アイデア力と記憶力を高める方法

散らかった机のメリットが発見されるというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

机は片付いてると良い場合と散らかってる方が良い場合がある。

散らかってる机の方がアイデアは思い浮かびやすくて
問題解決とかのアイデアとかは思い浮かびやすい。

散らかった机は問題解決には向いてるけど生活はだらしなくなる。

散らかってるデスクはジャンクフードとかだらしない食べ物とか社会的にも
チャリティーに寄付する確率も下がったりと生活面では机が整理されている方が
良かったようです。

スポンサーリンク



問題と向き合ってるときは散らかってる方が良い。

だから作業始めに散らかして作業終わりに整理するといいようですね。

簡単な作業をするときは最初から整理しておいた方が良い。

散らかすタイミングが大事ということですね。

ただ散らかすのは得意だけど片づけるのが苦手な人は多いですよね。

片づけ方についてもニコニコで解説してますのでと終わってました。
もちろんこちらの記事も書いてます。
部屋の片付けのコツにおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

ブレインストーミングが無駄であることが証明されるというタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

みんなでブレインストーミングするより一人で考えた方が良いアイデアが出る。

自分一人で考えた方が良いアイデアは高まるけど精査する時はみんなで集まった方が良い。

全員がアイデアを書き込んでみんなのアイデアに自分のアイデアを足していけば
最高のアイデアになる。

会議とかでは上下関係があってなかなか他人の評価が気になる
自分のアイデアが出せない。

だからみんなでアイデアを書き込んでそれを誰が書き込んだのか分からないようにして
みんなでそのアイデアで大丈夫なのかそのアイデアに欠点があれば指摘しながら
そのアイデアをみんなでさらにいい物にしていくといい。

スポンサーリンク



こういった誰がアイデアを出したか分からないようにしてみんなで書き足していくような
アプリをDaiGoさんは作る予定のようです。

まぁアプリを作るのはDaiGoさんの弟の松丸彗吾さんの担当でしょうけどね。

人間は自分が作ったアイデアが最高だと思う。
でも最後はみんなに見て貰った方がもっと良い物になる。

アイデアの心理学についてもニコニコでやってるのでと終わってました。
もちろんこちらの記事も書いてます。

アイデアの出し方におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

15分で記憶力を上げる方法というタイトルで
メンタリストDaiGoが動画をアップしてました。

目を閉じて周りの状況をシャットアウトするだけで記憶力を上げる効果があるようです。

基本的には寝てるときに情報を処理して記憶に定着するけど
寝る必要はなくて瞑想とか目を閉じるだけでも効果があるようです。

瞑想は足を組む必要はなくて椅子に座りながらとかでも良い。
外部の情報をシャットアウト出来れば良い。

スポンサーリンク



音もシャットアウトにDaiGoさんはノイズキャンセリングのイヤフォンをしてますね。
耳栓とかでもいいようです。

記憶は形がないから整理は難しいけど外部をシャットアウトする事で脳が処理してくれる。

ぼーっとしているだけでも外部をシャットアウト出来てるので記憶を定着出来ている。

何も考えないのはけっこう難しいので攻めて目を閉じた方が良い。
これが記憶を定着してくれる。

決断力が高まる時間帯の話もニコニコでやってるのでと終わってました。
もちろんこちらの記事も書いてます。
タイミングの科学〜決断力が高まる時間帯

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)