メンタリストDaiGoがトランプのババ抜きゲーム対決オリラジ中田の弟FISHBOYと!

究極の心理戦「ババ抜き」vsFISHBOYさんというタイトルで
メンタリストDaiGoさんがババ抜き対決をしてました。

FISHBOYさんはパーフェクトフューマンでお馴染みで
オリラジ中田さんのさんですね。

ダンスが凄い得意な人ですね。

一回戦までは動画で見れるのかな。

今回はメンタリズム研究会スリーコール代表の眉村神也さんが
司会進行的な感じでした。

ババ抜きは元々は眉村神也さんがパフォーマンスをテレビに提案したようです。

やっぱりオリラジの中田さんに似てますね。

ルール的には4枚のカード同士でDaiGoさんはババ有の状態でスタート

これは凄く面白くてテレビのババ抜きはトークの大半がカットされます。
でも生中継でババ抜きだからトークや間が一切カットされないので
すべてのテクニックが分かるという点では凄く注目ですね。

しかもどんなテクニックを使っているかを眉村神也さんが解説してくれます。

今回のババ抜きは最初FISHBOYさんが2個カードを引いてババがあれば
交代して残りの3つのババじゃないカードをDaiGoさんが一気に引くようです。

最初の配置はDaiGoさんは右から2個目にババを置きました。
FISHBOYさんはDaiGoさんに右利きかどうかを確認して探りを入れてました。

眉村神也さんの解説ではオーソドックスな2・4配置と言ってました。

FISHBOYさんは人の顔色うかがうのは普段からしているそうです。

まんまと引っかかったのか最初に4をとって次に2のババをとってました。
たいていの人は2・4を選ぶそうです。

次はFISHBOYさんが配置の番で意図的に真ん中においてもいいし
ランダムに置いてもいいしと煽ってました。

次はDaiGoさんが当てる番で配置に対して意外ですね。
普通は右利きならクロスで左寄りに配置するのに右に寄せてますね。

とかいいながら相手の顔色をうかがってました。

FISHBOYさんは右から3番目の真ん中に配置してました。

DaiGoさんはFISHBOYさんに振り付けとかもされてますか?
むしろそっちの方が本職だったりしますかとダンスについて質問しました。

そしたらFISHBOYさんはむしろ振り付けの方が本職ですねと言ってました。

そこでDaiGoさんがだから普通の人と違う配置の仕方なんだぁと
普通の人が起きやすい場所じゃないとこから攻めればいいかと
探ってました。

ここで眉村神也さんが解説で目線が出過ぎてるかなと言ってました。
という事はDaiGoさんから見て一番左端から2番目と右端は守りに入ってると
思われるからないと思ったんですけどとDaiGoさんが揺さぶり。

ちなみにここでDaiGoさんは目線を左端に集中させて置いてる場所と
置いてない場所と質問して反応を探っていると眉村神也さんが解説してました。

2つババじゃないカードを取ってもう恐らくここでDaiGoさんは
答えを知ってるんだろうけどあえて最終確認で手をかざして
FISHBOYさんの視線と表情変化や体の反応で確認していたようです。

一応DaiGoさんがカードポジションで口に拳を置いて
ミラーリングを誘っていたようです。

2回戦目はDaiGoさんがハンデでさらに1枚減らして
4対3でやるようです。

今回は左端に配置で右利きと聞かれたのであえての左端のようです。

今回はFISHBOYさんからの揺さぶりでこれはって指さして
良い線言ってますねとDaiGoが答えてもう一つはそれはないですねと
DaiGoさんが答えました。

そこで良い線言ってますねと言われたカードはないと思うという事で
引いてセーフでした。

ちなにに左から2個目が少し斜めにと言われてこれは偶然だったようです。

テレビと違ってDaiGoさんってよく褒めてくれるんですねと言われるそうです。

それは褒めると人は油断するからのようです。
メンタリストは性格よかったらやっていけないですからね。

ねっ眉村さんとブラックジョーク炸裂w

褒め殺しで油断するという事で怪しさを消す作戦の性格悪いDaiGoと
眉村さんが解説w

何個かこれですかと探りを入れて右端が間をおいて返答したから
ジョーカーなら間を置かないはずとよんで読み通りセーフでした。

けっこうFISHBOYさん賢いですね。

ちなみに手のジェスチャーでジョーカーの位置に釣らせようとしてるDaiGoと
眉村さんが凄い解説ですね。

なんか解説が面白い。

最後真ん中引いてジョーカーじゃんめっちゃ恥ずかしいって
FISHBOYさんがかなり落ち込んでました。

ちょっと真ん中置こうか迷ってるんですよとFISHBOYさんが
仕掛けてきました。

真ん中置いて勝ったらかっこいいですねとDaiGoさんも返答
結局は右端に配置

けっこう長く考えたから今までと違う配置だなぁと予想とDaiGoさん

真ん中はさっき負けたし絶対ないと思うと言って反応を伺い
引いてセーフでした。

そしたら真ん中は最後まで悩んだとFISHBOYさんが返答

そしたら今凄い重大なヒントを言っちゃったんですとDaiGo
という事は真ん中と同じぐらい強調的なばしょという事ですよね。

だとしたら右端か左端にジョーカーですよね。
ここであーとFISHBOYさんが返答してまだここでわざとそう言う返答を
したのかもしれないですよと返答すれば可能性はあったけどね。

という事は今の並べ方だとジョーカーの場所は1ヶ所しかない。

そこですかさず2枚のカードを引いてジエンドw

ここで真ん中と迷う場所を聞いて何言ってるのという表情をすれば
端ではないという選択肢も用意していたようです。

今回の作戦はあえて真ん中を引くことで相手の動揺を誘う作戦だったようです

全部は解説してないようですがこれを見ればかなりババ抜きも
凄く上達するかもしれないですね。

今回のFISHBOYさんは直観力がものすごくよかったようです。
最初の直感が全て当たってるのがやばかったようです。

ババ抜き究極の心理戦めっちゃ面白かったです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)