メンタリストDaiGoが挫折した経験から立ち直り強くなった理由

集え!闇の力! DaiGoの人生を変えた3つの挫折とそれを力に変えた方法というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

挫折をどう乗り越えていくかの放送ですね。
今回はDaiGoさんの挫折を紹介してました。

DaiGoさんは子供の頃の挫折と大学の頃の挫折と大人になってからの挫折
大きく分けると3つ挫折したようです。

まずはイジメですね。
これが一番厳しい挫折ですね。

先生もタッグになったイジメですね。
見て見ぬ振りをされていたようです。

ちなみに小学校の担任のT中先生見てるか!って言ってましたw
俺はお前の生涯年収を1年で稼いでるぞってw

っていうかYouTubeにアップしてるから名前見たら分かるねw

スポンサーリンク



大学は当時高校の時に東大以外は大学で無いと思っていて
マークシートミスで結果的に慶応に入り挫折した。

挫折で入った慶応の入学式に喪服異常に真っ黒で行ったようですw
ただ人と何か違うことをしなければと思って結果的にメンタリストになれた。

テレビに出だしてからは視聴率が取れないとゴミのように扱われ
視聴率が取れると手のひら返しになるようです。

社会的なイジメも分からないようにしてるだけで必ずあるようですね。

生きていかなければいけないから挫折を乗り越えるのは当たり前。
今回は挫折から利益を得る方法についても解説してました。

DaiGoさんは自分を諦める力を身につけたようです。

小学校の時に自分は価値のないに人間だと思ってた。
だからなんだってなっちゃえと思えるようになったようです。

小2から中学まで全て捨てられたから何でも捨てられるようです。

失う物は何もないから逆に強くなれた。

受験の失敗はDaiGoさんの高校は殆ど東大に入らない学校だったようです。
大学入試に万年筆しか持って入らなかったようです。

そしてマークミスで終わったようです。
ただみんなと同じように大学に入って就職するという流れの愚かさを学んだようです。

人と同じ事をしてもレッドオーシャンでチキンレースになってしまう。

そこで会社に一度も入らずに眉村さんと出会いメンタリストというブルーオーシャンを見つけたようです。

他人と同じようなことをしても天井がある。

テレビの仕事も1ヶ月先のことしか見えないし拘束時間も長いから
効率が悪い。

タレントのマネージャーとかも二人で独立してしまわないように
2~3年で担当を変えたりするようです。

ひどいケースだと悪い情報を事務所がリークして
あえてそれの火消しを事務所がして借りを作ったりもするようです。

他人の期待に応える人生はつらい。
人間は自分自身に期待するべき。

テレビの人が自分を利用するなら自分もテレビを利用してやれば良いという
気持ちになれたようです。

スポンサーリンク



笑っていいともに出だした頃に1億2千万ぐらいの売り上げがあって
その半分を眉村さんと分けてて眉村さんの事務所から給料を貰ってたようです。

でも眉村さんが法人化してなくて半分税金で持って行かれたようです。
そこでもめたようですね。

それにならいDaiGoさんの会社は全員が会社の銀行の残高を見れるようです。

人に頼れなくなったときに自分で何が出来るかを考えれるようになったようですね。

全てを失ったときに自分に何が残るのか。
失敗から何を学ぶのか。

ちょっと今日は荒れてましたね。

何だっけ青山にあるクソみたいなイベント会社
そうそうザ・○ンパニーだーって言ってました。

あの糞メガネめぇってw

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)