してる間には基本的に音楽は聴かない方が良い。
好きな音楽は勉強の10分前に聴くと効率が上がる。

インプットするときは無音が良い
音が入ってくると余計な単語が入ってくる。

好きな音楽を10分前に聴いて良いのは気分が良くなる。
良い気分になる気持ちにさせてくれる。

そこから落ち着いた頃に勉強に入ると効率が良くなる。

インプットは無音な方が効率が良い。
そういう意味でDaiGoさんが愛用してるのがノイズキャンセリングのヘッドホンのようです。

おすすめアイテム
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル プラチナシルバー WH-1000XM3 S

アイデアは好きな音楽とか雑音とか入った方が良い。

超時間勉強するには自然の中が一番良い
短時間勉強するには無音が良い。

無音にするためのノイズキャンセリングヘッドホンですね。

勉強は昼までに勉強するのが効率良いタイプと
昼から夕方までに勉強するのが効率良いタイプと
夕方から勉強が効率の良いタイプがいる。

分からなければ時間帯別に読書スピードを計ってみれば良い。
そうするとどの時間が一番効率の良い時間かが分かる。

この効率の良い時間は遺伝で決まってるので変えるのは難しい。

ちなみにババ抜き放送はフィッシュボーイさんのようです。
パーフェクトフューマンのオリラジ中田さんの弟でダンスが上手い人です。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)