ギバー&テイカー&マッチャーの心理学でおすすめの本


メンタリストDaiGoさんがギバーに関することを
ニコ生で話してました。

そもそもギバーとはってなりますよね。

ギバーとテイカーとマッチャーとは?

ギバーとは簡単に言うと与える人

テイカーとは貰う人

マッチャーとは与えた分だけ貰う人

ギバーの特徴は必要なときに
人を集めることが出来る。

メンタリストのDaiGoさんがギバーに関する
おすすめの本を紹介してました。

おすすめの本

ロバートチャルティーニも推薦してる本
でおすすめのようです。

テイカーにくわれている最下層のギバーは
上司からの評価も低くなる。

詐欺とかの被害に遭う可能性も
マッチャーやテイカーに比べて2倍高い。

ボトムはギバーだけどトップもギバーになります。
当然トップのギバーを目指したいですよね。

スポンサーリンク



真ん中の中途半端なとこに
テイカーやマッチャーがいる。

トップギバーは成績も良い。

信頼関係の記事もオススメです。
信頼関係とは裏切りの心理学にメンタリストDAIGOおすすめの本

自己犠牲のギバーではなく価値を生み出すギバーへ

テイカーの好きな物はお金と権力と快楽と勝利。
トランプ大統領もそうなのかな。

ギバーが好きなのは援助と信頼と
社会のためになることがしたい情熱にもろい。

ギバーは緩いつながりを上手に使う
全体としての価値を高めていく。

他人の中の可能性を見つけて
エキスパートを育てていきます。

ネットワーク作りを大事にする。

パーティーとかの緩いつながり
やたらとつながり多い人いますもんね。

緩いつながりの方が新しい仕事を生みやすい。

トップギバーの人の特徴は与えたことや
与えてもらったことを常に覚えている。

人の強身を生かせていないのが日本の会社の特徴で
人の才能を見抜く人を人事に入れないと意味がないと
メンタリストのDaiGoさんがいってました。

ニコ生のコメントで人ごとと書いて人事。
それを言われたらって感じですね。

短期的にはテイカーで長期的にはギバー
株で言うと今上がってる株をテイカーで
ギバーは上場前の株に投資する。

スポンサーリンク




損しないギブアンドテイクの方法が解明されるというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

人間は与えるタイプのギバーと与えるよりもたくさん取ろうとする
テイカーと与えた分を貰うマッチャーがいる。

一番成功してる人と一番失敗してる人にギバーがいる。

仕事で最も成功しやすいのもギバーで最も失敗しやすいのもギバーです。
テイカーは短期的には利益を上げるけど最終的には周りの人間から嫌われる。

だから長期的にみるとテイカーは損をする。

ギバーは他人に利益を与えるからあの人に頼むと得をすると感じて
信頼感も得ることが出来るから最終的に成功しやすい。

では失敗しやすいギバーの特徴は何なのか?
失敗しやすいギバーは自己犠牲をするギバーです。

ブラック企業で残業代貰えずに頑張るタイプとかですね。

トップのギバーはみんなの取り分を増やそうとする。
自分にも相手にも利益を与える。

相手に少し得をさせることでwinwinの関係が築ける。

自分を犠牲にしてまで手伝う必要は無い。

スポンサーリンク



受験に失敗した君よ、聞け。というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

今回はどこか海外からの放送だったようです。

DaiGoさんも受験は失敗組ですからね。
当時は東大以外は大学じゃないと思ってたぐらいですからね。

スポーツとか特別な分野以外は成功は年齢とは関係ない。

成功は安定した生産性が続けられるかどうか。

失敗する人の特徴は東大に合格して目標が終わった人のこと。

基礎学力は大事だけど社会に出たら自分の頭で考えないといけない。

挫折しか自分の人生を大きく変えてくれる物はない。

多くの人がやることに価値は無い。
挫折したから得られる事は多い。

全然競ってるとこが違う分野に気付かないうちに抜かれる時代。
テレビもいつの間にかネットの放送に抜かれていく。

他人に再現されるようなつまらない人生はおくらない方が良い。

オリジナリティーを目指していくことがこれからの人生。

スポンサーリンク



悲劇的逆境から立ち直るための7つの習慣というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

悲劇的逆境から立ち直るための放送でした。

アダムグラントの本はすべておすすめですよと言ってました。

そんな中で有料放送の内容は書けませんがその内容が
この本の中に含まれています。


先程紹介した本ですね。

簡単に言えばギバーとマッチャーとテイカー3種類の人間に分かれて
ギバーになって成功しましょうという内容だけど凄くおすすめの本です。

そういえばトランプ大統領も6回も会社を倒産させてますからね。
あるいみ逆境から立ち直る天才かもしれないですね。

逆境から立ち直る人には習慣があるようです。

脳内ストーリーテラーを信じないようにする。

自分に対して否定的なストーリーを考えてしまう。
失恋や仕事をクビになったり受験に失敗したりするとそれがずっと続くと思ってしまう。

人間は未来の感情を予測するのが最も苦手です。

ずっと何かに悩んだりはあると思いますが去年の今頃は何に悩んでいたか
覚えてる人はいないですよね。

スポンサーリンク



ちなみに感情を日記にしてあげるのも一つの手です。
そうすると去年の今頃にどういう感情だったかが分かる。

こんなくだらないことで悩んでたんだという事にも気づける。

DaiGoさんも昔はいじめられっ子でずっといじめられると思ってたようですが
立ち直りましたからね。

ネガティブなストーリーを正当化してあげると良い。
否定的なストーリーをこじつけで良いから強引に結び付けて正当化してあげる。

ポジティブにならなくて良いからクリエイティブになる。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)