サイコパスの特徴と職場での付合い方とおすすめの本

サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術というタイトルでニコニコで放送してました。

イラッとしたことがあると注意したくなりますよね。
今回はそういう人を気にならなくする方法について解説してました。

スポンサーリンク



今は空気を読めない人の方が成功している。

サイコパスは基本的に遺伝子で決まっているようです。

サイコパスが社交性を身につけると最強になる。

感情に対して執着がないから感情に流されず判断できる。
サイコパスは空気を読めないのではなくて空気を読まない人のようです。

サイコパスの外向性とメンタルの強さを手に入れると最強になる。

おすすめの本
サイコパスひめられた能力

サイコパスポジティブで集中力が高いようです。

仏教で修行をした人も同じような思考になっていくようです。

サイコパスの職業で1位がCEOで2位が弁護士で3位が芸能人のようです。

サイコパスはコミュニケーション能力が苦手

扁桃体を麻痺させるとサイコパスになれるようです。

面倒くさいなぁ。では先延ばししてしまう。
面倒くさいぐらいですぐに手を動かす。

瞑想でも近い状態に持っていける
DaiGoさんも毎日30分~1時間やってるそうです。

習慣化を増やしてルーティン化していく。

もし面倒くさいという感情が無ければ自分は何をしているかを考えてみる。

スポンサーリンク



何をするか分かってないときは行動しづらい。
何をやるかは決めておいた方が良い。

それをルーティン化できるのが一番良い。

やることをただただ順番にやっていく。
順番を決めてないと次どれをやろうと考えて先延ばしとかになってしまう。

順番を決めてただただ作業出来るルーティン化にもっていく。
すでに習慣化されている物の後に新しい習慣を作ってあげると習慣化されやすい

運動や瞑想でメンタルを安定させることが出来る。

ネガティブな感情が出てきたら一歩切り離して考える。
不安を否定はダメだけど一時的な感情だと切り離していく瞑想がいい。

これをデタッチドマインドフルネス瞑想のようです。

具体的にどうすれば良いのか?

適当な単語を見つけてその単語を思い浮かべる
一歩退いて観察するだけ。

そうすると怒りに対してもどう考えているのが分かるようになる。

最初はネガティブな単語ではイメージしない方が良い

マジカルバナナをテレビで見ている感じ。
これは若い人には意味が分からないですね。

タイガータスク
虎やライオンを想像する。

変化させずにただただイメージする。
そうすると考えてないのに勝手に動く。

自分の頭の中のイメージが勝手に動かす。

人間の感情はこれと同じ

自分で動かしてるのではなくて勝手に動く。

これは瞑想と違ってやりやすいかもしれないですね。

空想技法
妄想を使って鍛える。

楽しい想像にひたる。
自己啓発に近い。

しばらくしたら途中から一歩退いてその様子を観察する。

さらにその観察している自分を見つめる。

スポンサーリンク



どんどん感情を距離を置いてみてみる。
これは難しいからタイガータスクになれるとやってみると良い。

感情を電車で表したりして怒り特急が通過しますとか
感情を切り離す練習も使える。

自分の価値観を一貫しておいた方が誤解をされにくくする。

自分の嫌なこととスキン事をハッキリさせておいた方がいい。

こんな事を言ったら嫌われるんじゃないかとか考えずに
メンタルを鍛えて変なことに巻き込まれないようにする。

人間関係を壊すのは自分のキャラを出す人ではなく
自分のキャラを偽ってる人

自分もつらいし相手も勘違いして人間関係が壊れる。

専門性は最初に紹介したサイコパスの本が良いけど
読みやすいのは成功法則の本のようです。

おすすめの本
サイコパスに学ぶ成功法則

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)