バイアスを仕事や恋愛でなくす方法

思い込みに振り回されなくなる「バイアス回避」の科学というタイトルで
前半はユーチューブで後半はニコニコで解説してました。

どこかのペントハウスのようです。

バイアスに掛かりやすいかどうか?

男性はあの子俺に惚れてるんじゃないと思い込みやすいようです。
女性は本当は男が気があるのにネガティブに勘違いして
気が無いと思い込みがちのようです。

本当に良い出会いがあった時に逃しやすい。

例えば時間バイアスで今週飲みにいかないと言われたら断れる人も
来月飲みに行かないと言われると受け入れる確率が上がるようです。

スポンサーリンク



バイアスに掛かってるか簡単なテスト

最近思い込みで物事を決めやすいですか?

ある31歳の女性がいて独身でハッキリ物を言うタイプ
大学の頃は社会正義感が強く毎回デモ活動にも参加してたようです。

次のうちどちらが現在の彼女の職業として正しいでしょうか?

❶この女性は銀行員でしょうか?
❷それとも銀行員で女性解放運動もしてる。

よく思い込みにはまってるなぁという人は冷静に考えて
思い込みにはまってないと思う人の方がバイアスに掛かりやすいようです。

合理的に考えたら銀行員と答えた方が正しいのに
女性解放運動もしていると答えた人が多かった。

どちらも銀行員だから❷であったとしても❶でも正解になる。
なのにバイアスに掛かってる人は❷を選びやすいようです。

人間の頭の良さは遺伝で決まるようです。

バイアスのテストは頭が良いとか悪いとか関係なかったようです。
バイアスは知性の良さは関係ない。

スポンサーリンク



どうすればバイアスから逃れられるか?

バイアスに関する動画を30分見るだけで合理性が上がって
簡単にバイアスから逃れることができたようです。

スポンサーリンク



バイアスに掛からないための5つのテクニック

1.メンタルタイムトラベル
将来の自分がやばいことになってるとこをイメージする。

バラ色の将来をイメージしやすいから現実に自分を引き戻す。
未来の自分が後悔しないように今の自分がどんな行動を求めるのか?

2.ストレスが多い時は決断しない
人間は感情に左右されやすい生き物

3.数字の見積もり
数字に関する決定は自分だけで最低2回取る。

他人の意見を参考するのも重要だけど自分で2回見積もりをとる方が
正確になる。

悩んでる時点で2回見積もりしても仕方がない。

一度忘れた状態で再度見直して見積もりするすることが重要

4.前もって明確なプランをする。
明確なプランを立てる

例えば人間ドックとかはやった方が良いのはみんな分かってるけど出来ない。
だから具体的な場所や日程を書き出すと良い

5.自分の意志の力をあてにしない。
いつでも出来るようなやり方にやり方を変える。

これは習慣化が重要だからカテゴリーの習慣で検索したら
いろいろ記事書いてるので参考になると思います。

スポンサーリンク



人間が持ってる5つのバイアス

1.楽したいバイアス
楽したいと思うとバイアスに掛かりやすい。

工夫をして作業を楽にするのは大丈夫。

何かを決める時に楽しようとするのはダメ。

自分だけの経験に頼りすぎると非合理的になるから駄目。

意志決定には悩み普段の作業は楽する。

2.計画性や長期性がないバイアス
長期的に考えたらどうなのか?

3.自信過剰バイアス
自信過剰になってかを常にチェックする。

4.過去の経験に学ぶバイアス
過去の失敗に学ぶのは良いけど

過去に失敗してるから次も失敗するとかは駄目
過去に成功するから次も大丈夫だろうもダメ。

頭を使ってないのがダメ。

5.過去の経験から学ぶのが苦手
過去のことはいいから明日は明日の風が吹くとか
楽観的にならない。

滅多に起らない事に関するバイアスについて

テロを恐れて飛行機に乗れないとかほとんど考える意味がないことを
考えてしまう。

予想出来ないことには必要以上にネガティブに感じる。

自信過剰な人ほど人間の意志決定を歪めることがないことが分かってる。

スポンサーリンク



バイアスにとらわれない考え方が重要。

ウーバーやエアービーアンドビーとか関係ないジャンルが
考え方を変えいきなり業界トップになったりする。

高校生でも60%の人が成績上位10%に入ってると思ってたようです。
25%の人が上位1%に入ってると思ってたようです。

社会人も自分が出来るやつだと思い込んでる可能性が高い。

自分だけはパチンコの釘が読めるとか株の動きが読めるとか考えてしまう。

自分に極度に自信があると判断をミスる。

考えてない時はヤバイ。

知能が低い人ほど自信過剰になりやすい。

超自信過剰な人は頭の中までシャンパンの可能性が高い

知識が増えるほど自信過剰になりにくい。

何かで成功した人は専門知識がないことに自信過剰になりやすい
例えば芸能人が飲食の経営に手を出して成功すると思ってやり失敗しやすい。

自信過剰になってると思ったら拡張バイアスを避ける

自分の直観で何かを決めたらもし直観が外れてるとしたら
どうなのかということを考える。

知的謙遜でコツコツやっていかないといけないと考える。
グーグルに入る試験でも知的謙遜の値を計るテストがあるらしい。

定期的に自分の知識を他人に説明すると知的謙遜能力が高まる。

社会問題にも極端な意見が減ったり自信過剰が減って
合理的に判断出来るようになったようです。

成功しても自分を批判しがちな人のバイアス
これは帰属エラーが原因のようです。

ネガティブな事だけ自分と結びつけて成功した時は他人のおかげで
単に運が良かったと考えてしまう。

いくら成功しても自信が付かないしチャレンジも出来なくなる。

スポンサーリンク



帰属エラーバイアスを避けるためには
うまくいった時に理由を考える。

スピーチの実験をやったようです。

スピーチで褒めてもらった後に考えてもらう。

どうやってスピーチを作ったかを考えるグループと

なぜ成功しいたかを考えてもらうグループで実験しました。

そうするとなぜ成功したかを考えたグループは次のスピーチでも
自信を持って取り組めるようになり成功したようです。

つまり成功した時は理由をたくさん考えると良い。

この地域は独自の言語が発達しててありがとうのことをエスクラカスコ
というそうです。

どこなんでしょうねw

思い込みの放送についてはこちらでもやってたので良ければどうぞ
仕事で確実に思い込みをなくす方法

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)