プレゼントの心理学で人心掌握術とはDaiGoがおすすめの本


メンタリストDaiGoさんがギバーに関することを
ニコ生で話してました。

そもそもギバーってなりますよね。

ギバーとテイカーとマッチャーとは?

ギバーとは簡単に言うと与える人

テイカーとは貰う人

マッチャーとは与えた分だけ貰う人

ギバーの特徴は必要なときに
人を集めることが出来る。

メンタリストのDaiGoさんがギバーに関する
おすすめの本を紹介してました。

おすすめの本

ロバートチャルティーニも推薦してる本
でおすすめのようです。

テイカーにくわれている最下層のギバーは
上司からの評価も低くなる。

詐欺とかの被害に遭う可能性も
マッチャーやテイカーに比べて2倍高い。

ボトムはギバーだけどトップもギバーになります。
当然トップのギバーを目指したいですよね。

真ん中の中途半端なとこに
テイカーやマッチャーがいる。

トップギバーは成績も良い。

信頼関係の記事もオススメです。
信頼関係とは裏切りの心理学にメンタリストDAIGOおすすめの本

自己犠牲のギバーではなく価値を生み出すギバーへ

テイカーの好きな物はお金と権力と快楽と勝利。
トランプ大統領もそうなのかな。

ギバーが好きなのは援助と信頼と
社会のためになることがしたい情熱にもろい。

ギバーは緩いつながりを上手に使う
全体としての価値を高めていく。

他人の中の可能性を見つけて
エキスパートを育てていきます。

ネットワーク作りを大事にする。

パーティーとかの緩いつながり
やたらとつながり多い人いますもんね。

緩いつながりの方が新しい仕事を生みやすい。

トップギバーの人の特徴は与えたことや
与えてもらったことを常に覚えている。

人の強身を生かせていないのが日本の会社の特徴で
人の才能を見抜く人を人事に入れないと意味がないと
メンタリストのDaiGoさんがいってました。

ニコ生のコメントで人ごとと書いて人事。
それを言われたらって感じですね。

短期的にはテイカーで長期的にはギバー
株で言うと今上がってる株をテイカーで
ギバーは上場前の株に投資する。

スポンサーリンク



ピグマリオン効果

生まれつき天才はいない。

期待をされたことによって成長できた。

期待をしてくれた人がみんなギバーだった。

子供の才能を開花させたいなら
ギバーの先生が良い。

恩師はみんなギバーである。

みなさんの恩師もギバーの特徴に
あてはまってませんんか?

俺についてこいタイプはテイカーが多い。
やっぱトランプ大統領だw

自分の利害関係にない人に辛くあたるのは
テイカーの特徴である。

利害関係があると分かってる人に
公平にあたるのはマッチャーである。

相手の心を読む記事についてもおすすめです。
メンタリストDaiGo心を読む方法でおすすめの本

誰彼かまわず与えようとするのはギバーだ。

テイカーは自分の事で頭がいっぱい。
会話の39%が1人称になるようです。

つまりほとんど自分の話になる。

ギバーになりたければ聞くことと
繋げることが大事なようです。

見返りを求めてないから連絡しやすいし
お願いしやすい。

ギバーの方が交渉が上手い。

スポンサーリンク



テイカーは自分の答えが正しいと思って
自分の意見を押しつけます。

アドバイスを求めると自信がないと思われるのが
嫌で聞かないのがテイカーの特徴。

自分のテイカーをギバーには変えれるけど
他人のテイカーは変えるのは難しいようです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)