メンタリストDaiGoがチームワークを高める方法とおすすめの本を!

チームに溶け込み、やる気を高めるチームワーク心理学というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコ生で放送してました。

主にチームワークの科学の放送ですね。
チームワークを高めるためにタメになる情報がたくさんありました。

一瞬でチームに溶け込むアピール法とは

チームのやる気を高めるのも大事ですね。

チーム内のメンバーが協力的になるのが大事です。

いったん同じ行動をとっていると認識させれば協力的になってくれる。

人に中途半端に合わせるとイラッとくる。

共通点が多くて徹底してないと嫌われる。

DaiGoさんは同じジャンルの人がいないからみんなと仲良くなりやすい。

全然違った宗教だと対立しないけど似通った宗教は対立してしまう。

会議とかでみんなで決めると責任が誰にあるのかわからなくなるからダメ。

モラルを守りたいなら匿名性を排除する。

一緒に楽しいことをするよりも、協力が必要な共同作業を行った方が
信頼関係が深まる。

これは家族や友達を作るときも一緒です。

親睦を深めるより困難な課題を二人で乗り越えるとかの方が
仲良くなる。

だからリアル脱出ゲームとかはオススメ。

個々人の目標を立てさせないとリンゲルマン効果でパフォーマンス低下する。

これは綱引きとかで1対1と8対8の時に
力の入り具合が半分以下になったようです。

面接はあてにならない。

面接評価上位350名と下位50名の成績が一緒だった。

どういうわけか350名雇った会社が人数足りなくて下位50名を
追加して雇ったようです。

その後の成績を調べたらほぼ変わらなかったようです。

上司と上手に付き合う方法はこちらの記事がオススメです。
人たらしで給料を上げる方法とおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



面倒な上司を見分けチームワークを高める方法とは

権力と権威は人間性を奪う。

上司が求めてるのは意見ではなくて協力です。

地位が上がってからでないと意見しない方がいい。

特異的な信用を得れば意見を言えるようになる。

チームに貢献してから意見を言う。

正論でもいきなり意見するとムカつく。

持って生まれた性格とかは関係なくて役割が人の行動を左右する。

これはフィリップ・ジンバルドーさんの監獄実験で分かってます。

嫌いな上司とうまく付き合う方法についての記事もオススメです。
嫌いな上司をレッテル貼り心理学とお世辞で操る方法をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



アイデアはブレストがおすすめな理由とは

ブランド物の見極め方で所有してる人とそうでない人では
持ってる人は直観が正解しやすくて持ってない人は少し考えた方が
正解しやすい。

奇抜なアイデアからスタートするとオリジナリティは37%高まる

なのでおかしなアイデアで独創的になる。

これはジャスティン・バーグさんという人の研究結果です。

アイデアを出すなら「そうなった前提」で考えるとよい

入社間もない社員が会社を辞めるとしたら?だと理由3.5個

その社員は半年後に会社を辞めました、その理由は?だと理由4.4個

つまり前提で考えた方がアイデアが出やすくなる。

初めに複数のアイデアを出した方が建設的なやり取りができる。

1つずつを3つ提案すると批判されやすいが3つまとめて提案すると
これが良いとなる。

この製品について説明してもらえますかと聞くと問題点を答えない。

何も問題はないですよね?と聞くと61%が問題点を指摘した。

問題点は何ですかと聞くと89%の人が問題点を明かした。

つまり電化製品とか購入するときには問題点は何ですかとか聞くと良い。

最近読んで面白かった本をDaiGoさんが紹介してました。
森に行きたくなる。

自制心も強くなる。

おすすめの本
NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる―最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方

韓国と日本が進んでいるようです。

森林浴に関する効果とかも分かる。

おすすめの本
残酷すぎる成功法則

長所よりも短所に注目した方がいいとか
マニアックだけど面白い。

ちなみに放送終了後に謎の画像がw

マグロ貰ったのかな?


これはフィリピンのセブ島に行ったときの珍しい通りのようです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)