バイアスとは?人間関係のバイアス心理学とおすすめの本

気づかないと人間関係で損する思い込み(バイアス)を解説してみたというタイトルで
メンタリストDaiGoがニコニコで放送してました。

ニコニコは超使いづらいからサービスとしてはどうかと思うけど
ユーチューブみたいに関連動画とか余計な物が映らないし
集中してみるにはある意味で勉強するには良いサービスではないかと言ってました。

人間は思い込みがないと先の予測が出来ない。
思い込みが有った方が色んな事に対処しやすい。

思い込みがいきすぎるとチャンスを逃したり有りもしないことを信じたりする。

思い込みを消すにはどうすれば良いのか。

他人を嫌いになるのは凄く面倒くさい。

スポンサーリンク



ハロー効果のバイアス
例えば英語がペラペラだと凄く仕事が出来るやつと思い込んでしまう。

一つの特徴で全体の印象を決めつけてしまう。

変な方向に働くと1点だけで嫌いになってしまう可能性がある。

逆に初対面で自分の強い有能さを見せてあげると良い印象を与えられる。

公平世界仮説

駄目な奴は何も努力してないんだという考え方。

自分がやって出来ることと出来ないことがある。

努力は報われるとは限らないが努力をするなと言う事では無い。
どれが報われるかは分からない。
権利への執念
女性は35までに結婚しないと駄目とか男は大学卒業したら
親元から離れないと駄目とかそういう考え。

自分が信じてることは正しいことかは分からない。

人から見たときにそれが正しいかは分からない。

人によってはその服装はダメとかオシャレの観点が違う。

自分の理論を押しつけないようにする。

自分が信じてることを押しつけない。

感想を話し当てるか事実を話し合ってるか。

社会的需要の見逃し
自分にとってはそれほど価値が無いと思っていても
相手は興味を持っているかもしれない。

内集団バイアス
自分と好みが似ている人に悪い人はいないとか
ニートには良い奴がいないとか偏った考え。

自分が所属しているグループを過大評価する。

DaiGoさんでいうとこの猫好きに悪い人はいないとかの考え。

スポンサーリンク




なぜか印象悪い、誤解されやすい!をなくすための心理学

なぜか印象が悪いと誤解されやすいと感じたことはあると思います。

なかなか初対面から凄く気が合いそうだなと感じたことは逆にありますか?
基本的に初対面の相手は警戒心を抱きます。

だから少し印象が悪くなる程度は普通です。

悪い印象を与えたというバイアスが掛かっているだけで
相手は別に悪い印象を持っていない可能性が高いようです。

バイアスのせいで悪い印象を与えたと思っているだけの可能性が高いです。

実際に実験も行われていて初対面の人と話して貰って
アンケートをして貰うと悪い印象を与えたと思った人は多くて
逆に相手は良い印象を持ったと答えている回答が意外と多かったようです。

つまりバイアスのせいで悪い印象を与えてしまったと感じているだけのようです。
自分が思っている以上に気に入られているようですね。

嫌われていると思ったらコミュニケーションを取ろうとしなくなる。
だから相手もコミュニケーションを取りにくくなる。

こういうバイアスの存在を分かっていたらコミュニケーションも
取りやすくなる。
大事な人間関係ほど何故か破壊してしまう人がハマるもの

不安型回避型の人が人間関係を壊しやすい。

回避型は人間関係の距離を取ろうとする。
これと不安型が重なると危ない。

こういう人達の特徴はフィクションが凄く好きなようです。

ジャニーズの追っかけとかアイドルの追っかけとかもそうですね。
フィクションが好きなのは問題ないけどハマりすぎると危ない。

フィクションに懲りすぎる人はコミュ障な人が多いようです。

人間関係が上手くいかないからフィクションに逃げる。
不安型は嫌われたくないから近づきすぎる。

スポンサーリンク



不安型は嫌われたくないからくっつきすぎて回避型は距離を置きすぎる。

本当は仲良くなりたいけど人にオープンにすると傷つけるのではないかと
回避型になってしまうからフィクションにハマる。

フィクションで学んだことを人間関係を作るチャンスにいかさないといけない。

回避型は少ない人間でも良いからコミュニケーションを出来る人を置いておくと良い。

少ない人間関係やコミュ障でもうまくいく為にはどうすればいいかというのに
おすすめの本はDaiGoさんの本ですね。

最後におすすめの本を紹介してました。

おすすめの本
メンタリストDaiGo
コミュ障でも5分で増やせる超人脈術


逆に人間関係が多すぎて疲れた人におすすめの本です。
おすすめの本
メンタリスト DaiGo
人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

批判されても自分を保つための3つの戦略を考察してみた

1.他人に批判されると感情が不安定になる。
瞑想や運動で鍛えられる

2.目標が不安定になる
目標達成に対して廻りから批判されて目標がブレる。

3.批判されて時間が無駄になってないか?
批判のコストですね。

普通はコストとリターンオフになる。
でも批判による復習コスト時間の無駄。

まずこの3つの批判があるかどうかを確認する。
普段から起きないようにすればどうすればいいか?

スポンサーリンク



批判に対する3つの戦略
1.客観的な基準のみに対応する
殆どの人が主観に頼る。

100円を寄付することでアフリカの恵まれない人が何人か助かります。
こういわれてもグサッとこない。

主観で言うと○○ちゃんが心臓移植を必要としていますとかですね。
人間は主観に左右されやすい生き物
2.最終目標に関する数値は一つにする
DaiGoさんの場合はユーチューブの登録者数はみてなくて基本的に
ニコニコの会員数を増やすにはという最終目標がある。

ユーチューブは広告単価とか再生数で収入が変わりますからね。

3.雑魚の失敗から学ぶ
踏み台にするのは雑魚の方が登りやすくなる。

他人の失敗から学ぶ
自分よりも経験がある人に批判されるとへこむ。

雑魚から学ぶにはどこがどう残念なのかを見抜く。
それをブラックジョークに出来るとさらにいい。

良い人のフリして攻撃してくるカバートアグレッションはかなりやばい。
これは本気で潰すしかない。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)