ミニマリストではなくオプティマイザーになる為の方法

★やればできるを、ラクして早く!に変えるオプティマイザー入門
片付く上に儲かるし時間もできる!オプティマイザーになる方法というタイトルで
メンタリストDaiGoがニコニコで放送してました。

・即やる人にも、ミニマリストにはなれなかったあなたにこそオプティマイザーの才能あり!
・稼ぎたいなら、ミニマリストよりオプティマイザーになろう
・手間と時間を減らし、結果を最大化するオプティマイズテクニック
・ゲームや動画など、中毒性の強いことも最適化すれば怖くない
・午前中でやることを全部終わらせる習慣パッケージのつくり方
・小さな改善=オプティマイズでビジネスも人生もうまくいく→実例紹介
・可能性までミニマルにしないために…

スポンサーリンク



動画でも前半部分を公開してます。

ミニマリストではなくオプティマイザーになるために必要なこととは

物を減らすではなくて仕事ややることを減らす。

主婦が1円でも安く食材の買い物ではなくて
手間を減らす方が良い。

迷いが有る方が物事の細かいとこに注意が向く

ミニマリストには限界がある。

ビジネスはミニマルの逆をやる必要がある。

ミニマリストを目指す人で減らす理由がなんなのか分かってない人が多い。

時給が1万円以上なら月1万円とかで洗濯してくれるサービスとかを利用した方が
余計な労力が減り可能性が最大化出来る。

この選択をするのがオプティマイザー。
家政婦とかもそうですね。

おじさんやおばさんがガラケーで充分と言ってる人を見て
もったいないと思いますよね。

スマホにしたら可能性がもっと広がるのにと
そういう考え方がオプティマイザーですね。

時間は貯金出来ないからどう使うかを考える。

オプティマイザーのいいところは他人の意見を気にしない。

何を減らせば良いのかを考える。

趣味を極めればお金になる。

趣味は趣味である仕事は仕事である。
でも仕事はつまらない。

だったら趣味を仕事にすればいい。

オプティマイザーになる為にミニマライズすることとは

ここでノートを使って説明するためにいろいろ反転とかしながら工夫して撮影してました。

そこでDaiGoさんが愛用している三脚が判明しました。
おすすめの三脚

ミニマイズするべきもの
減らしても結果が同じ
時間が掛かるもの
DaiGoさんの場合は昔は講演でPCとiphoneを接続して
スライドとかしていた。

だから1時間か2時間前に入ってリハーサルや調整が必要だった。
スーツや資料や移動時間もかかる。

映らなかったときに今まではスライドしか見てなかったけど
スライドが映らないときがあってかえってそっちの方が反応がよかった。

つまり資料がいらなくなりリハーサルや準備がいらなくなる。
PCとかケーブルもいらない。

そしてスーツもいらないことに気付いたようです。

さらには移動時間をナシにするためにYouTubeとグーグルハングアウトを利用して
ライブ配信するとコメント出来るように提案しているようです。

そうすると海外からも放送出来ますからね。

実際に来て講演して欲しいと言われれば値段を上げれば
自然とライブ配信で講演出来るはずではと考えているようです。

出社しなくても限定公開で出来る。
スタジオを借りなくても良い。
みなさんのコメントを拾うことが出来る。

無駄に使った物はみえるけど無駄に使った時間は見えない。

スポンサーリンク



オプティマイザーに必要な最適化すべき事とは

手間を減らす
自分でやらないかそもそもやらないか。

手間を省く
行動をなくすのではなくて
マニュアル化することでいらないことを省く。

待機時間をなくす
行動すると次何をしようと隙間時間が多い。

習慣をパッケージ化して無駄な時間をなくす。

DaiGoさんの本棚の部屋は本を読むかステッパーを踏むしかないですからね。

中毒性が強いゲームとかSNSは隙間時間にする。

基本的にオプティマイザーがお金を使って買い物して良い物
既存の手間を減らしてくれる物にはお金を使って良い

機能を統合するもの

大きな利益が期待出来るもの。

小さな犯罪の取り締まりを強化したら大きな犯罪が減ったようです。

警察が電車のただ乗りとかそういう小さい取り締まりを強化したら
実は大きな犯罪を犯してる人を捕まえたりと大きな犯罪を減少させたようです。

小さな改善に目を向ける訓練をする。

大きな問題になる前に解決出来る。

ラミーの万年筆が壊れてかなりショック受けてました。
アマゾンプライムデーに是非とコメントしたら
拾ってくれましたw
おすすめ万年筆

この万年筆は色を上に向けるとその色が自動で選択されるという
けっこうお気に入りだったようです。

DaiGoさんにとってはかなり安いけどねw
その割にはショックが大きくて面白かったったです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)