仕事場の人間関係と効率的な仕事の仕方

仕事のモチベーションを700%アップする!
人生を変える友人と人脈の科学というタイトルでメンタリストDaiGoがニコニコで放送してました。

最初の30分くらいはYouTubeで見れます。

スポンサーリンク



自分を変えたいならまずは人間関係を変える

幸福度は主観的に決まる。

イーロンマスクや一般の人たちはたいして幸福度は変わらない。

友人が個人の幸福度にどれくらい影響があるか?

友人が何人いると幸福度が上がるか?

職場で最低でも3人以上の友達がいるだけで人生の満足度が
96%上がる。

在宅の人はコミュニティーで友達を作れば良い。

給料への満足度も200%アップする。
給料が多いか少ないかは別。

だから人間関係職場を選ぶべき

なんでも話せる友人がいるなら辞めない方が良い。

モチベーションも上がるしアイデアも浮かびやすい。

人間関係と給料の意外な関係

社内のコミュニケーションと社外のコミュニケーション

最も給料が上がったのは社外ネットワークを作る人が
給料が上がりやすかった。

次は社内でネットワークを増やす人
最後は社内のネットワークを維持する人でした。

部署内でちょこちょこ飲みに行くぐらいなら
社外でネットワークを作ったり社内で新しい付合いを増やす方が良い。

社内でもネットワークを増やすことであれなんでこいつ
この人と仲が良くなったのってあまり突っ込めなくなったりする。

本当に尊敬できる人は1人は作っておく。

セルフコントロール能力は人間関係を変えるだけでだいぶ変わる。

自分に厳しい人と付き合うといい。
他人に厳しい人は感情のコントノールが出来ていない。

相手のセルフコントノール能力が高ければ自分も上がる。

お互いに高めあえる仲が一番良い。
親友がいると仕事のモチベーションが700%もアップするという放送でしたね。

仕事効率を上げる方法はデスクの座席
仕事が82分早く終わる方法が発見される

今回は努力をせずに仕事が早く終わる方法ですね。

仕事の能力は伝染するようです。

仕事が出来る人の隣に座ると自分の作業能率も上がるようです。

社員全員の生産性を座席の位置でどう変わるかを研究したようです。

そこで分かったのが仕事の生産性の10%は隣に座ってる人で変わったようです。

スポンサーリンク



3つのタイプで
1.生産系ワーカー 25%
たくさんの仕事をこなすタイプ

2.品質ワーカー 25%
質を高めるタイプ

3.アベレージオフィスワーカー 50%
量も質もまぁまぁ

誰の隣で働くのが良いか

生産性が高い人と品質が高い人が隣りに座ると
生産性も品質も17%作業効率が上がったようです。

座席を変えるとすぐに効果があるようです。

ネガティブな人の隣に座ると生産性も下がるようです。

アベレージワーカーは生産系も品質系ワーカーの隣でも
少し上がったようです。

ちなみに論文について聞かれてグーグルスカラーとかで調べることが多いようです。

職場にどんな人がいるかで満足度も変わり給料も変わってくる

仕事が終わらない人の3つの特徴

仕事が終わらない人には特徴がある。

1.SNSやメールとかチェック回数が多い。

2.習慣性がない細切れの予定が多い。

3.短絡的な逐次行動
思いついたときに確認とかする。

LINEとかの1行メールをちょこちょこする人の仕事バージョンですね。

こういう人は仕事が終わらないしストレスにも成り生産性も落ちる。
当然仕事も嫌いになる。

スポンサーリンク



メールチェックを1日3回に決めたグループと好きなだけメールをチェックして良いグループで2週間試して貰った実験ではやはりメールの回数を決めたグループのスコアが
圧倒的に良かったようです。

具体的には大事な作業している時の緊張感が減少して毎日のストレスも減って
日常生活の幸福度もアップする傾向が見られたようです。

この適度な緊張感がなくなるとミスも多くなるし新しい発想も生まれにくい。

ちなみに今回はロケで海外に来ているようです。

マルチタスクの一番の原因がスマホのようです。
平均すると1日150回スマホをチェックしているようです。

当然こんな事をすると生産性は下がりますよね。

何かに集中している時間が長いほど人生の幸福度はあがる。

スマホが視界に入るだけでも集中力がなくなる。

だからマルチタスクはやらない方が良いと言うことですね。

迷ったらこちら!性格別 仕事選びの科学というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

好きをマネタイズする方法を考える。

幸せになろうと考えると今が不幸と考えてしまう。

理想の仕事に就こうとすると理想の仕事についても
いろいろ嫌なことや上手くいかないこととかたくさんある。

だから理想の仕事に就いたのになんでこんな不幸なんだろうと理想と現実に苦しむ。

好きな事を仕事にするのではなくて好きな事をお金に変える。

スポンサーリンク



自分にピッタリの仕事があると思うかと考える適合派と
仕事を続けるうちに好きになると思ってる成長派では成長派の方が成功しやすい。

適合派は転職率が多くなる。
でも幸福度は両方ともあまり変わらない。

適合派は良い職についてももっと良い職があるはずと思い
成長派はブラック企業とかにもハマりやすい。

だから適合派は今の仕事の好きな部分や何かやりがいを感じるようにする。
成長派も新しいチャンスを逃さずにいろいろ挑戦してみるといい。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)