サイコパスの特徴と職場での付合い方とおすすめの本

サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術というタイトルでニコニコで放送してました。

イラッとしたことがあると注意したくなりますよね。
今回はそういう人を気にならなくする方法について解説してました。

スポンサーリンク



今は空気を読めない人の方が成功している。

サイコパスは基本的に遺伝子で決まっているようです。

サイコパスが社交性を身につけると最強になる。

感情に対して執着がないから感情に流されず判断できる。
サイコパスは空気を読めないのではなくて空気を読まない人のようです。

サイコパスの外向性とメンタルの強さを手に入れると最強になる。

おすすめの本
サイコパスひめられた能力


サイコパスポジティブで集中力が高いようです。

仏教で修行をした人も同じような思考になっていくようです。

サイコパスの職業で1位がCEOで2位が弁護士で3位が芸能人のようです。

サイコパスはコミュニケーション能力が苦手

扁桃体を麻痺させるとサイコパスになれるようです。

面倒くさいなぁ。では先延ばししてしまう。
面倒くさいぐらいですぐに手を動かす。

瞑想でも近い状態に持っていける
DaiGoさんも毎日30分~1時間やってるそうです。

サイコパスが瞑想をすれば最強になるのではと言ってました。

ここからは有料放送の部分なので内容は控えますがDaiGoさんがおすすめの本だけ紹介しておきますね。

人間関係を壊すのは自分のキャラを出す人ではなく
自分のキャラを偽ってる人

自分もつらいし相手も勘違いして人間関係が壊れる。

専門性は最初に紹介したサイコパスの本が良いけど
読みやすいのは成功法則の本といっておすすめの本を紹介してました。

おすすめの本


韓国盗人猛々しい発言に学ぶ、サイコパスと議論してはいけない理由というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

韓国盗人猛々しい発言をした人はかなりヤバイ性格ですね。

あの発言をしたところで何も得をしない。

嫌がらせをしてきた人に対してまともにやりあってはだめ。

たいていの人は相手をなだめようとする。
でもダークトライアドな人はなだめてくると弱い奴だとさらに攻撃してくる。

言葉で立ち向かうと逆に怒りをかう。
ダークトライアドは勝ち負けしか興味が無い。

だから負けを認めなければ勝ちと思ってる。
議論するだけ無駄。

スポンサーリンク



基本的に自分に都合の良い情報で攻撃してくる。
間違った情報だろうが損なのはダークトライアドには関係ない。

攻撃出来ればそれでいいと思っている。

だから韓国の盗人猛々しい発言をした人はもの凄く頭が悪いか
ダークトライアドのどちらかのようです。

批判もよくない。
他人を攻撃する人は不安に凄く弱い。

だから軽い批判をするだけで過剰に反応する。

こういった発言をするような人は恐らくサイコパスだろうから相手にしない方が良い。

科学が証明した最強の論破テクはこちらというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

人身攻撃法という人格を攻撃する効果的な論破術についての動画でした。

論文に研究者の自己紹介の内容を加えた場合と
研究者の過去の失敗とか学歴が低いとかを論文に入れた場合と
論文の情報の甘さを論文に入れた場合の3つのパターンに分けて実験をしたようです。

学歴とか性格では論文の評価に影響を与えなかったようです。

スポンサーリンク



でも過去の失敗とか以前の評価された論文は賄賂で評価されていたとか
そういった情報をいれた論文は今回の論文がどうであれ評価が激烈に下がったようです。

だから週刊誌で過去にこの人はこういう事があったからとかそれが事実かどうか分からなくても人身攻撃出来る。

こういった事をすることは無いと思いますがそういったサイコパスはスルーしましょうという内容でした。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)