アリババのジャック・マー偉人伝

【偉人伝】アリババ創業者ジャック・マー!絶対に諦めない不屈のマインドで落ちこぼれからアジアナンバー1起業家に上り詰めた男


今回はアリババの創業者ジャック・マー偉人伝について解説してました。

GAFAに対抗する企業の一つとして中国のアリババですね。
そのアリババを創業した創業者ジャック・マーはどんな人なのか?

ジャック・マーは中国の杭州に生まれ落ちこぼれだけど
英語だけは勉強しないといけないと思っていたようです。

そして中学時代に無料で英語を学ぼうと観光案内していたようです。
その時に付けられたあだ名がジャックのようです。

それでジャック・マーになったようです。

スポンサーリンク



大学受験も二度失敗して三輪バイクの運転手として
働いていたようです。

中国の本で人生という本を読み大学受験を再度試みて
英語科でギリギリ補欠合格したようです。

でも就職活動で30社就職活動全滅したようです。
ケンタッキーのバイトの面接も落ちたようです。

でもなんとか英語と経済貿易に関する大学講師として
なんとか雇って貰えたようです。

このままではいけないなと会社を作って翻訳サイトを
作ったようです。

でも成り立たなくて物販とかもしていたようです。

2年ぐらい頑張っていたら杭州の中では一番大きい翻訳の
会社になったようです。

そして通訳の仕事が有りアメリカに行ったそうです。
そこでインターネットに出会うようです。

その当時は中国にインターネットがなかったようです。
だから中国に帰りインターネットの会社を設立したようです。

会社の人間にも凄く反対されたようです。
でもやると決めたら諦めなかったようです。

そして企業紹介サイトを設立したようです。

でも1年後に中国政府もインターネットを導入したようです。
それでジャック・マーの会社が買収されたようです。

スポンサーリンク



それで大きな事から中小企業向けの会社を作ろうと
ジャック・マーは34歳でアリババを設立したようです。

さらに38歳で中国版アマゾンのタオパオも設立したようです。
そこで孫正義さんが目を付けて2000万ドルの投資をしたようです。

それが4000倍の8兆円になったようです。

今では日本にも利用出来るところが増えてきている
アリペイをジャック・マーが39歳の時に開始します。

41歳で中国版ヤフーも買収します。
43歳でソフトバンクの取り締まりにも就任しています。

でも49歳でジャック・マーは今年アリババのCEOを退くようです。
その理由はいろいろな説があり分からないようです。

おすすめの本
ジャック・マー

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)