人間関係の心理学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

仕事場の人間関係

職場の人間関係でミスらない心理学というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコ生で放送してました。

職場の中で見方を多く見つけていくことは大事です。
3回合えばイメージが固定されます。

スリーセット理論といいますが、逆に3回あってダメだったら諦めて
次の人との関係を構築する。

悪いイメージを覆す<新しい関係を開拓する
諦めた方が効率が良いこともある。

余程大切な関係の人なら頑張ってみてもいいが良い意味で諦める。

スポンサーリンク



人間関係で困らないためにユーモアと冗談が多い会社に

2人きりで会うと自己開示しやすくなる
人数が増えるほど自己開示の率が減る。

今日おごるから今度おごっては有り。

お金の貸し借りは割り勘が一番好印象になる。
人は貸し借りが嫌いな生き物です。

意味もなくおごるのは辞めた方が良い。

負担を感じないような関係は有りです。

日本だと年齢とかでおごったりするけど
海外はほとんど割り勘が普通のようです。

どんなに苦しくなっても親友はお金を貸してくれと言ってこない。
お金を貸してくれという時点で親友ではない。

同じような人と付き合う。
自己嫌悪感の強い人の72%が自己嫌悪感が強い人と付き合うそうです。

あなたの周りにはあなたと釣り合う人しか集まらない。

ユーモアや冗談が多い会社は華やかで自由です。
面接ではそこの人がどれくらい冗談が上手いかとかもポイントの一つ。

一番いいジョークはセルフ・デプリケーティング・ユーモアです。
つまり自分をネタにした自虐ネタですね。

ニコニコではおすすめの本も紹介してました。
おすすめの本
正しい太鼓のもち方 上司を転がす35の社交辞令

【中古】 正しい太鼓のもち方 上司を転がす35の社交辞令 /トキオ・ナレッジ【著】 【中古】afb

けっこうお世辞のいろんな使い方があって面白いそうです。
お世辞って面白いなって思える本です。

人間って思ったよりお世辞に弱い生き物だとわかる本。

それは言い過ぎだろうっていうぐらい思い切り言った方が効果的です。

おすすめの本
正しいブスのほめ方 プレミアム


女子に言うのに使えるおすすめの本のようです。
まぁお世辞を言うのにおすすめの本ですね。

表面的な人間関係しか作れない人がやりがちなコミュニケーションの間違いとはというタイトルでメンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

自分の表面を隠して相手に合わせようして会話をするからコミュニケーション能力が
不足しているように感じるようです。

自分の思ってることをズバズバ言う人と本心は隠しながら話す人では
どちらが人間関係が良くなるのか?

空気が読めない人は話の的が外れてる人が多いから論外。

自分の気持ちを隠してコミュニケーションを取ると人間関係が悪くなるようです。

長期的に見ると人間関係は壊れる。

自分の本心を話すと気まずくなるから話せないという人もいるかもしれないですが
結果としては正直に話しても問題ないしコミュニケーションに悪影響はなかったようです。

自分の本心を隠すと交渉とかでも能力が下がることが分かってます。

自分の正直な素をどれだけ出せるかが逆にコミュニケーション能力を高めるのに
必要な要素のようです。

相手に対して嫌なことを言うのはよくないけど自分の素の感情を
丁寧に表現する事が重要です。

スポンサーリンク



不安な人の方がポジティブな人より成功する理由

就活・転職で成功する人、失敗する人

今回は就活に関する内容の放送でした。

就活に不安を感じて行動する人は上手くいくけど
行動できない人は上手くいかない。

全部ポジティブに考えてもなんとかなるだろうと考えてもなんともならない。

根っからの外向的な人はそれでも上手くいく人はいる。

将来に楽観的に思うことは大事だけど立ち向かわないといけないとこを避けてはいけない。

失敗して物事が上手くいかなかったときのショックが大きくなる。

不安を準備に変えられた人は変われる。

ポジティブシンキングの人は事前準備を怠ってしまう。
頭の悪い人が多い。

ポジティブシンキングでなんとかなってきた人は準備せずに
適当にやってなんとかなることしかしてこなかっただけ。

恐怖や不安を感じることのない大きな挑戦から避けてきただけ。
自己啓発が好きな人に多い。

夢が叶うーって言ってる人は1秒でも夢に挑戦すればいい。
でも怖くて挑戦できない。

根拠がない自信ではなくて根拠がある自信を持つ。

不安と向き合い行動していく。

不安は準備をしろという合図。

ポジティブなイメージをする人の方が社会に出てからもモテないようです。

スポンサーリンク



不安からは目をそらさずに準備をするための心の準備で
まずは簡単なことから手を付けていく。

転職するべきか時期を占う10個の質問
早死に職場判別テスト〜スタンフォードの研究から
というタイトルでメンタリストDaiGoさんがユーチューブに動画アップしてました。

ジェフリー・フェファーさんの本をオススメしてました。
おすすめの本で参考文献
悪いヤツほど出世する (日経ビジネス人文庫)

転職すべきかの10の質問

1.保険がない
社会保険がないとか適用させてくれないとかはヤバイ

2.シフトがある
生活リズムが崩れやすい

3.長時間労働
40代超えると体力的にもキツくなる。

なので残業が当たり前の会社はヤバイ

4.業績が不安定
業績が乱高下する会社は不安になる。

安心させるのがトップの仕事

内の会社はいま大変だから協力しろとかで残業をさせる。

5.仕事のせいで家庭に不和がおきる
不和がおきるような仕事は辞めた方が良い。

スポンサーリンク



6.仕事に関する権限が少ない
自分で任せて貰える仕事が大事

7.仕事の責任が重すぎる
任せられるのは良いけど責任を任せられすぎるのもダメ。

まぁノルマいかなければ会社の製品買えとか無茶な責任ですね。

8.仕事が少なすぎる
仕事がないと何のために生きてるか分からない。

適度に仕事があるのがいい。

9.社会的なサポートが少ない
ソーシャルな相談出来るサポートが少ないと危ない。

10.組織内の不公平
上下関係はなるべくない方が良い。

ろくにチェックもしないのにハンコ押すだけの仕事とか。

この中で3つ当てはまってたらヤバイ
半分以上当てはまったら転職を考えた方が良い。

当てはまるほど早期の死亡確率が上がるようです。

メンタルも病み通院する確率も上がります。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)