グーグルも実践する投資術と幸福度を上げる方法

宝くじより幸せになれる556円投資入門というタイトルでメンタリストDaiGoさんが
ニコニコで放送してました。

最初の方はユーチューブだけの放送です。

お金をが欲しいのは紙切れが欲しいわけではない。

どう使ったら幸せになるかを考えた方が良い。

お金は不幸を消すためにある。

老後に病院で大金を持っていても仕方がない。

自分のためにお金を使うよりも他人のために
お金を使った方がい幸福度が上がるという研究結果が出ている。

他人のためにお金を使うのは金額に関係ない。

なにげにここの場所がスペインなんですけどと
ついついDaiGoさんが言ってしまってましたw

他人にわずかな親切で自分に自信が付く。

自己啓発のセミナーとかでは俺は出来るとかそういう事やってるけど
そういう事ではない。

ちなみにブログにYouTubeリンクしてくれたら全然紹介してくれて良いよと
なんか公認されたような気に勝手になっちゃいました。

他人に投資した方が幸福度は上がる。

スポンサーリンク



投資で効果を高める3つのポイント

1.自分で選択する

2.新たな繋がりをつくる

3.インパクトを与える

この3つを頭に入れて投資すれば良い。

DaiGoさんも参加者10万円とかのイベントで意識の高い
ニコ生ユーザーと繋がってますからね。

そこにも例の歩美。さんが来ていたようです。

株でも自分の投資した会社が世界を変えてくれたとかなると幸福度が上がる。

強制されてしても意味がない。

プレゼントは新しい繋がりを作る物には効果あるけど
既にある繋がりにプレゼントをあげてもそれほど効果はない。

DaiGoさんも会った人とかに最近なんか良い本に巡り会わないんだけどと
相談されたりして本のグーグルと呼ばれているようです。

だからDaiGoさんの場合は本をプレゼント出来ますからね。

一緒にするためのプレゼントの方が効果があるようです。

ワイン買ってきたから飲もうよとかそんな感じですかね。

寄付団体のくせにビル持ってる嘘くさいとこに寄付は意味ないけど
と十字マークを指でなぞりながら説明してましたw

自分の寄付が誰のためになってるかを考えるだけでも幸福度が上がる

思い出すだけでも幸福度が上がる。

他人のために時間を使った方が自分に時間の余裕を感じる。

スポンサーリンク



グーグルも実践してる投資術

1ドルを渡して寄付して下さいというグループと
1ドル渡してやっぱり返して下さいというグループで実験したら
1ドルを寄付したグループの幸福度が上がったようです。

これはなんか分かる気がしますよね。

返したグループは損した気分になりそうw

ペプシの会社もスーパーボールで2000万ドルを広告で使ってたけどやめて
慈善団体に全部突っ込んだそうです。

投票制で慈善団体の一番投票が多かった団体に2000万を寄付したようです。

そしたら大統領選以上の票を獲得してフェイブックページも30万人集まって
凄い効果があり売り上げも上がったようです。

グーグルの社員もそれぞれ他の社員に150ドル誰でもあげれる制度があるようです。

スポーツでも20ドル渡し個人的に使うか他のチームメイトのために使うか
グループに分けて実験したら他のチームメイトとかに使ったチームは
50%から80%に上がったようです。

勝率は根性ではないって事ですね。

他人との繋がりを作る寄付が良い。

ちなみにタイトルの556円は5ドルという意味だったようです。

チャンネル会員数は51041人になったようです。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)