お金の使い方で幸福度を高めるには!

買い物で幸せになる人、不幸になる人の違いとは ~幸せになれるお金の使い方の科学

今回もイギリスからの配信です。
ユーチューブでも短めに動画アップしてます。

今回の参考本は以前紹介していた本ですね。
おすすめの本
エリザベス・ダン の 「幸せをお金で買う」5つの授業

物よりも経験を買う
100ドルの物を買うより100ドルの経験

物事をご褒美にする
時々のご褒美を設定する

スポンサーリンク



DaiGoさんの場合はイギリスに来たらアップルサイダーとか

他人に投資

収入が増えると人間関係が減る。

時給で仕事をする人と月給で仕事をする人は
時給で働いてる人の方が月給で働いてる人より満足度が低い

雑務とか面倒なことは外注とか自動化する。
家事とかを代行するとか。

1円でも安いスーパーに行くとか
相対効果はどうなのか?

DaiGoさんの場合は洗濯とかする手間を考えたら
クリーニングに任せた方が良いのではないかとか。

収入が上がると幸せになるのか?

収入が2倍に上がった人が9%しか満足度が上がらなかったようです。

会社の人とかは責任に対する負担が増えたりしてそれほど満足度が上がらない。

お金を稼いで不幸になる人は付合いが減って孤独になる人。

だからそこを改善すれば良い。

マイホームと賃貸は幸福度は変わらない。

マイホームを買ってパーティーをしようとか考えてる人は幸せになるけど
良いタワーマンションに引っ越そうとかあまり買った後の目的を考えないと
幸福度は上がらない。

スポンサーリンク



50歳以上の成人の収入の支出で幸福度の調査をした
レジャーへの支出が一番幸福度を上げたようです。

その他の支出は幸福度を上げなかったようです。

だから体験への支出が満足度を上げるようです。

経験が幸福に繋がる理由は人間関係に繋がりをもたらすから。

ブランドの時計と掛かっても幸福度は上がらない。
そのお金を体験とかに使った方が良い。

体験が少ない人はメンタルが弱い。

シャネルとかでっかいロゴを付けてる人はメンタルが弱い人の典型。
ブランドに守られてると思ってる。

耐えがたいことは良き思い出になる。

思い出すとハッピーになる。

買わなかった経験には8割が後悔する。

買わなかった物には株とかでない限りそれほど後悔しない

物を買うと比較してしまう。
ブランド品がすぐ新しい物を出すのはそういう事。

物は簡単に比べられる。

体験は比べられない。

バンジージャンプやスカイダイビングやクライミングとか
パンティングとかモーターボートの経験は比較が難しい

スポンサーリンク



経験から幸福を獲る4つの方法

1.人との繋がりを持つ

2.人にしゃべれるストーリーを作る。

3.スキルアップを計る。

4.他の体験と比べられないような体験

物を買った時の価値は買った時がマックスになる。

形にならない買い物で幸福度を上げましょう。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)