カリスマ性の上手な作り方

面接採用率すら上がるハーバード式「第一印象の作り方」というタイトルで
メンタリストDaiGoさんが動画をアップしてました。

面接で第一印象でよくするにはどうすれば良いのか?

第一印象がいい人達のトークテーマとは?

面接関係の本はあまり意味がない。

自分の経歴や達成したことを話したグループと
経験こそないけどポテンシャル可能性はあるよと言う話をしたグループでは
普通に考えると職歴が有る方が即戦力だけど未知の可能性が有る方が
好印象だったようです。

未来を話している人の方が選ばれやすい。

職歴や資格よりも可能性に投資をしたがる。

スポンサーリンク



ニコニコではカリスマ性がある人の話題についての放送内容です。

カリスマ性がある人の話題選び~第一印象がよすぎる人の話し方の極意
というタイトルでニコニコは放送してました。

DaiGoさんは心をよまれそうと言う事であまり第一印象はよくないようです。

カリスマ性がある人は聞き手がよく知っている話題を出すようです。

人間は知らない話を聞くのは退屈です。

多くの人はカリスマ性を上げようと知らないことを話そうとするけど
知ってることを話した方が盛り上がる。

友人や友達が知らない話や興味がないことを話してきても
興味を持たない。

説明能力が上手だと興味を持つかもしれないけども
相手が興味を持っていない話題を話しても相手に興味を持たせるのは
相当難しい。

例えばネットビジネスをやってない人にネットビジネスの魅力をいくら話しても
全く興味を持って貰えない。

努力家よりも神秘性を高めた方が良い。

スティーブジョブズの伝記を読んで貰って説明して貰った。
努力の頑張ればスティーブジョブズのようになれるんだという話をして貰ったグループ
神秘性を強調してもらったグループ(生まれつきの才能があった的な話)では
神秘性の話の方が35%もカリスマ性があったようです。

イチローにしても大谷翔平にしても努力のたまものなのですが
生まれつきそういう才能があったんじゃないかと思わせるカリスマ性を感じさせるなにかがある。

立ち飲みのパーティーの後にプレゼンをして貰い好感度をチェックした。

ジェスチャーが大きくご機嫌な感じのオネストシグナルを発している人の方が
あの人に付いていきたいと感じさせたようです。

ご機嫌そうな少し大きめの動きをするといい

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)