ジェフ・ベゾスの子供の頃と果てなき野望を中田敦彦が解説

【偉人伝】amazon創業者ジェフ・ベゾス!世界一の大富豪の成功哲学に迫る

GAFAの一つでもあるアマゾン創業者ジェフ・ベゾスについて
中田敦彦のYouTube大学で語ってました。

アマゾンを立ち上げたジェフ・ベゾスがどれだけやばいのか。

ジェフ・ベゾスさんは子供の頃から優秀だったようです。

義理の父がマイクベゾスでエンジニアで離婚する前の父も
バイク屋でエンジニアだったようです。

だから元々科学には興味があって部屋に入ってくると
ブザーが鳴る仕組みとか遊び心で作っていたようです。

高校も主席で卒業して奨学金も得てプリンストン大学に入り
電気工学や計算機科学を学んだようです。

もちろん優秀な成績でリーダーシップも兼ね備えて卒業したようです。

インテルとかの大企業からのオファーを蹴ってベンチャー企業
就職したようです。

Fitelという金融決済システムを作るスタートアップのベンチャーに入り2年ぐらい勤める。

そしてD.Eショー&Coという会社に入る。

ジェフ・ベゾスデータを重視して投資をするかどうかを決めていたようです。

スポンサーリンク



その当時これからはインターネットの時代だなと言われ
データ重視のジェフ・ベゾスが調べると昨年に比べ2000倍に
データ量が膨れあがっていることに気付き震え上がったようです。

IT業界全体が爆発すると予想出来たようです。

それですぐアマゾンを創業させたようです。
それが1995年です。

その年はwindows95も発売されてあらゆるIT業界の人が
動き出したようです。

最初は本を売り出したようです。
その段階で何でも売りたいとは考えていたようです。

なぜインターネットで本を売ろうかデータをいろいろ調べて
考えたようです。

そしたら店舗とネットでどこが一番差別化して勝算があるかを
調べたら本に行き着いたようです。

本は腐らないし価値が落ちにくい
本屋は売れ筋の本は置いてるけど全部は置いていない。

厳選して置かざるをえないのが本屋でそこでオンラインだと
在庫スペースが入らないので勝てると思ったようです。

とにかく早く大きくならないとと言うのがジェフ・ベゾスさんの
考えだったようです。

ここで雑学で面白い例えをしていました。

萩本欽一さんはコントで歩き回っていてマイクを持ち歩くのが
面倒だということでピンマイクを作れないかといって今では当たり前のマイクを作ったようです。

データ重視のジェフ・ベゾスさんはデータをお客さんに見せたいから
ユーザーレビューを考えたようです。

そしてジェフ・ベゾスさんはさらに類似商品の推奨も
作ったようです。

ユーチューブで言うところの関連動画ですね。

オンラインショップは欲しいものがある人には便利だけど
何を買おうか何か買いたいけどというユーザーのために類似商品の推奨を考えたようです。

テレビとか雑誌はランキングの表示に限りがあるけどアマゾンは
全部のデータを持っているしネット上だからランキングを限定する必要がない。

それで全ランキング制の導入したようです。

新聞とかテレビは月1でランキングを発表するけど
アマゾンは毎日更新するから出した人は毎日ランキングをチェックしてくれる。

だから全ランキング制を導入したようです。

ここからは後編ですね。

スポンサーリンク



【偉人伝】amazon創業者ジェフ・ベゾスを知れば未来の成功者になれる!世界一の大富豪になれた2つの理由・amazonが生み出した5つのイノベーション・そして宇宙へ

さらに中古販売をやったのもアマゾンが始めました。

最初は新書が売れなくなるよという意見もアマゾン内であったようですが全部のデータを見せて売れるとジェフ・ベゾスが言い切ったようです。

1クリック注文という言葉も手法もアマゾンが特許を取っているようです。

本を買いやすくするというサービスを売るという考えです。

さらに25万ドルをグーグルにも投資してそれが何千億ドルにも
なったようです。

さらにブルーオリジンという民間の宇宙ロケットにも投資している。
イーロンマスクにも似ていますね。

高校の時に宇宙に関する事もやりたいと書いていたようです。

時代の波は1995年に確実に来ていたようですね。

お笑いの世界でもオリエンタルラジオのリズムネタは流行しましたが
リズムネタブームが来ていたようです。

あるある探検隊とかその業界の人がみんなくると分かっていた。
そこで勝つか負けるかだけ。

さらには今では当たり前となったキンドルという電子書籍も
開始しました。

これは音楽をデータにしているのを見て本も電子化すると
なってやったようです。

そしてアマゾンプライムビデオのサブスクリプションに
切り替えていったようです。

さらに新聞のワシントンポストも買収します。
そしてオンラインの新聞を配信する。

そしてフォーブス世界長者番付で1位になりました。

スポンサーリンク



開拓主義とデータ主義を兼ね備えたのが凄いですね。

競争相手よりも顧客第一主義
マーケットを握るためにリスクを取る
従業員のモラルを高める
企業文化を育てる
人に活力を与える。

顧客のデータを集めれば自然に一番になれる。

マーケットになるにはリスクを取り一番最初にチャレンジしないとい
けない。

労働環境や慈善事業に対する社会性の批判はあったようです。

1994年に結婚したマッケンジーとフォーブス世界長者番付で1位になった翌年に離婚したようです。

この辺が社会的な信頼としてはまだ足りていない点でこれから
どうなっていくのか楽しみですね。

おすすめの本
ジェフ・ベゾス
果てなき野望

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)